みなさんこんにちは、ふただ歯科クリニック院長の土橋です。

先日、上の親知らずの周りが痛み出し、歯ブラシをすると出血も目立つようになってきたので、親知らずを抜きました。

皆さんも親知らずの周りに炎症が起こった際、炎症を落ち着かせて痛みがなくなったのでそのまま様子を見られる方も多くいらっしゃると思います。

ではなぜ親知らずは抜いたほうがいいのか、また、親知らずは必ず抜かなければならないのかについて説明したいと思います。

抜いた方がいい場合、抜かなくていい場合

□親知らずを抜いた方がいい理由

・生え方によって歯磨きができない箇所がでてきて、虫歯・歯周病になりやすい。(親知らずの周りの歯周病は「智歯周囲炎」と名前が付いているほど、頻発します)

・虫歯、歯周病になった場合、健康な手前の歯にも悪影響が及ぶ場合がある

・治療をしても、歯磨きができないので再発しやすい

・痛みなど、不具合が生じている場合には、抜かない限り解決しないことが多い

・歯並びを悪くする恐れがある

「親知らずは抜いた方がいい」と聞いたことがある方が多いと思いますが、それは、親知らずによって、痛みが出たり、他の歯に様々な悪影響が生まれるからです。

 

特にまっすぐに生えず、腫れたり、痛くなってしまった親知らずは、抜歯するのが最も確実な治療法です。なぜなら、一度抜けば、その後一生トラブルに悩まされる心配はなくなるからです。逆に、抜かない限りずっと悩まされることになります。

 

●できるだけ早く抜いた方がいい理由

悪影響を及ぼしている場合、及ぼす可能性の高い親知らずは「できるだけ早く抜いた方がいい」と言われますが、それには理由があります。

 

・虫歯や歯周病が悪化してしまう前に対処した方がいい

(※虫歯や歯周病が悪化すると、修復はできても完全に元には戻りません。)

・親知らずの歯周病や虫歯は治療しても再発しやすい。

・虫歯や歯周病が悪化すると、他の歯まで失う可能性が高まる

・年齢が若い頃の方が、抜歯後の回復が良い

・虫歯や歯周病が悪化すると、麻酔が効きにくい場合がある

・抜く時期が遅いと、抜くのが大変(長時間の処置が必要になる)な場合がある

・親知らずは、たとえ無くても生活や健康に支障がないことが多い

ただ、親知らずだからといって、必ず抜かなければいけない訳ではありません。抜歯には必ずリスクが伴います。ケースは少ないですが、下の親知らずの根の先近くには太い神経があり、これに影響してしまうと神経麻痺を起こすこともあるのです。 もちろん、このような神経に近いかどうかはCT写真なども撮影した上で当院でも安全に抜けるかどうかを判断してお伝えさせて頂いております。

親知らず周りの炎症はお掃除やお薬で一時的に落ち着かせることはできますが、長年放置して歯が虫歯で大きくなくなってしまうと、掴むところがなくなってしまい、比較的簡単に抜けると言われている上の親知らずを抜くのも困難になってしまう場合もあるので、気になる方は早めにご相談下さい。 


 
歯軋りや食い縛りは被せ物やインプラントに悪さしたり 自分の歯に悪さしたり 顎が痛くなったりする原因になったりします! 
防止する為にマウスピースをつけて力を緩衝するのが治療法として選ばれております。
医療法人社団宝樹会ではそれに加えて従来よりボトックス治療も選択肢の一つに加えております。
小顔効果も作用の一つに数えられるのでご興味のある方はご相談くださいm(._.)m

WIN_20160215_180356


皆さんこんにちは、ふただ歯科クリニック院長の土橋です。

今日から皆のユニフォームが新しくなりました!

気持ちを改に、今まで以上頑張っていきますので、引き続きふただ歯科クリニックを宜しくお願い致します!!!

↑このページのトップヘ