布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2008年12月

カタログ写真撮影

実は、来春ある全国雑誌に当店の高機能布団カバー
特集いただくことになり、
改めて写真スタジオに写真を撮りに行きました。

4枚ほど写真が欲しかったのです。

広いスタジオに中央の高い脚立に乗っていらっしゃるのがカメラマン!
布団全体を撮るためには意外と広いスペースが必要なのです。

そして、商品の位置合わせ等を、やって頂いている方が2名、
画像に映ってはいませんが、
布団カバーのシワが無いようにアイロンがけをして頂いた女性、
計四人がかりで、
見ているだけの私は、プロの仕事に大満足!

四枚撮るだけでも、所要時間一時間半!
良い写真が撮れました!

雑誌に載ったら、また紹介しますね(*^^)v



帰省アレルギー

そろそろ、帰省される方もいらっしゃるでしょう。
年末年始楽しみですね(^_-)-☆

ですが、アレルギーっ子の帰省アレルギーというものが、
毎年起こり、楽しいはずの休暇が台無しになるという話はよくあります。

第一の原因は、
ご実家でずっと押し入れにあった客布団に寝ることによる
カビ、ダニ、ハウスダスト等のアレルゲンです。

このことは、事前に善処出来ることですので、
必ずチェックして下さい。

理由をきちんと丁寧に説明すれば、
ご実家の方も気分を害されることはないでしょう。

ご主人のご実家の場合は、ご主人に言ってもらって下さい。


二段ベッドの上段に

ご兄弟でもアレルギーっ子とそうでない子が・・
不思議とそういうケースはありますよね。

もし二段ベッドでしたら、
アレルギーっ子を上の段に寝かせてあげて下さい。

でも・・・
二人ともアレルギーっ子の場合は、
やはり、ベッドの拭き掃除等、上段下部分の拭き掃除も
お願いします。



年内お届けOK

この時期、「年内に届きますか?」とのお問い合わせが急増します。
ですので下図にまとめました(^^)v

書いている日にちに発送すれば年内お届けが可能です。
例えば、関東方面ですと、
27日(土)に発送すれば、29日から30日に届きます。

ですので、26日までにご注文頂くと間に合いますし、
上手くいけば、27日お昼ごろまでのご注文も間に合います。

また、下図の日にちまでに発送すれば、
元日のお届けも可能です。

でも、出来るだけ早く発注して下さると助かります(^_^;)


この時期にも布団干し?

「冷え込む毎日でも布団干しをした方が良いでしょうか?」
こういうご質問も増えて来ますが、
布団干しが出来る環境にある方は、
気温が低くても晴れた日には日干しされることをお勧めします。

日光消毒効果がありますからね(^_-)-☆

そして、お布団が冷たくなったとしても、
その後に布団乾燥機で暖められるといいですから。

もちろん布団干しが出来ない方は、
布団乾燥機でまめに乾かして下さいね(^_-)-☆

布団のメンテナンスは、
1に乾燥2に乾燥!

べつに長時間する(干す)ことが良いことではありません。
ジメジメした布団が1番最悪です。

布団の為にも、健康的にも、暖かさの為にも、快眠の為にも、
ご自分なりに無理な(作業)負担にならないように工夫して
いつもお布団が乾燥しているように心がけて下さい。




電気毛布!

冷え症で、電気毛布の愛用者も少なくありません。
特に高齢者に多いようですが、
布団に入って自分の体温により布団に暖かい保温層を作り暖まるという、
自然な暖まり方とは違い、強制的に暖めるという意味で、
使い方に注意する必要があります。

また、電気毛布のご愛用者は、
かなり冷え込む夜も、そこまで冷えてない夜も・・・
毎日毎日、使われ続けます。

これでは、体がおかしくなるのも容易に推測できます。
くれぐれも、電気毛布に付いている取扱説明書の注意書きは厳守してください。


冷え性対策!

『こんなに着込んで寝ているのに暖まらない・・・』
こんな方は、布団の機能を最大限に発揮できるような使い方を
されていない場合があります。

冷え症のあまり、
体近くに、暖かそうなものを着込んでしまうのです。

ですが、それは逆効果なのです。
布団の優れた保温力を生かしきれない結果になります。


下図のように改善すると、
最初は、暖かくなさそうな・・・
 物足りなそうな感じで不安でしょうが、
  5分もすれば、ポカポカ感が味わえますよ(^^)v




埃っぽさ度チェック

ご存知のようにハウスダストを1番出しているのは布団です。
しかし、ハウスダストは目に見えません。

もし、目に見えるような埃が出ていたら、
推して知るべし!

そこで、お宅の布団から赤信号ほどのハウスダストを出しているのか?否か?は、
布団カバーの四隅を見れば点検できます。

ココに、目に見えるほどの『中わたの屑』が溜まっていれば赤信号!
かなり大量のハウスダストを出しているはずです。

仮に、ココを見ても何も溜まっていなくても、
布団を敷く時や布団を上げる時に、
空気清浄機の埃センサーが稼働するようであれば、
黄色信号!

アレルギーでお困りの方は、
是非点検してみて下さい。



足元への工夫

寒くなっていますね〜
『靴下をはかないと眠れない。』
なんて方も多いでしょう。

足元が暖まらないと、寝付けませんからね(^^ゞ

また、背が高い方の悩みで、
足が出そうで、「く」の字に眠っている方も
いらっしゃるでしょう。

私は、174センチですが、
今の規格サイズ210センチでも、
お行儀よく寝ないと足が出てしまいます。

そんな方は、下図のようにされると、
足元がポカポカで、
寝相が悪くても、掛け布団が動かず、
朝までポカポカです(*^^)v



羽毛布団を洗う?!

洗濯機が大きいから・・・
コインランドリーが近くになるから・・・
風呂場でも洗えるから・・・

でも、ご家庭での羽毛布団洗いは厳禁です!
本来の機能が失われたり、
害虫が付きやすくなったりしますよ。

特にアレルギー体質の方で、
羽毛布団は良くないと分かっていながら、
洗えば大丈夫だろう!と思われる方がいらっしゃるかも?

でも、絶対絶対絶対!!!
やめて下さい。
ダメです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

逆に悲惨なことになりますよ。



このページのトップヘ