布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2009年08月

コーピング

ストレスコーピングって聞いたことありますか?
早い話がマイナス思考をプラス思考に替えてストレスを緩和する方法のことです。

アレルギーと心の問題が密接に関わっていることはご存じでしょう。

アレルギーがあると言う事で、とかくマイナス思考になりがちなのですが、
そのことが症状の緩和に障害となっているケースがあるそうです。

子供がアトピーでお母さんが必死に出来ることをやらねば・・・
毎日毎日、ストレスになるほど頑張っても、一向に改善しない。。。

そう言う事って、お子様にとってもストレスになるそうです。

ある日、開き直ったとたんに
その後、症状が緩和して行ったという話も聞きます。

要するに正しい知識を持ち、環境を整備し、
かかりつけの先生の指導を守っていれば、
マイナス思考をやめてプラス思考に替える!

これが、ストレスを緩和し良い方向になっていく(^^)v
ハッと、気が付かれる方も多いかも?


アクリル毛布接写

毛布が恋しくなる季節が近づいています。
アレルギーでお悩みの方には以前から、
アクリル毛布はご使用を避けて下さるように申し上げておりますよね。

それは、ご使用中に
すぐ埃っぽくなる毛布だからです。

毛布を1週間に一度のペースでは洗わないでしょう。
当然ですよね(^_^;)

ですので、下の写真のような状態に。。。



どうしても、毛布がお好きな方には、
インビスタ社のマイクロマティーク毛布をお勧めしています。

綿布団のブツブツ

綿布団と言っても今では、
木綿わた100%の物は、昔と違ってほとんどありません。
何故かと言うと重くて今の時代には合わないからです。

昔の布団は重くて寝るのにも息苦しく・・・
そんなご経験はどなたにもお有りでしょう。

軽い布団が主流になった今では、
もう、重い布団には戻れないという感じです。

今の若い者が軟弱という事ではなく、
ご年配の方でも、軽い布団に寝つけると
もう、重い布団には寝れない。。。

という訳で、綿布団でも軽くするために
木綿わたにポリエステルを混ぜて軽くしていると言う訳です。

市販されている綿布団の品質表示を見てみると
中わた(もしくは詰め物):綿50%・ポリエステル50%
この混綿率がほとんどのようです。

これで、軽さもばっちり!

なのですが・・・
そのせいで下の画像のようなことになるのです。

※ちなみに当店の布団の中わたは特殊ポリエステルですので
 この件のポリエステルとは区別して考えて下さい。



布団に入ると痒い

アトピーっ子の悩みです。
親御さんも見ていて辛い。。。可哀想。。。代わってやれるものなら・・・
そういう気分になります。

特に布団に入ると痒みが増す!
わかります。

お布団に問題があるというのは論外ですが、
そうでなくても布団に入ると、
下の図のような理由で痒みが出るのです。

そして、アトピー症状と質の良い睡眠は大事な関係があるそうです。
お宅のお子様は毎晩快眠されていますか?



浴槽での布団洗い

当店の布団は洗濯機で洗えるのですが、
洗濯機の容量によっては洗えないという場合もあるでしょう。

4K洗い程度の小さな洗濯機では1番厚いタイプの掛け布団を洗うのは難しいです。
(洗濯機の容量と洗える布団の大きさ種類の参考表は、こちら

先日の日曜日に、妻が、ちょうど風呂場で布団を洗っていましたので、
動画をとってみました。

(普段は洗濯機で洗っているのですが、たまたま浴槽で洗っていたのです。)

洗っていたのはブレスエアーとフォスフレイクス枕ですが、
布団も同じように洗えます。

布団を浴槽で洗う手順は本サイトの〔洗濯方法〕ページに書きましたのでこちらをご参照ください。

下の画像は〔洗濯方法〕のページにもアップしましたが、
ここにも貼り付けておきます。

枕のもう一つの要件

枕というものは快眠する為の大切なグッズです。
言うまでもありませんね。

でも、みなさん、高さや柔らかさ形・・・だけに目が行っていませんか?
実は、もうひとつ考えてほしいことがあるのです。


朝晩の急な冷え込みへの準備は今の内から!

