本日のお稽古

マーチニ長調 BWV Anh.122 バッハ
といっても息子のエマヌエルバッハだけでも。


 
こどもの力強いタッチ
私はとっても好き。

子供がはしゃいだり、とんだりはねたり
かけまわったり、笑ったり
エネルギーに満ちている子供の姿って
生命力そのもの!

ピアノの音にもそれがあらわれる。
楽譜通りうんぬんは別にして
とってもいい音。

高学年くらいになって
エネルギーが落ち着いて「大人っぽさ」が
でてきたら「大人の表現」を学んだらいいと思うのです。


2歳、3歳さんのレッスン

みさきちゃん。今年の春から幼稚園。
1つの音を伴奏に一緒にうたをうたいます。
ビデオとろっか。といったら、ピースをしながら
ひいてくれました!(笑)


 

ソナチネ

お教室をはじめて7年目になります。
いろんなレッスンをしていますが、ソナチネを弾く子もちらほら。
なっちゃんは小学校1年生の最後くらいで、レッスンをはじめて、いまは5年生。
ちょうど4年くらいですね。
異国の風とか、そらにあそぶとか。
おゆびのおけいこをしていたころがなつかしい!!
ピアノの先生というお仕事は、短い時間だけれど、子供たちと定期的に長ーい歳月
ともにできます。たくさんの子供たちの成長を見守れる ありがたいお仕事です。
 
記事検索
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