布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

ダニ注意報!
 ダニの繁殖に適した条件は、温度が25〜30℃、湿度が60〜85%程度
格好の住処は布団の中!

この時期(梅雨)はジメジメと湿気が高い日が多いです。
今年は今のところ梅雨入りしてから雨の印象が薄い九州地方ですが
このまま空梅雨とはならないでしょう。(空梅雨は空梅雨でこまりますし)

このジメジメした時期にじわ〜っと汗をかくと
どうなるでしょうか??

不快ですよね。

ジメジメしているせいで汗がなかなか気化せずに、気化熱による体温を下げる効果が薄くなってしまうからです。

そしてそれだけでなく、気化しにくくなった汗ということは、それだけ皮膚表面に同じ汗がず〜〜とあることになります。
次から次へと流れる汗ならまだいいですが、このような汗は肌を刺激してしまいます。

ジトッとした日にはなるべく早く少しぬらしたタオルでこまめに汗をふき取りましょう!



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

最近、配送料の値上がりがすごいです。
それに伴って、配送の際に布団圧縮を行うところもあるのだそうですが
圧縮した布団は、開封しても完全には元に戻らない場合が多いです。

布団圧縮袋を使いたいという方もお気をつけください。

さて、そんなことを言っている須崎ふとん店のお布団ですが・・・



このような感じで商品1つ1つビニールケースに入れられています。
これを茶色の梱包紙で包んで梱包します。

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

低反発枕に高反発枕、洗える枕、パイプ枕、そばがら枕、羽根枕、ラテックス枕、ビーズ枕…etc

枕といってもたくさんの種類がありますね。
素材による違いでもいろいろな利点や欠点があります。

しかし、枕の違いでよく聞く・または大事といわれているのは素材もですが
「枕の高さ」
じゃないでしょうか?

自分の体型や骨格にあった高さの枕じゃなければ、快眠はできない!!
とでも言うくらいのうたい文句の枕があったりもします。

確かにちゃんと測定して作られた枕は理論上からだに合うのでしょう。
しかし、好きな寝姿勢すら個人個人で違うのに一定の基準で枕の最適な高さを決め付けていいものか・・・?とも感じてしまいます。
しかもオーダーで作る枕は高い!!(この場合の高いはもちろんお値段です(^_^;))

ということで、枕が低いと感じる場合にはバスタオルなどでかさ上げをすればいいのですが
枕が高かったときの使い方について提案させていただきます。



または以前の記事から、こちらの記事にも枕の高さを合わせる方法が書いておりますので
参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1709146.html

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1810882.html
こちらで以前、冬に布団乾燥機を使う上での注意として、換気をしながら行うほうが良いと書いておりますが

当然!

梅雨時の方が注意が必要です。
寒い時期は湿度が低いですので、窓際などの外との温度差があるところは注意ですが
加湿器を付けるくらいですからね。

ところが梅雨時は締め切った室内で乾燥機を使えばただでさえ高い湿度のある空間に
布団の中に閉じ込められていた水分が出てきて、より湿気が増えてしまいます。

小雨程度なら窓を開け、扇風機を回して室内の湿気対策も行いましょう。
お布団は湿気を吸収しますので、吐き出した湿気がまた戻ってしまっては困りますので(^^ゞ



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

2017年度に実施した学校保健調査の結果、小中高校生でぜんそく、アトピー性皮膚炎が増加していると発表した。
という記事が出ました。

全国の平均と比較した結果、特に2011年を境に北海道の小中高校生のアトピーと喘息が増加しています。

北海道といえば空気がきれいなイメージがある人は少なくないと思いますが
なぜか北海道で増えています。

北海道は寒いので、気密性が高い部屋となり、結果カビや菌が繁殖しやすいからではないかとの考えもあるものの
2011年を境に増加する理由がこれだと説明できません。

他の都道府県別の調査結果が示されていませんでしたので考察も難しいところですが
これの要因がわかれば、また何か新しい発見があるのかもしれません。



みなさんならどう考えますか??

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