布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2009年04月

超極薄肌掛け

新発明新発売です。
実用新案申請も3月に提出しました。

まだ、詳細は発表できませんが、
興味がある方は問い合わせてください。

すでに商品は作れます(^^)v


人気の枕

フォスフレイクス枕!
おかげさまで人気です(^^)v

1番受けているのが洗えることと熱がこもらないことです!
・・・あまり書くとコマーシャルになり、いやらしいので割愛(^^ゞ

さて、この枕は、お好みの形になりやすく、
お問い合わせも多いので図を書きました。


ベッド下の掃除

もう花粉の時期もほぼ終わり、
お部屋の換気も、思う存分できるようになりましたね。

ところで、あなたのベッド下は大丈夫ですか?
きれいですか?

ベッドをお使いの、ほとんどのご家庭で、
この部分に必ず埃や(カビ菌)が溜まります。

定期的にお掃除されているとは思いますが、
忘れないように、まめにやって下さいね。

この部分は、空気が淀んで動かなく袋小路!
ですから、どうしても悪い物が溜まって来ます。

そして、掃除を怠ると、
その悪さをする奴がベッド手前まで蔓延ってくると・・・

ドアの開け閉め等だけでも部屋中に舞い上がるようになります。
もう、こうなったらアウト!

※ドアの開け閉めは、結構空気が動くものです。
 ドアの開け閉めで奥のカーテンが揺れるのを見られたことがあるでしょう。


肌掛けについて

もうそろそろ、夏用の肌掛けをご検討の方も多いでしょう。
よくあるのが、市販されている薄いガーゼケットのようなもの。

ホームセンター等に安く販売されていますよね(^_-)-☆
安くて暑苦しくなく爽やかに使え、
楽に洗えるので、
お値段の割には使い勝手が良い消費です。

ですが、
アレルギーをテーマにしている布団屋として一言。

アレルギー体質の方の場合、
以下のようなことに注意して、ご検討下さい。


帰省アレルギー

もうすぐゴールデンウィーク!
帰省される方も多いでしょう。

今日は、毎年お願いしている事!
正確に言えば、連休前の度にお願いしていること!

それは、帰省客を迎えられる方へのお願いです。

連休後に必ずメールを頂くのですが、
「帰省したら、喘息の発作が出て救急車で病院に行きました。
 楽しみにしていた子供も、遊ぶことも出来ず
 他の者も暗い雰囲気になり台無しの休暇になりました。」

こんな事が無いように大変でしょうが次の図の作業をお願いします。

これもいつも言っていますが、
ご主人のご実家の場合は、ご主人から、
奥様のご実家の場合は奥様から、
理由をきちんと説明して、
くれぐれも角が立たないようにお願いして下さい(^_^;)



 

家中の花粉

スギやヒノキの花粉症の方!
長い間、大変でしたね(^_-)-☆

もう、そろそろ解放されます。
お疲れ様でした。

ですが、外での症状は落ち着いて来たのに、
家に入ると、どうも、また・・くしゃみが出たり鼻水が出たり・・・

それは、明らかに家中に花粉が残っていて、
人が動いたり、窓からの風が家中の花粉を室内に舞わせたりするからです。

花粉が残っていそうな所を拭き掃除を中心に
お掃除されると、世界が変わったように症状が無くなるかも知れませんよ。

(掃除機を使われる時は、十分な換気を!)


毛布1枚で?

随分、暖かくなってきましたね。
もう掛け布団は暑いので、毛布一枚でおやすみの方はいらっしゃいませんか?

綿毛布だったら、まだ良いのですが、
アクリル毛布だけを掛けておやすみの方は
風邪を引きやすい状態になりますのでご注意ください!

冬用の掛け布団が暑くなったら、
春用の、ちょっと薄めの掛け布団に替えて下さい。


春眠暁を覚えず

「春の夜はまことに眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまう。」
このように辞書には書いてあります。

でも、ぐっすり寝たはずなのに昼間も眠気が・・・
それほど気持ちが良い季節だということでしょうか?

それとも夜の眠りが浅いということでしょうか?

