2006年02月16日

アルバム 『J.BOY』

え〜っと。今日は2/16ですから、前回のハマーシャの投稿から
気がつけば1ヶ月が経過しておりました。
この1ヶ月、私は一体何をしていたのか・・・と振り返りますと
「冬眠」です。寒いの苦手ですから!!

「冬眠」明けの昨日ふらっと『JEUGIA』さんに行ってきました。
※『JEUGIA』とは、関西圏に多数の店舗を構える
CD・DVD・楽器ショップです
そこで、なにげな〜く『JEUGIA』さん発行のフリーペーパーを
見て驚きました!!!

〜大人ライフを楽しもう〜 という特集記事に私の目はくぎ付けに。
大人のロックアルバムの紹介でなんと浜田省吾さんの
『MY FIRST LOVE』が一番最初にあげられておりました。
説明文には

〜R&B道を追求し続け、スタジアム・ロックを体感できる数少ない男。
デビュー30周年を迎えてその人気は依然衰えていない。
時に心の支えであり、指標でもある。
ぜひ浜省と一緒に年を重ねてみませんか?(ポルタ店 井上)〜

ポルタ店の井上さん。あなたは素晴らしいです。
物事を正しく見る眼とよい耳をもっておられます。
ウンウンとうなずきながら 次のページへ・・・

そこは「オヤジバンドのすすめ」でした。
最近アマチュアの「オヤジバンド」がブームだとか・・・
そういえば私のまわりにもいるいる。自称ミュージシャンさんが!
いい年したオジサン(オバサン)がバンドなんて!と思うことなかれ。
楽しむことに年齢制限などないのです。
かくいう私も毎週歌っております(ロックじゃないけどね^^)

そして、その紙面で「バンドオヤジ」が選ぶ心の1枚の中に
入っておりましたよ〜。
浜田省吾『J.BOY』が。そしてその次はなんと・・・
ザ・ビートルズ『アビイ・ロード』。
『J・BOY』のモノクロ省吾さんのアルバムジャケットと
『アビイ・ロード』の横断歩道をわたるビートルズのメンバーの写真が
隣り同志でならぶ姿は、なんだか、すごく感激しました。

幼い頃に聴いたザ・ビートルズに恋して音楽を始めた省吾さん。
その思いは時代を超えて私達の心に刻まれ、そして、繋がっていますよ。


今年でデビュー30周年を迎える省吾さんをますます熱く応援して
いきたいと思いました。

                         《エミーナ》

futarino_show_go at 23:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年01月16日

丘の上の愛

まだ、日本がバブル全盛で浮かれてた頃、所得もないはずの
学生達が、巷で流行りのDCブランドなんかを着て、
上等の車で繁華街に繰り出す、そんな時代。

そんな時、貧しい環境の中、苦学をして学業に励む青年がいた。
彼はそんな日常を表には出さず、いつも明るく笑っていた。

彼はゼミでは決して目立つタイプではなかったが、堅実な研究姿勢で
成績はいつもトップだった。

その同じゼミに‘彼女’がいた。

彼女は涼しげな瞳とすらっと高い鼻をしたスレンダーな美女で、
いつもブランドの服を着て、長くストレートな髪をなびかせながら凛として
歩く姿が同年代の女子より大人びて、いつもキャンパスの注目の的だった。


♪笑顔ひとつで 君はどんな恋でも容易く手に入れた 
 でも誰ひとり愛さず だだのボーイフレンド 遊び相手 ♪


彼はそんな彼女と入学当初から何故か気が合い、
よく語り、よく歌い飲んだりもした。

彼女は、授業中、遅れて教室に入ってくると、必ず後ろの席に座り
「よぉ〜」と可愛い笑顔で肩を叩いてきたりもする間柄だった。
その笑顔は確かにその年代の女の子の笑顔だった。

