タナカヒロシのすべて
 異色のパフォーマー芸人・鳥肌実が主演の映画。鳥肌実を知っている人は,説明など要らないが,知らない人はとりあえず「変態」とだけ言っておこう。

 しかしながら,本作では32歳独身カツラ工場勤務で,人と関わるのを避けるという内向的なキャラクターを見事演じきっている。鳥肌実の意外な一面を見ることができた。

 去年,映画製作を知ったのだが,どんな「変態」な作品になるのかと思いきや,人生のアイロニーを感じさせる渋い作品だと思った。何より音楽がいい!!渋い。
 ラストが「クレージーケンバンド」であったのには,思わずガッツポーズである。

 脇役人が濃い…そして,さっき観た西田尚美が出ているし。こういうB級映画を観るのが性にあっているなとつくづく思う。(といいながらも,裏番でやっていた「海猿」も気になったりして…)