布団 を考える

布団屋の四代目です。このブログでは布団について日頃から思っていることを徒然なるままに書いていきたいと思います。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

ダニ注意報!
 ダニの繁殖に適した条件は、温度が25〜30℃、湿度が60〜85%程度
格好の住処は布団の中!

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

部屋に限らず換気する際には、その空気の出口を作ってあげる必要があります。

ただし、ただ二箇所あけていればいいというわけではありません。

なるべく空気の流れが部屋全体にいきわたるようにしましょう。



扇風機を活用して、部屋の空気を動かすのも有効ですね。

冬でも扇風機はいろんなことに活用できそうです(^^)b

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

現在使っているところはだいぶ少なくなってきていると思いますが

石油やガスのストーブも結露やカビの原因となりやすいそうです。

昔はストーブの上にやかんをおいて

冬の乾燥対策にも良い!なんていっていましたね。

確かに乾燥対策にはいいのですが、ちゃんと換気をしなければいけません。
(今回は一酸化炭素中毒とかの意味ではなくて・・・)

今の気密性の高いマンションなどでは温まった空気+ストーブから生まれる水蒸気が

徐々に気温が下がると結露として現れてしまいます。

これがカビの原因につながってしまいますので要注意です!

マンションなどではとにかく換気が大切です。

空気の入り口出口を作って(出口は換気扇でもOK)積極的に換気しましょう。



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

今の住宅環境は戸建て住宅よりマンションの方が多くなっていますよね。

一般的に、戸建て住宅の方が換気がしやすく

湿度も調整できやすかったです。

特に最近のマンションは気密性がとても高く

冬でもある程度暖かさを確保できたり、夏でもエアコンの効きが良いですよね。

その代わりに、換気がしにくいことで結露やカビの原因になってしまいやすいそうです。

特に冬場は結露に注意。

湿度は低いものの、軽視しているとカビが発生してしまいます。



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

従来のスザキーズ掛け布団に加えて、プレミアム掛け布団を販売しておりますが

温かさの違いを尋ねられることが少なくありません。

どちらが温かいですか、と言われるとあまり変わりません。

とお答えしています。

実際にあまり変わらない事と

プレミアム掛けの良くなったところは

その肌触りや軽さといったところだからです。

https://youtu.be/JcxnVLrKg88

12052016neta

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

以前のブログにも書いてあったのですが

補足的な意味も込めてもう一度!

以前の記事

睡眠の質がわるかったり、自律神経のバランスが悪い場合

さまざまな問題が起きますが、これを改善する”トレーニング”の一つです。

自律訓練法に関しては以前の記事やその他いろんなサイトにやり方なども登場していますが

実は私も大学時代に一度この講義を受けたことがあるのです。
(体育学・人間総合科学なのでこんな授業もあったり(^^ゞ)

そこで先生が言っていたことが

『これはトレーニングです。やり方を覚えただけでは意味がありません。日々(自律訓練法)トレーニングを重ねて効果が生まれてきます。』

このようなお話でした。

つまり、やり方だけ覚えて、いざリラックスしようとか寝付けないからとか

急に行ってもなかなか上手く行かないということです。

筋トレなどと同じように、トレーニングする必要がある。そうです。

12022016neta

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

このページのトップヘ