彼は‘そんな時の彼女’がたまらなく好きだった。

同じ気持ちが彼女の方にもあったことは、授業中によく視線が
合うことでも確信できた。

お互い惹かれ気になる存在だった。
キャンパスではいつも一緒で、何でも話せる二人であったが、
‘恋人’というラインを越えることは最後まではなかった。

苦学生の彼にはそんな時間すらないのはよくわかっていた。

♪君がただひとり心奪われたあいつは まだ若く 
   夢のほかには 何も 持たない 貧しい学生  ♪


4回生の熱い7月の日の事だった。
前期試験が終わり、いつもの様にバイト先の工場へと
向かう為、足早にキャンパスを後にする彼の横を
一台のスポーツカーが通りすぎた。

そのサイドシートの窓から‘彼女’の横顔が確かに見えた。


♪貧しさの中 壊れて消える 愛の暮らしはいやだと 
  まるでショウウインドに 自分を並べるように
        着飾って誰かを待っていた     ♪


卒業論文を提出しに、学校にいった寒い冬の日のこと。

彼女がある御曹司と婚約したとの噂を聞いた。

卒業式の後、校門の前に彼女は立っていた。

彼女は彼の顔を見るなり、泣いた・・・その涼しく綺麗な瞳が潤んでいた。


♪愛が買えるなら その涙の理由を聞かせて 
  愛が買えるなら ため息の理由を聞かせて いつわらずに・・・♪

彼は何も問わず、彼女をやさしく抱きしめた・・・

時はバブル全盛期、RICHという言葉が生まれ、誰もが‘MONEY’を
求めることを人生の最大の幸せだと疑わなかった時代の話である。

あれから20年近くの月日が流れた。

今、彼女は幸せに暮らしているのだろうか・・・
  
幸せならそれでいい。彼女は正しい選択をしたのだ。

 笑顔でうなずきながら、真っ青な空を見上げるのだった。


                 《ハマーシャ》


futarino_show_go at 23:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年01月08日

ラストショー

道を間違えた。

「次の信号を左折」と思っていたのに
直進のラインに並んでしまった。
あっ。と思う間も無く右に左に後ろにと
どんどん車が詰め寄ってくる。
仕方ない。このまま前に進むしかないか・・・
3年ぶりに帰ってきた町の風景はすっかり変わっていて
家にたどり着くにはまだまだ時間がかかりそうだ。

それにしてもこのまま進んでいくととんでもない所に
行ってしまう・・・早くいつもの道に戻らなければ。
でもどうやって?Uターンできる道ではないし、
地図もないし、ナビもない。
自宅まであと数キロで遭難か?!
仕方ない。次、左折。・・・あ〜あ やっちゃった。
こんな道全然知らない、しかも道幅狭すぎ。


♪さよなら バックミラーの中に あの頃の君を探して走る
 さよなら 二人演じたシーンを 想い出す もう一度♪


車が大好きな君とのデートはいつもドライブ。
何処にいくかは気分次第で
「このまま海までGO!」や
「日が沈むまでひたすら西へ」etc・・・
そして帰りは帰巣本能を研ぎ澄ませて
ひたすら私達の町を目指して走る。

「大体そうやって地図をクルクル回して見るから
余計にわからなくなるんだよ。地図を見て方角を頭にいれる。
後はただひたすら目的地までその方向を見失わずに進む!」
いつも助手席で「今どこを走っているの?」と
あたふたしている私に、ケラケラ笑いながら言っていた君。


♪さよなら エピローグは俺ひとり 明け方の海岸線を走る
 さよなら フラッシュバックのような 
 過ぎた日々 抱きしめて もう一度 忘れるために♪


卒業して二人は町を離れ別々の道を進み始めた。
それっきりもう10年以上会っていない。
でも時々、君の名前だけのハガキや写真が実家に届く
いろんな街や国からの「元気です」と一行だけの消息
君のことだから、きっと迷わずに自分の選んだ道を
まっすぐに進んでいるんだろうね・・・ずっと応援してるよ!