休みの日に、ごろごろ昼寝をしていると
ずーっと眠い。。。
「寝ても寝ても眠い。。。」
こんな経験はありませんか?

ある意味、正しい休日の過ごし方かもしれませんね(^^ゞ
しかし、ウィークデーは、そういう訳にはいきません。

朝起きたら、スィッチを切り替えないと!
そうです。
起床時間には、体内時計をリセットする必要がありますね(^_-)-☆

その為には、朝日を浴びること!

これは、環境が許せばということですが、
私は、寝室のカーテンを閉めずに眠りに入ります。

すると、朝6時ごろから夜明けとともに朝日を浴び始めます。
この状態で30分もすると自然に目が覚めて、
もはや寝ていられない状態になります。

興味がお有りの方は、ぜひ一度お試しあれ(^^)v



これは私が作った画像です。
使いたい方は、ご自由にダウンロードして下さい。
こんなへたくそな画像は誰も要らないか(^^ゞ

エピペン

今日は布団の話ではありませんが、
アレルギーをテーマにしている布団屋ですので、
関係者の方にご参考になればと思い書いてみました。

食物アレルギー!
本当に大変なことです。

そういうお子様をお持ちの親御さん、
本当にご心配ですね。

アナフィラキシーを、いつ起こすかびくびくの方も少なくないでしょう。
除去食を始める時も、そろそろ良いかな?と思う時も、
素人判断ではなく、必ず医師の指導を仰ぎ、忠実に守って下さい。

子供の成長期に、あまりにも除去し過ぎることも栄養面でよくありません。
何が食べられて、何が食べられないか。。。
食べられないモノは、どれくらいの量だったら食べられるのか?
時間をかけて、徐々に食べられるようにする。。。
等など、医師の指導のもとに慎重に見極めることが必要です。

それでも、アナフィラキシーショックを起こしてしまう危険性もはらんでいます。

「エピペン」!
知っている方にとっては常識でしょうが、
もし、ご存じない方は医師にご相談ください。

また、学校においては、給食時に保護者から除去食を依頼されているケースも多く、
かなり気をつけて頂いているようですが、
アナフィラキシーショックになった時の対処法は
まだまだ不十分と言わざるを得ません。

その危険性が緊急性を帯びているために、
保健室で休ませておくという訳にも行きません。

日本では、保護者がエピペンを買って学校に預けておくという制度は
あまり聞いたことがありません。

いざという時に先生は処置できないでしょう。
エピペンを打つことは簡単でしょうが、
それを実施できる制度が確立していないようです。

アメリカの一部には、
エピペンの講習を受けないと先生になれないという所もあるそうです。

子供を学校に預けている時間は、
保護者が対処することは不可能です。

食物アレルギーによるアナフィラキシーショックは、
短時間で死に至る可能性があります。

学校側は、除去食を気を付けてあげることだけでは、
全く不十分です。

エピペンを打つこと自体は難しいことではありませんので、
学校関係者の上の方の機関の方々は、
是非、もっと真剣に考えて
先生もエピペンを打つことができる制度を確立して下さい。

AEDもエピペンも緊急性は同じ!



毛布の埃

アクリル毛布を愛用の方は多いです。
毛布と言えばアクリル毛布と言えるほどですね。
二枚合わせ毛布も流行りました。。。

しかし、ご存知の通り、
アレルギー体質の方には向かないアイテムです。

それは埃っぽいアイテムだからです。

普通は白っぽい物より色が濃い方が汚れは目立たないというのが常識ですが、
毛布を販売する時に、色が濃い毛布は白っぽい埃が目立つので、
逆に、色が淡い毛布をお客様に勧めたものです。
(当店では、すでにアクリル毛布の販売はやめております。)

最近、色目が薄く淡い感じの毛布が多くなっているのは、
シンプル志向で優しい色合いが流行りなのと同時に埃が目立たないように
そうなっているのかも知れません。

しかし、逆に考えれば、目立たない埃がたくさん付いているかもしれませんね。
そして、それに気付かずに使っている可能性が心配されます。

そこで、昔の(色が濃い)毛布を引っ張り出して来て、
静電気を測ってみました。

これでは、埃がくっ付くはずです。




このページのトップヘ