布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

ダニ注意報!
 ダニの繁殖に適した条件は、温度が25〜30℃、湿度が60〜85%程度
格好の住処は布団の中!

引き続きあとぴいなうより、歩くことを推奨してきた記事ですが

良くない部分の情報も書いてありました。

それでも時間帯などを調節して、やはり運動を行うことはアトピーにも体にもいいことかもしれないとまとめてあります。

なかなか運動を継続して行うことは難しいですけどね。。。とも



アレルギーとお布団を考える店
腰痛対策敷き布団

引き続き、あとぴいなうより11-12月号より。

運動、主にウォーキングにおける健康にいい影響など情報をお伝えしました。

いよいよアトピー性皮膚炎との関係の記事がございました。

運動とアトピーに関しては昔から汗が悪いだのそうでもないだの

いろいろといわれています。

すぐに汗をきれいにできる環境ならいいとか言われておりますが・・・



アレルギーとお布団を考える店
腰痛対策敷き布団

スポーツの秋ということで、あとぴいなう11−12月号では運動をテーマにしてありました。

運動、その基本としては歩くということ。

昨今の日本人の平均寿命は皆さんご存知の通り年々伸びています。

同じように健康寿命も年々伸びております。

しかし、この寿命と健康寿命の差(つまり寝たきりなどの不自由な余生を生きる期間)も大きくなってしまっているとのことです。

はっきり言って、それは当たり前のことだと思うんですが・・・(^_^;)

理想としてはこの差を無くしたいくらいなんですね。

これは私が学生でスポーツや健康の勉強をしていたときから授業でもさんざん言われてきました。

運動を習慣的に行うことで、健康的に過ごすことができ、健康寿命を延ばす!

そしてそれにより、寝たきりや認知症などを減らし医療費の削減につながる!

こんなことを言われていましたが、



私はず〜〜っとこの考え方を

確かに健康にはいいんだろうが、医療費削減にはつながらないだろう。と思っていました。

結局医療費がかかる歳を先延ばしにしているだけだと感じます。

ある教授が言っていたことを今でも覚えているのですが、

「運動すると不健康になるよ」

という言葉。

スポーツ健康科学の領域を教えている先生からこんなことを言われてビックリしたことを覚えています。

もちろん運動習慣がある人の方がない人よりも心疾患の数が〜とか、そういうデータは知っている先生です。

この言葉は、『運動は万能じゃないよ』ということを言いたかったんだと思います。

運動には怪我が付き物。高齢者がもしウォーキング中に転んで足を骨折なんかしたら

高い確率でもう歩けなくなります。こんな例もあるのですが

長くなってしまいましたがとにかく。。。(^_^;)

今回のあとぴいなうでは、歩くことの効果などが載っています。



アレルギーとお布団を考える店
腰痛対策敷き布団

暖かい布団は分厚い。このイメージがつくのは当然です。

毛布に関しても、うす〜く軽い毛布は暖かくないんじゃない??と思われる方も多いと思います。

確かに厚みが合ったほうが暖かい毛布というのは多いと思いますが

そうでもない場合もあったりするので注意!

厚みがあっても、重すぎる毛布だと・・・



軽い毛布で大きな保温層に蓋をして暖かくお休みすることも出来ます。

もちろんただのペラッペラ薄い毛布がいいといっているわけではございません。

マイクロマティークの毛布などはやはりお勧めです。

なんでこんな薄くて軽い毛布が高いんだろう!?という毛布はそういう保温力が高いものかもしれませんね(^^)b

アレルギーとお布団を考える店
腰痛対策敷き布団

このページのトップヘ