布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2009年03月

寝具価格の相場

相変わらず、高過ぎる代金を払われている方は多いです。
当店にも以前から、
「訪問販売から○○を買ったのですが、○○の代金って、
 こんなに高いものなのでしょうか?」というお問い合わせがあります。

この場合は、クーリングオフで返品できることはご存じでしょう。
高過ぎる(相場からすると高過ぎる)と私が判断したケースは、
『是非、クーリングオフで返品する旨を内容証明で通達して下さい』と
アドバイスします。

しかし、本当は、ご検討段階で相場を知ることが大事です。
でも、なかなか分からないのが寝具関連の価格相場です。

高級で高い物を買われるか否かは、
お客様の自由ですから問題ないのですが、

高級でもない物を法外なお値段で買われる羽目になったり、
高級であっても、それは業者側の儲け過ぎだろう。。。という場合は、
お客様の不利益ですし、私も黙ってはいられません。

なぜなら、もちろん道義的に・・・ということもありますが、
真面目にやっている布団屋さん達までイメージダウンになるからです。

ご検討段階で、業者から提示された価格に疑問を待たれたら、
私までメール下さい。

当店から、お買い物されるされないは関係なくアドバイスします。

(出来るだけ電話でなくメールでお願いしますね。
 もし、販売業者がお宅にいる時にお電話されますと
 その業者から営業妨害と言われ兼ねませんので。)



小さすぎる枕

枕の高さについては先日書きましたが、
サイズも快眠の重要なポイントです。

もっとも一般的な枕のサイズは、
43×63センチですが、
これくらいあれば大丈夫ですね。

しかし、それより小さいサイズの枕も少なくありません。
あなたの枕のサイズも点検してみて下さいね(^_-)-☆


背骨のS字カーブ


この言葉は、聞かれたことがあるでしょう。
人間は立っている時は、絶妙のバランスで立っています。

バランスが良いから立っていられるとも言えるでしょう。

ですから、そのままの状態で寝ることが出来たら1番バランスが良いということになります。

しかし、敷き布団に、そのバランスを保てるような機能が無ければ、
背骨のS字カーブが不自然になり、
腰が痛くなったりするわけです。

結論としては、当店の敷き布団のような適度な硬さの敷き布団が良いわけです。
硬過ぎても柔らか過ぎても良くありません。

また、なぜ枕が必要なのか?
この問題も、前述のことが理由で、
立ち姿に近くなるようには、枕をあてる必要があるという訳です。




枕の高さ

枕の好みは十人十色です。
その中でも基本的な基準は高さの問題。

自分の寝ている枕は、ちょうど良い高さなのか?
下の図でチェックしてみて下さい。

さらに言えば、
自分ではちょうど良い高さと思っていても、
肩こりや首筋のこりが気になる方は、
もしかしたら、枕が高過ぎるのかも知れませんよ。

また、どうも就寝中に口呼吸になっていて、
朝方喉が痛い日が多いという方は、
枕が低すぎるのかも知れません。


馬糞紙のシミ

この時期、衣替えによるクローゼット等の整理をされる方も多いでしょう。
その際、頂き物のギフトやカバーの買い置きなど、
パッケージのまま収納されているものが見つかったりしませんか?

そういうモノは、是非、箱から出して、
もちろんビニールもはずし・・・
そして、中の芯部分に挟んである馬糞紙もはずして下さい。

いざ使おうと思った時、「わー!シミが・・・」ということになってしまいます。

ご用心、ご用心(^_^;)
宝の持ち腐れになりますよ。


綿布団の埃

綿布団の埃は古くなってくるほど多くなります。
これはご使用中に起きる《わた切れ》

わた切れとは、中わた素材の綿繊維が、擦り切れてしまうものです。
よく布団干し後に布団を叩くと、わた切れを起こす・・・と言いますよね。
あれです。

ですが、布団を叩かなくても、わた切れは起きます。
ご使用中に、わた切れがあるのは仕方がない事で、
布団を叩くからというのが原因と言うよりも、
ご使用中にわた切れを起こしてくるという表現が正しいと思います。

