長くブログを更新できないでいました。

大変ご心配をおかけしていたと思います。申し訳ありません。

11月24日の午後、私の大事な大事な可愛いふーくんが
虹の橋を渡ってお空に帰っていってしまいました。

長い間皆さんに愛され、可愛がっていただいて
ふーくんは本当に幸せ者でした。
ありがとうございました。

1129-1




11月20日の真夜中、私のそばでいつものように眠っていたふーくんが
突然の痙攣発作に襲われて体中をバタバタともがいて暴れだしました。
私は驚いて抱きかかえ、すぐにおっとも起きてもらい、しっかり抱き込んで
大丈夫、大丈夫!と二人で声をかけていました。
その最初の発作はたぶん2~3分くらいで収まったのですが
ひどく長い時間に感じられました。
ずっと抱いていると明け方にもう一度発作があり、私はただおろおろと
ひたすら動物病院のドアが開くのを待って受診しました。

血液検査の結果もレントゲンもそれほど悪い数値はなく
内臓は健康だそうで、考えられるのは脳の異常。
でもMRIを撮るには年齢的に全身麻酔のリスクの方が高く勧められないから
薬で様子を見ましょうとのことでした。

それからの病状はすごく波があり、まったく動けないかと思うと
立ち上がって少し歩けたり、またへたり込んだり、
私たちは一喜一憂しながら結局毎日病院に駆け込んでいました。

けれどそれから数日で確実に弱って動けなくなり昏睡状態になりました。
日曜日の朝も病院で点滴をし、可能性はあると言われたのに
その午後に眠るように静かに逝ってしまいました。
最後にパッと目を開けてくれたのがお別れだったと思います。

介護用品のあれこれを買い整え長期戦のつもりでいたのに
こんなに早く逝ってしまうなんて。

でも、数日間だんだん覚悟を固める時間をくれて
痛くも苦しくもなさそうで、安らかに眠ったまんまだったことが救いです。
本当に最後までいい子でした。

18年間この子がいてくれて感謝しかありません。
ふーくん、私のところに来てくれて本当に本当にありがとう。



凛々しいかと思えば
1129-3


脱力系だったり
1129-2


哲学的だったり
925-6


研究者でもあったふーくん。
fu-kenkyu



この数日皆さんにお知らせしなくてはと記事を書こうとしても
ふーくんの写真を探すことさえ胸が苦しくなってできませんでした。

でも今までを見返していくうちに、このブログの中にいきいきと
可愛いふーくんが生きているような気がしてきて、
ふーくんの生きた証がここにあるんだと思えるようになりました。

実はいっそこのままブログを書くことをやめてしまって
そっとフェイドアウトしようかとまで考えていましたが、
そんなことは今まで応援してくださった皆さんにも失礼だし、
なによりふーくんが喜ばないだろうと。。

これからも新しい気持ちで書き続け、仕事も頑張ろうと
やっと前向きな気持ちも持てるようになりました。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。


あたしもよろしくなのー
1129-5



 ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして下さったらうれしいです。
      
いつもありがとうございます。励みになっています。   
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ  パッチワークの素敵なブログが集まっています。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ ← 楽しい猫ブログがいっぱいです。

↓ ショップ アトリエ・カトンテールの入り口はこちらから
shophttp://futeto.cart.fc2.com/