あれっ?この道見覚えがある。確か・・・
『ぼくの家からキミの家までの近道 その4』だ!
いつも同じ道、それも大通りしか通らない私に
君は幾つもの道を教えてくれたね。
今日は初めてひとりで通る道。
途中で少し不安になったけど 君に教えてもらったとおり
しっかり、自分が行きたい方向を決めて進んだよ。

そして程なく大通りにでて 無事に到着〜。

ありがとう、偶然だったけどあの道から帰れたよ。
あんなに狭い道から急に視界が開けて大通りに出たのは
意外なほどあっけなく、そしてすごく気持ち良かった。

たまには「いつもの道」以外の道も悪くないね・・・

                       《エミーナ》


futarino_show_go at 12:07|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2005年11月23日

君と歩いた道

♪もし15才のあの夏に戻って
 そこからもう一度やり直せたら
 どんな人生送るだろう?♪


あの時違う道を選んでいたら今ごろ
誰とどんな人生を歩んでいるだろう・・・
ふと、そんなことを考える時がある。

もしもあなたと出会えなかったら・・・

あなたに初めて会ったときホントに驚いた。
今まで知らなかったのがウソみたいに思えた。
まるでジグソーパズルのピースが
ぴったりあったときのような感覚!

私を一番思ってくれて、一番理解してくれて
いつも一番傍にいてくれる。

あなたに出会えて本当によかった・・・

でも、あなたはどうなんだろう。
私と出会ったことによって
人生を小さくさせてはいないだろうか?
夢をあきらめさせてはいないだろうか?
そんな不安が 胸をよぎる。


♪もし15才のあの夏に戻って
 そこからもう一度やり直せても
 この人生を選ぶだろう
 君と歩いた道をもう一度歩くだろう♪

私もそう。きっと同じ道を歩いてゆくでしょう。
あなたと歩いたこの道を 
あなたと一緒にもう一度歩いていくでしょう。


冬の足音が近づいて来る こんな夜は
心がぽっと暖かくなるラブソングが聴きたくなります。


                 《エミーナ》


futarino_show_go at 22:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年11月17日

君の名を呼ぶ

♪火の中に 飛び込むような恋 
 愚かだと わかっている♪

めずらしく目覚し時計のアラーム音を聞くことなく目覚めた。
明け方の夢のせいだ・・・

ひどく懐かしい風景の中にあの頃の私とあの人がいた。
あれから幾度となく見たストーリー。
その夢は現実と全く同じ状況で、悲しい結末に向かっていた。
もう一人の私が現実に引き戻してくれて やっと目が覚めた。


♪街角で 仕事場で 地下鉄の中で
 歌うように 君の名を呼ぶ
 愛されることなんて ないと知っていても
 君がほしい 今すぐ♪

何度も何度も心の中で呼んだ名前。
名前を呼ぶことでその人を近くに感じる事が出来た・・・
もう、きっと二度と会うことのない人。
その人の名前をそっと呼んでみる。
ほろ苦い思い出に胸が一杯になった。

今度また いつか夢で会えたらいいね・・・



あなたも呼んでみませんか?
愛しい人の名を。

                       《エミーナ》





futarino_show_go at 22:59|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2005年11月13日

19のままさ。

♪予備校の湿っぽい廊下で〜
ではじまるこの歌と、私は同じ歳に出会った。

予備校に通った経験のなかった私だったが‘湿っぽい’
というフレーズが、その当時通っていた学校の廊下と
ダブり、妙な親近感をもったのだった。

大人に言わせば‘19歳’という年頃はまだまだ人生の
入り口、出来ることがいっぱいある希望に満ちた時期などと
思われがちだが、その時は大人未満子供以上の不安定な
精神状態、またそろそろマンネリ化してきた
生活のサイクルにいいようのない閉塞感も感じたりするものだ。