ですので、布団干し後に掃除機をかけないのであれば、
軽く布団叩きで、埃を出してあげる方がいいです。

もちろん、理想は、布団干し後に掃除機がけですがね(^_-)-☆

そして、このわた切れして粉状になった物と
ダニアレルゲンやカビアレルゲン等などが一緒になり・・・
埃として布団から出て来てしまうのです。

下の画像は、話よりも目で見て確認して頂きたいと思い、
当工場の打ち直し時に集塵機により集められた埃です。

普通の人は、なかなか見ることが出来ないと思います。




低反発と高反発

低反発素材の寝具というのは皆さんご存じでしょう。
流行りましたよね。

もちろん、今も流行っていますが(^^ゞ

しかし、高反発素材というのも寝具商品にはあります。
こちらは、低反発素材よりも知名度は低いでしょう。

んんん???
と思われる方もいらっしゃるでしょうね。

低反発素材商品は、いろいろなメリットを謳い、
理想の寝具のようにセールスされていましたよね。

であれば、真逆の高反発素材は良くないということになります。
不思議に思いませんか?

でも、高反発素材にも理想的な寝具という機能を謳っています。
という事で、両者の特徴を端的にまとめました。

それぞれに寝具に適した機能は存在します。

(ちょっと、ここだけの話・・・)

これらの低反発素材や高反発素材商品を布団業界が発売する理由は、
理想的な寝具開発の追及もありますが、
何か真新しい新機能をアピールすることにより
布団を買い替えてもらおう!というのが見え見えです。

もちろん、素晴らしい商品もあります。
ですが、ちょっと高額商品になりますね。

ここまでは、良いのですが・・・

問題なのは、これらの「低反発」「高反発」というキーワードを利用して、
売ることだけを目的とした商品
(あまり、本来の効果がなく、その他の部分の素材が粗悪な安価なモノ)が
出回って来るのが常です。

ご用心下さい。


寝る時はパジャマ

スポーツウェアやジャージを部屋着として使っていらっしゃる方は多いです。
それはそれで良いのですが、
そのままの姿で寝られる方や、
パジャマ代わりにジャージを使われる方も少なくないようです。

しかし、それは健康的な眠りを得るためには、
あまり良いこととは言えません。

パジャマというモノは、
寝る時に着ることを想定して作ってあります。
当然ですが(^^ゞ

薄手の生地が使用され寝返りしやすいこと。
寝返りをしにくい厚地ですと寝起きに疲れが残るような状態になります。

また、吸湿性や通気性に優れており、
先日書きました寝床内環境も快適です。

そして、ちょっぴりゆったりサイズのパジャマが最適です。
ズボンのゴムもきつくない方がいいですね。

もちろんパジャマだけではなくネグリジェタイプも良いことは言うまでもありません。

一方、ジャージというモノは、
寒い外気温から体を守る機能をもっており、
布団の中が自分の体温で暖かくなり過ぎた時でも
体温を逃がす機能が少ないため、
寝汗をかきやすかったり蒸れたりします。

さらに、その湿気を発散する効果も低いため、
とても健康的な眠りは期待できません。

そして、もうひとつ、
快眠を誘うためのリズム・・・
聞いたことありませんか?

入眠儀式と言ったりしますが、
皆さんも寝るまでの時間の過ごし方って
割と一定していたりしませんか?

いつもと違う事をすると寝つきが悪くなったり・・・

ですので皆さん、寝る時はパジャマに着替えるという事を
習慣化されることをお勧めします。

パジャマに着替えることにより、脳が「寝る時間だな!」と判断して
寝つきが良くなることもあります。

そして、健康的な眠りを得ることが出来ます。




厚物洗濯後の干し方

昨日、我が家のベランダに布団カバーが斜めに干してありました。
妻曰く、あのテレビ番組「伊東家の食卓」や、知恵袋情報等に
紹介されていた干し方だそうです。

今回は布団カバーの洗濯後に、このように干していましたが、
マイクロマティーク毛布などの厚物の洗濯後も、
斜めに干しているとのこと。

「で、どう?」と聞いてみると、
「断然早く乾く!ビックリするくらい!!!」だそうです。

まだご存じでなかった方、試してみる価値がありそうですよ(*^^)v




腰痛持ちの方へ

「腰痛持ちなのですが、敷き布団は硬いですか?
 柔らかい敷き布団だと腰が痛くなるので・・・」

このようなご質問も少なくありません。
ですが、硬ければ良いというモノでもありませんので、
今日は、ちょっと図を書いてみました。

当店の敷き布団は、適度な硬さの敷き布団を目標に作っています。



このページのトップヘ