布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、https://www.suzaki-futon.co.jp ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

ダニ注意報!
 ダニの繁殖に適した条件は、温度が25〜30℃、湿度が60〜85%程度
格好の住処は布団の中!

やっと冬らしい寒さとなってきましたね。
まだまだ本格的とは言えませんが、寒くなってきました。

こうなってくると楽しみなのが、コタツ!!

今までもここのブログでコタツで寝るとよくないよ!
風邪を引くよ!

という記事を書いてきたのですが、
AIは何と答えるでしょうか?

===============

1. **過乾燥と免疫機能の低下**: こたつは暖房機器であり、室内の湿度を低下させる傾向があります。乾燥した環境では、鼻や喉の粘膜が乾燥しやすくなり、これがウイルスや細菌の侵入を招く可能性があります。また、乾燥した状態では免疫機能が低下し、風邪などの病気に対する抵抗力が弱まります。

2. **温度差によるストレス**: こたつで暖かい場所で寝ていると、室内外の温度差が大きくなることがあります。急激な温度変化は体にストレスをかけ、免疫機能を低下させる可能性があります。

3. **体温の調節の妨げ**: こたつで直接寝てしまうと、体温の調節が難しくなります。長時間同じ場所で寝ることで体温が上昇し、これが体に負担をかけ、免疫機能が低下する可能性があります。

したがって、こたつで寝る際には以下の点に気をつけると良いでしょう。

- **湿度の維持**: こたつを使う場合は、加湿器を使って湿度を保つことが重要です。
- **体温調節**: 長時間同じ場所で寝ないようにし、こまめに起きて体温を調節することが大切です。
- **温度差の緩和**: 室内外の温度差が大きい場合は、外で少し歩いたりして体を温めることが役立ちます。

これらの注意点を守ることで、こたつを使っても風邪を引きにくくなります。

===============


ということでした。
1番の乾燥に関しては、こたつ関係あるのかな?とも思いますが
私が考える一番の原因は、やはり体温調節の部分かなと思います。

12042023neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

あとぴいなうより、
食糧問題というのはみなさんなんとなく知っていると思います。

世界の人口が増え続けることにより
食糧難になるかもしれない。

その為、昆虫食なんか言われていますが
実際、そんなに食料がなくなるのでしょうか??

11292023neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

「地産地消」という言葉も定着したのか、最近はあまり聞かなくなったように思います。
1981年に農林水産省で「地域内食生活向上対策事業」が策定された際、
「地場生産・地場消費」が略されてできた言葉だそうです。
また、新鮮なお野菜も打っている「道の駅」は、2023年8月時点で全国に1209駅が国土交通省によって登録されているそうです。

その反面、輸入食品や輸入食材の届け出件数や重量は年々増加しています。
今回は少し気になる「輸入食品・食材」について考えてみました。

ということで、あとぴいなうより、今回の内容になります。

11282023neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

このページのトップヘ