この歌を聴くと当時の私の閉塞感が今でも、
リアルに甦り胸に感じることが出来る。

将来の夢も子供じみた空想の話ではなくなり、
現実味をおびた、出来る範囲のものへと変わる。
恋人と一緒にいても心癒されず、学ぶ楽しさもさほど
感じられない毎日。

時々、そんなことをすべて忘れて、ひと時の快楽に身をゆだね
はしゃいでみても、結局虚脱感しか残らない。

それが私のなんともダークな‘19’だった様な気がする。

浜田省吾さんの‘19のままさ’の主人公達は予備校生
という閉塞感は感じているものの、はつらつと描かれて
いてなんだか羨ましく感じて、よく口ずさんでいたっけ。

♪いつまでも忘れない 今でも目をこうして 閉じれば19のままさ 
 でも僕らもう二度と あの日のきらめき この胸に取り戻せない♪

そして今も目を閉じて口ずさんでいる。 
浜田省吾の歌とともにあったあの頃の私を思いおこしながら・・・


             《ハマーシャ》



futarino_show_go at 21:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年11月11日

初恋〜MY FIRST LOVE〜

このブログを始めた時に、「いつ、どのタイミングで書こうか」」
と考えた曲のひとつです。
なぜ今日だったかというと、CDからではなく本当に
浜田省吾さんが唄う「初恋」をリアルタイム(ライブ)で聴いてからと
思っていたのが実現したからです。

♪海辺の田舎町 10歳の頃 ラジオから
 流れてきた The Beatles 一瞬で恋に落ちた
 教室でも 家にいても 大声で歌ってた♪

この曲は異性に恋する「初恋」ではなく
音楽に恋した少年のことを歌ったものです。
浜田省吾さんが広島生まれの広島育ち。
The Beatlesで音楽に目覚めたということは
彼のFANなら誰でも知ってる事ですよね。
でも「ON THE ROAD 2005」がはじまる前に
浜田省吾さんの公式ブログで
〜子供の頃本当に落ち着きのない子で、いつも叱られていた。
だからいつも頭の中で歌をうたって自分を落ち着かせていた。
静かにしていても授業なんて全然聞いていなかった〜
と、こんな自身の子供の頃のエピソードを書かれていました。
この「初恋」の歌詞とピッタリマッチして、この歌を通して
浜田省吾さんの少年時代を想像してニンマリ^^してしまいました。

音楽に恋した少年期から仲間とバンドを組んだ60年代
1974年のデビューから30年間のロック歌手・浜田省吾の軌跡
そして、大好きなアーティストの名前も歌詞にちりばめられ
この曲はまさに 浜田省吾そのもの といった感じです。

♪オレの初恋はRock'n Roll そしていまも 夢中で追いかけてる♪

初恋ってだいたいは実らないものなので、好きなんだけど
フラレたら辛いし、はずかしいから 言わないまま終わってしまう
ものなんだけど・・・
こんなにも堂々と高らかに歌われたらなんだか、すがすがしいです。
そして、こんなにも浜田省吾さんを夢中にさせるRock'n Rollにちょっぴり
嫉妬してしまいます。

ラジオから流れてきた「片想い」を歌う浜田省吾さんに恋した私。
あれから20年以上の月日が流れても 今も夢中で追いかけてます・・・

                             《エミーナ》















 

futarino_show_go at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月05日

AMERICA

第二次大戦後以来、日本人は本当にアメリカが好きになったようです。
ライフスタイルからファッション、音楽に至るまで
アメリカの影響を受けていないものはないくらいですよね。

狭い日本、少し泥臭い精神性に閉塞感を感じ出した
日本人の気持ちの発露からか、多くの人がアメリカを
目指します。

浜田省吾さんもその一人なのではないでしょうか?

