布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2008年09月


スリーパーのご要望

「アレルギー対策スリーパーを作って下さい。」
このようなご要望は多いです。

ですが、作っておりません。

というか、私自身、スリーパーの考え方には反対だからです。
作れば売れるのでしょうが・・・

スリーパーは、
子供の寝相が悪くて布団を跳ね除けてしまうとお悩みの親御さんの願いでしょう。

ですが、何故布団を跳ね除けてしまうのか?というと、
子供は大人の感覚より暑がりだからです。

大人と同じ感覚で布団を掛けてあげると
暑いので布団を跳ね除けてしまうのです。

まず、その点を考慮してあげて下さい。

次に、スリーパーは、
暑くっても脱げません。

寝汗が溜まって気化熱を奪われると、
逆に風邪をひかせてしまうという心配がございます。

さらに、暑くっても脱げないというストレスが心配です。

また、いつまでもスリーパーに寝せていると、
普通の布団を使う(自分で調整する)ことを覚えるのが遅くなり、
お泊り体験などの時が心配です。

以上が、あくまでも私の意見です。
もちろん、良い点もあるのでしょう。



一人暮らしの布団

お子様の一人暮らしや独身の男性の方は、
私も経験がありますが、
おそらく万年床でしょう。

畳の上の万年床・・・
 パイプベッドの万年床・・・

まあ、布団上げも布団干しも不十分でしょう。

で、結果は、じめじめ布団で敷き布団の裏なんかはカビていたり・・・
私も学生時代は、そうでした(^^ゞ

この時期、お子様の冬用の布団を買い替えたり買い足したり、
冬用布団に交換したり・・・

そんな方も多いでしょう。

そこで一つご提案があります。
敷き布団の下に敷く除湿シートが市販されています。

ホームセンターやネットショップで販売しています。
(残念ながら当店では扱っておりませんが)

安いものは、吸った湿気を干して使うタイプ。
高めのものは、洗う事も出来るタイプ。。。
どちらにしても、わりとお手頃価格で売っています。

冬用布団と一緒に、ついでに送ってあげて下さい。
効果的なアイテムです。


ペットの毛

アレルギーでお悩みの方の中には、
「ペットの毛は良くないと分かっているけど・・・家族の一員だから。」
とおっしゃる方は多いでしょう。

アレルギー関連資料には、
「ペットは飼わない。」と書いてあります。

でも、それはそうでしょうが・・・
という話ですよね。

私の尊敬するアレルギー専門医の先生は、
「今まで飼っていたペットを見放すわけにはいかないでしょう。
 出来るだけシャンプーをしてあげて下さい。」とおっしゃいます。

さすがは血が通ったアドバイスをする先生です。

そこで、コマーシャルになってしまいますが、
今まで、どうすることも出来なかったこの問題も、
アレルバスターという加工技術が解決してくれます。

この加工は、各学会でも発表され、
アトピー協会にも認められた安全で効果的な日本の技術です。

それを使った、スザキーズ(アレルバスター加工)高機能布団カバーを開発販売しています。

ここではペットの毛にスポットを当てて説明しておりますが、
ダニアレルゲンを始め花粉アレル物質をも抑制してくれる優れものです。



※アレルバスター®は、積水化学工業株式会社の加工剤に関する登録商標です。


ベッドをお使いの方へ

先日も書きましたように、今からの時期はダニハウスダストが
より心配な季節です。

アレルギーでお悩みの方は、
お掃除の徹底がより一層必要です。

その中でもマットレス付きのベッドにおやすみの方は、
マットレス自体が洗えないので、
ベッド下やベッド回りのお掃除をしっかりやって頂くこともお願いしておりました。

そこで、ベッドのフレームをよく見ると埃が薄ら白っぽく付いていると思います。
これは言うまでもなくハウスダストです。

それだけ室内に舞っていることの証拠です。

これは、拭きとっておくべきですね(^_-)-☆
マットレス下の底板も拭き掃除をしてください。

このようなお掃除は面倒なようで、
さほどの時間は必要ないと思います。

そして、こういうお掃除に気を付けていただくと、
スプリングマットレス付きのベッドにおやすみでも、
ハウスダスト対策になります。

大掃除のようになってしまうと
時間もかかり大変な作業になりますので、
ベッドに風を通される時にまめにやって頂くと
そこまで苦にならなくて済む作業です。

ぜひ、習慣化して下さい。



寝汗布団の応急処置

寒い夜があったかと思えば、
思いがけなく暑い夜があったりして・・
寝汗をかいてしまった(^_^;)

しかし、夜まで帰って来れない。。。

そうなると布団干しも出来ませんね。
ご帰宅後に布団乾燥機で乾かせばいいのですが、
そうもいかない・・・

そんな時は、お出掛け前に
椅子の上に載せて出掛けられるだけでも、
ある程度、寝汗は飛んでくれます。

朝の忙しい時間でも簡単に出来ますし、
こうするだけでも、夜は比較的快適におやすみになれますよ(^^)v



見えない布団の中身!

