osouhiski_iei


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:06:41.14 ID:BF2k73Ef0
男「こないだ幽霊物のドラマ見てたら、死んだ奴が自分の葬式を見て」

男「自分はこんなに愛されてたのか……ってなるエピソードやってたんだけど」

友「へえ~」

男「みんなはもし死んだ後『自分の葬式を見る?』って聞かれたらどうする?」

友「うーん……」

女「そうねえ……」

不良「自分の葬式か……」

オタク「どうしようかなぁ……」

引用元: 男「もし死んだ後『自分の葬式を見る?』って聞かれたらどうする?」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:09:40.48 ID:BF2k73Ef0
男「お前は?」

友「んー、見ない!」

男「どうして?」

友「だって、俺が死んだら俺の親絶対泣くし……親が泣いてるところは見たくないもん」

友「そういうの見ちゃうと未練できちゃって、成仏できなさそう」

男「なるほど」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:12:26.06 ID:BF2k73Ef0
男「君は?」

女「見る!」

女「友達があたしが死んだらどういう反応するか気になるし!」

男「でも、もしかしたら悪口いってるかもしれないよ?」

女「それならそれで、しょうがないかなって」

女「それに葬式で死んだ人を悪くいう人ってそうそういないでしょ」

男「たしかに」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:14:44.50 ID:BF2k73Ef0
男「不良は?」

不良「俺も見る派だな」

男「なんで?」

不良「だって、せっかく見られるんだから見なきゃ損じゃねーか!」

不良「どうせもう死んでんだし、自分のことを悪くいわれててもどうってことねーや!」

不良「ていうか、散々悪くいわれるようなことしてきたんだしよ!」

男「お前らしい答えだな」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:16:10.08 ID:BF2k73Ef0
男「オタクは?」

オタク「見ない! 絶対見ない!」

男「理由は?」

オタク「悪口いわれてるのが怖いってのもあるけど……」

オタク「葬式に誰も来てくれてなかったら……ってのも怖い」

男「あー……たしかに。そういうのも怖いな」

オタク「だろ? もし知り合いが誰も来てなかったら、絶対立ち直れないよ」

男「とりあえず、俺はお前の葬式行くから安心しろ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:18:40.01 ID:BF2k73Ef0
友「お前はどうなんだよ?」

男「え、俺?」

女「自分の葬式見るの? それとも見ないの?」

男「どうしようかなー……」

男「うーん……」

男「死ぬまでには決めとくよ!」

不良「なんだそりゃ!」

オタク「自分だけ答えないなんてずるい!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:20:37.00 ID:BF2k73Ef0
……

……

男「……ついに俺も死んでしまったか」

案内人「あなたは新しく来られた死者の方ですね」

案内人「死者は受付で所定の手続きをした後、いわゆる“あの世”に向かうことになります。こちらへどうぞ」

男「どうも」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:22:26.14 ID:BF2k73Ef0
ズラッ…

案内人「受付のために、この行列にお並び下さい」

男「うわー、結構並んでるね」

案内人「世の中、これだけ多くの人が日々死んでるということです」

案内人「しかし、あなたはもう死んでるので疲れることもありません。気長にお待ち下さい」

男「分かりました」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:25:13.15 ID:BF2k73Ef0
ペチャクチャ… ペチャクチャ…

死者「あなたはどうやって死んだんです?」

男「それがよく覚えてないんですよ」

死者「私もです。気づいたらここにいて」

男「死ぬ時ってのは、みんな案外こんなもんかもしれませんね」

男(前後に並んでる人と雑談してるうちに、いよいよ俺の番が近づいてきたな)

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:27:34.58 ID:BF2k73Ef0
受付人「あの世に行く前に、ご自分の葬式をご覧になられますか?」

「見ます!」

受付人「では、あちらのルートへどうぞ」

受付人「次の方どうぞー」



男「え」

男(まさか、本当にあんなこと聞かれるなんて……)

男(死ぬまでには決めとくって言ったけど、全然決めてなかったぞ。どうしよう)

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:29:04.97 ID:BF2k73Ef0
受付人「ご自分の葬式をご覧になられますか?」

「見たいです!」

「やめときます」

「結構です」

「見る見る!」



男(やっぱり意見が割れるもんなんだな。あの時とおんなじだ)

男(俺はどうしようかな……自分の番になるまでに決めないと)

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:32:54.58 ID:BF2k73Ef0
男(よし……見るか見ないか決めたぞ!)

受付人「では、こちらに名前をお書き下さい」

男「はい」カキカキ

受付人「それでは、こちらのルートにどうぞ」

受付人「係員が待機しているので、指示に従って下さい」

男「ん!?」

男「ちょっと待ってよ。なんで俺には葬式を見るかどうか聞かないの?」

受付人「だって、あなたは……」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 19:33:27.65 ID:BF2k73Ef0
受付人「人に殺されて、死体は山奥に埋められて、今もまだ見つけてもらってません」

受付人「ですから、あなたの葬式が開かれることはないんです」

男「あちゃー……」






14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 20:59:39.40 ID:ABkiUrdso
おつ

自分は見ないかな・・・

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/30(日) 21:05:52.10 ID:0IGsWqbQO
自分のグロ死体万一見たらトラウマなので見ない

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 10:46:35.04 ID:pPZd0B5qo

いいオチだ

1001: 不思議な名無し 1999/07/07(水) 00:00:00.00 ID:fushigi2ch.net