自由とアメリカンドリーム、希望の国・アメリカ。

世界を相手に、自分の力を試したいそんな大志を
抱く人々にアメリカはいつも大きな心で受け入れて
くれます。だれにでもチャンスを与えてくれる国です。

その分、チャンスをモノに出来なかった者への
厳しさも半端ではありません。
勝利者に優しい国、それもまた偽らざるアメリカの姿でもあります。

♪We were lookn' for AMERICA 映画の中のアメリカンドリーム
 今もAMERICA あの娘の 輝いていた瞳 想い出す♪

あの国には凄いエネルギーが確かに渦巻いてます。
そのエネルギーに惹かれて世界中から人が集まってきます。
そしてほとんどの人が夢破れ、その場所から消えていく。

あの国はそんな大勢の人の夢を飲み込みながら
今も生き生きとしたダイナニズムを維持しているのです。

♪ショウーウインドに映った 黒い目をしたJ BOY
 帰る故郷を見失って〜♪

そして夢破れ傷ついた人にいつも優しい所、それは
やはり生まれた場所・故郷なのかも知れないですね。

NYの街角でいつも自分が間違いなく‘J BOY’で
あることを感じるハマーシャです。
                    《ハマーシャ》

futarino_show_go at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月30日

BASEBALL KID'S ROCK

私は野球はしないし、見ない。
応援しているチームもないし、気が付けば・・・
日本シリーズも終わっていた。

でもこの曲を聴くとなんだか凄くワクワクしてくる。
あれ?そんなに楽しい歌だったかな?
確かベテラン選手が不振で、もうそろそろ引退か!というような
内容の歌詞だったよね。と思われる方も多いでしょうが・・・

子供の頃の夢で「将来野球選手になりたい」と卒業文集に書いた
男子の中で、本当に野球選手になれた人を私は知らない。
野球選手になるということはそれほど難しいもので、
ましてや皆が名前や顔を知っている一流選手と呼ばれる人は
そのなかでもほんの一握り。
宝くじの1等に当る確立よりもまだ難しい、とか。

くる日もくる日もボールを追いかけ続けた少年は
やがて大人になり、夢だった野球選手になった。
しかし、スポットライトを浴びる時間はあまりにも短く
長年酷使した肩や肘は悲鳴をあげている。
若手と呼ばれる選手が自分の位置を虎視眈々と狙っている。

自分は何故野球をやってるんだろう?
金のため、名誉のため、チームのため、違う!!
ただ野球が好きなだけ。

♪BASEBALL KID ただの BASEBALL KID
意味などないのさ ただ好きなだけ♪

きらめく時間は短くても本当に心から好きと思えることを
出来る人、やり続ける人をかっこいいと思います。

                        《エミーナ》




futarino_show_go at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月29日

さよならにくちづけ

学生の頃のキャンパスライフは、将来の期待と不安が
入り混じった、なんとも不確実な時期です。

あれほど希望して入学した学校にもかかわらず
いつまでもその満足感に浸ることを許してくれない
そんな毎日です。

教室で可愛い子と出会い、恋を知り、愛し合う。
でも、この不確かな時は二人に心の平安を与えては
くれないでしょう。

将来の夢以上に、かすかに感じる現実の厳しさ。

一体自分は何がしたいのか?否、何ができるのか?
そんなことをいつも自問自答していたように感じます。


♪ドラム叩ける仕事見つけたんだ 二度とキャンパスには
 戻らないつもり このままここにいたらサビついてしまいそうで♪


この歌の主人公のように、音楽という自分が進む道を
見つけ、歩こうという決心がついたとき、自分の周囲に
掛かっていた霧が晴れていく感じがしたことでしょう。

♪しばらく会えない旅に出るから でもそれが君との別れだった♪

でも、これで本当によかったのでしょうか?

♪さよなら 青春の日 KISS&Goodbye 君は涙こらえ
 駆け出してゆく 今も目を閉じれば あの頃のまま♪

全てを捨てても価値あるものと、初めて確実と感じられる
ものと出会いは衝撃で、もう周りの人の気持ちを考える
余裕など頭の片隅にも無くなるものです。

無くしたもの、捨ててきたものの大きさは、ず〜っと後にならないとわからない!
結局、人ってそんなものなのかも知れないですね。
             《ハマーシャ》

futarino_show_go at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)