先日、実店舗に地元のお客様が来店され、
『まだ、打ち直しってやっておられますか?』
と、ある有名キャラクターの可愛い布団を持って来られました。

※リサイクルという意味では必要なことですので、
 手間がかかり儲けにはつながらないのですが、
 アレルギーが無い方に限って、打ち直しもまだ続けています。

そこで、いつものように布団側の一部を解き
中身をお客様の目の前で見てみました。

「わー!」
残念ながら、中わたは決して上質のものとは言えませんでした。
お客様も一目瞭然!

そこでお客様は、『安くなかったんですよ。』と・・・

「そうでしょうね。キャラクター料が発生するので安くは売れないはずですから。」

実は、こういうケースは少なくはないのです。
別に品質表示も内容物と違っているわけではないのですが、
同じ綿やポリエステルにもピンからキリまでありますからね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

本当は、その写真を載せた方が1番わかりやすいのですが、
風評被害が起きるとマズイのでイラストにしています。



すべてアレルギー対策布団です

弊社オフィシャルサイトをご覧になって、
「どれが、アレルギー対策布団ですか?」というお問い合わせも
時々いただきます。

「全て、そうです。」とお答えするのですが、
もっと言えば、
「逆に、アレルギーに悪影響を及ぼすような商材は一切載せておりません。」
アレルギー対策寝具の専門サイトなのです。

しかし、アイテム数が多いために
「どれが自分に合っているだろう?」という事だと思います。

ですので、以下に簡単にまとめましたので、
ご参考になれば幸いです。

インビスタ布団

スザキーズ布団

ダニシャットアウト布団

マイクロマティーク毛布

ブレスエアー

アレルバスター高機能布団カバー





床に敷き布団

「フローリングに敷き布団1枚で痛くないですか?」
よくあるご質問です。

当然の疑問ですよね。

詳しくは下の図を見ていただけると
お分かりになると思います。

底付き感はありませんので、
個人差はありますが、痛くはないと思います。

しかし、先日から書いておりますように、
薄い敷き布団ですと冬場の保温力は物足りないと思います。

敷きパッドを併用したり、
寒がりの方には、マイクロマティーク敷き毛布パッドもお勧めです。

また、「腰痛があるのでフローリングに直敷きは心配。。。」
そんな方には、ブレスエアー内蔵完全脱着式敷き布団がお勧めです。

一方、三層式敷き布団や完全脱着式敷き布団ですと、
十分な厚みがありますので、保温力も確保され、
基本的に、これ1枚で快適です。

それでも、極度の寒がりさん や 冷え症の方には、
前述の敷きパッドやマイクロマティーク敷きパッド等をお勧めします。



ダニの死骸が粉状に!

ダニの増殖時期が終わり、
一安心という訳にはいきません。

むしろ、今からの時期が要注意です。

夏の間に増殖したダニは、
この時期、気温も下がり大量に死骸となります。

そして、空気も乾いて来ますので、
粉状に(パウダー状に)なり、室内にハウスダストとして蔓延します。

アレルギー体質の方にとっては、
それを吸ったり、肌を刺激したり・・・
悲惨な状態になるのがこの時期です。

今まで以上に、拭き掃除を中心としたお掃除が必要です。
もちろん、布団への掃除機がけもお忘れなく(+_+)




敷き布団に重ねるモノ

昨日、敷き布団にボリュームを持たせるために
お持ちの敷きパッド等を重ねる・・・という内容を書きましたが、
ここでご注意頂きたいことが、

重ねることにより埃っぱくならないようにすることです。

そのためには、ダニハウスダストが心配なものは使わないこと!
洗えるものがお勧めです。

また、そうすることによって、
ついつい、敷き布団を干すということを忘れがちになります。

「敷きパッドだけ干せばいいや・・・」は間違いです。

一方、マットレスのご愛用者も多いでしょう。
しかし、以前に書きましたように
古くなってくるとダニハウスダストが心配なアイテムです。


このページのトップヘ