布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2009年06月

布団のダニの数

家の中の何処にダニが1番多いのか?
じゅうたん?
たたみ?
カーペット?

いえいえ。
やっぱり布団が要注意!

以下の資料は、普通の布団の場合です。
だから、ダニが付きにくい布団をお勧めしている訳です。



アレルバスター加工

高密度カバーの通気性と高過ぎる価格に疑問をもつ当店では、
私が厳選した生地にアレルバスター加工を用いたオリジナル
高機能布団カバーを販売しております。

(最近、高密度カバーでも安価な物があります。ただし、その品質には疑問あり。)

アレルバスター加工自体、
日本アトピー協会推薦の加工ですが、
当店のオリジナル高機能布団カバーは独自に推薦していただき、
弊社独自の承認番号も頂いております。

要するに、アレルバスター加工カバーは
他店にも数点紹介されていますが、
それらの商品を取り寄せて吟味し
もっと良いものが出来ないかと研究し
私が納得のいくようなものを作り出したということです。

ですので、スザキーズ高機能布団カバーは、
他店のアレルバスター加工布団カバーとはちょっと違う逸品です。

理想的には、スザキーズ布団にこの高機能布団カバーをされると
鬼に金棒なのですが、

スザキーズ布団を使っていれば普通の市販のカバーでも
アレルギー対策として十分に活躍できる旨、
本サイトの「よくある質問Q&A」でも、ご説明しております。

逆に、布団はスザキーズ布団ではなく、
どうしても今使っている布団を使いたい。。。
まだ新しいので布団の買い替えまでは出来ない。。。
そんな方には、このスザキーズ高機能布団カバーを使えば、
アレルギー対策になります。

では、この布団カバーの根幹をなすアレルバスター加工とは・・・
百聞は一見にしかずという事で、
次の動画をご覧ください。



詳細ページはこちら

すぐご注文の方はこちら

(注)本サイトの「スザキーズ」ページの下の方にご紹介している布団カバーは、
   この高機能布団カバーではありません。
   綿100%のカバーで前述の「良くある質問Q&A」の説明にある布団カバーです。
   このカバーも、普通の市販のカバーとは違い、国産のこの種の生地では
   もっともハイレベルな生地を使用しています。

   

アトピーナウより

日本アトピー協会の賛助法人会員という事で
定期的に会報誌が送って来ます。

今回、梅雨の時期のアドバイスページに
分かりやすくまとめられた部分がありました。

皆さんにも是非読んで頂きたかったので
以下にご紹介します。



梅雨のカビ対策

ちょっと油断するとカビが生えてしまう梅雨!
でも、お仕事で夜まで帰宅できないため、ほとんどカビ対策が出来ない。。。
週末の時間でお掃除をするしかない。。。

そんな方は多いでしょう。

この時期の湿度の高さは仕方がないとしても、
1番マズイのは、お部屋の中の空気が動かず淀んでしまうことです!

さらに、この時期の布団は寝汗をいっぱい含んでいます。
敷きっ放しは、『カビさん生えて下さい。』と差し出しているようなもの!

ジクジクになった布団は、すぐ押し入れに収納して出掛けるのもマズイ。。。
お部屋の片隅にでも畳んで、扇風機を30分でも当ててあげるだけでも随分違いますよ。
タイマーで切れるようにセットしておけば安全ですからね。

もちろん、在宅時は布団乾燥機!

そして意外に盲点なのが、
家具と壁の接する面!
空気が淀んでしまう部分なので、
壁紙にベットリ・・・カビ!!!

賃貸のお部屋ですとマズイのはもちろんですが、
この部分からカビの胞子が部屋中に飛んだら大変です!


環境整備

アレルギー疾患を改善するには、
医師と本人はもちろん、
ご家族の協力が必要です。

それはアレルギー対策としての環境整備!
今日は資料を引用して整理してみましょう(^O^)/


一流メーカー?

昔、商品の品質はメーカーでほぼ選別出来ていました。
例えば実店舗にお買い物に来られたお客様に、
「○○メーカーの物ですから間違いありませんよ。」と
安心して自信を持ってお勧めしておりました。

実店舗では他のメーカー商品も仕入れ販売やってますからね。

しかし、今ではその神話が崩れています。
これは寝具業界が不景気になって来てからの傾向ですが、
やはり高級品だけでは消費者に見放されてしまうという危機感からか
低価格の物もラインナップするようになったのです。

そのこと自体は悪いことではないのですが、
低価格商品にするためにブランドのプライドを捨てたかのような、
商品も少なくなくなってしまったのです。

何度かメーカーに改善を要求したのですが、
一事業者の意見が通るはずもなく、
そういうモノは他のメーカ―を勧める。。。

こんな感じでやっています。

安かろう悪かろう商品は、
専門店である以上置かないようにして。。。

こうなってくるとメーカーブランドも信じられない時代になりましたね。

唯一目安として信じられるのは、
ぼったくりのない信用ある店で、
実売価格が高い商品が高品質の商品。
安いのが低品質商品。

このことは今のところ言えると思います。

※今日のコメントは特定のメーカーを批判するものではありません。


室内干しとカビ

梅雨の時期、室内干しは良くないと分かっていても仕方がない。
忙しい毎日ですからね。

しかし、室内干しによる悪影響は部屋全体に広がります。
特にマズイのが、カビ!

布団が敷きっ放しになっているお部屋での室内干しは、
部屋全体もそうですが、布団にカビが生える原因になります。

お部屋の壁等は良いカビ取り剤でカバーできますが、
布団にカビが生えてしまったら、
取り返しがつかなくなります。

布団につくカビは黒点のような物が広がる感じ、
これはお洗濯でも消えませんし、
カビが付いたお布団に寝ていると健康を害する恐れが出て来ます。

では、どうすればいいのか。。。

除湿機を使ったり布団乾燥機を使ったり、
洗濯物はコインランドリーに持って行って乾かしたり。。。
色々なツールや方法を使って、細かく対処すれば完璧に出来るのでしょうが、
なかなか、そこまで時間を使うことも出来ない。。。

そこで、ポイントは風!
扇風機を活用するだけでも、
かなりの効果が期待できます!


除去食レシピ

食物アレルギーっ子をお持ちのお母様、
毎日のお料理・・・・お疲れ様です。
大変だとは思いますが、
避けて通れないことですね。

今では、ネットでもたくさんの食材が販売されていますので、
かなり便利にはなったと思いますが、
手作りの除去食レシピは、たくさん持っていた方が良いですよね。

独立行政法人環境再生保全機構からも
「食物アレルギーをもつ子供のヘルシーレシピ」という65ページにわたる
冊子が用意されています。

例えば下の画像のような感じでたくさんのレシピが掲載されています。

欲しい方は、
問い合わせてみて下さい。
(問い合わせ方がお分かりにならない方は、本サイトのトップページ下の方にあります。)








      →→→このレシピはこちら



点検商法

リフォームの点検商法は、ニュース等で話題になり
ご存知の方も多いでしょう。

しかし、布団関連の点検商法も少なくありません。

ご用心!
     ご用心!


このページのトップヘ