今年の夏は短かったですねぇ〜
昼間はまだ暑いのですが、朝晩は秋を思わせるほど・・・

もっとも、暦の上ではもう秋ですがね(^^ゞ

このまま、気温が素直に下がるとは思いませんが、
熱帯夜があったかと思うと急に冷たい夜風が吹き込んで来たり。

特に明け方に、肌寒くなって押し入れから布団を引っ張り出したり・・・
ところが、春から眠っていた布団を急に使うと
カビやダニ、ホコリの悪影響をもろに受けてしまいます。

ましてや、とりあえず毛布を・・・な〜んて危険です!

今の内から下の図のような準備をしておいて下さい。


激安布団

信じられないほど低価格の布団って最近よく聞きますよね。
今からの時期は、もっともっと頻繁に登場することでしょう。

安いことは良いことですが、
お客様に錯覚を与えるような表現は良くありません。

安い商品と言うのは、それなりの商品だと言うことです。
これは議論の余地はありません。

ですが、「高級布団なのに、このお値段!!!」
こんな言い方は、するべきではないと思います。

お布団は、そう頻繁に買い替えるものではありません。
安かったけど使ってみたら期待を裏切られた。。。
それでも、すぐ買い替えると言う訳にもいきませんからね。



チャタテムシ

ちょっと気持ち悪い話ですが、
チャタテムシ(茶立虫)は、誰でも一度は見たことがあるでしょう。
薄〜い茶色と言うか白っぽいと言うか・・・
シラミのような気持が悪い虫です。

特に群がっていることが多いので
本当に書いているだけでも気持ち悪〜いヤツです。

押し入れにずっと置きっ放しになっている段ボール箱の下は特に要注意!
暗くてジメってしていてカビっぽい所には・・・居るかも(+_+)

カビが大好物だったりします。

梅雨明けが遅く、まだ押し入れの掃除が出来ていない方は、
早めにやって下さい。

また、こやつは、そばがら枕も好きなのです。
日ごろ使っているそばがら枕は大丈夫なのですが、

お客さん用に押し入れでずっと眠っている物には住み着いている可能性があります。
必ず定期的に干して下さいね。


布団の寿命は?

このご質問は多いです。
そして、個人の感覚(判断基準)の差が大きいのも事実です。

当店の布団に限ったことではありませんが、
寝具にこだわりがあり、いつも快適に寝たいとお考えの方の中には、
3年毎くらいに買い替えられる方もいらっしゃいます。

また逆に、10年以上使われても気にならない方も少なくありません。

そういう意味で、「布団の寿命は○年です。」と画一的には申し上げられないのです。
しかし、ある程度の基準を説明しないと販売業者としては無責任と言われるでしょう。

布団は、そうそう頻繁に買い替えるものではありませんので、
1度買ったら長く使える物をご希望になるのは当然の心理でしょう。

だから布団セールスマンは、その心理をついて『長く使える』ことを
アピールします。

今から売ろうとしている商品に
『ある程度古くなったら、快眠も得にくく、健康にも良くありませんので、
数年後には買い替えを検討して下さい。』などと正直に説明すると
売れる物も売れないかもしれませんからね(^^ゞ

私も布団販売業者の一人です。
悩ましい問題です。

ホームページにも「長く使えます!」とキャッチコピーを加えると
販売数が増えるかも知れません。

しかし、本当にアレルギー対策として布団を探され悩みに悩んでご来店頂いた方に
「長く使えること」をアピールする商法は明らかに間違いでしょう。

むしろ、アレルギー対策として使われる以上、
「一旦5年を目安に考えて下さい。いくら清潔布団でもあまり古くなると
さすがに清潔布団とは言えなくなります。」と申し上げております。

もちろん5年で使えなくなるという事ではありませんが、
今から買って頂こうとしている時に、
この説明は当店(売上)にとっては不利になるコメントでしょうが、
本当にお役に立てるためには言わなくてはいけないことであり、

ご購入の数年後までも責任を持って販売しないと、
売り上げ至上主義になってしまい、
私の目的とするサイト運営に反することになりますからね。

「君は、もうちょっと汚い心を持たないと儲からないよ。」と言われることもあります。
もちろん仕事ですから、ある程度の利益が無いと生活できません。
しかし、そんな悪魔に魂を売ったような人間にはないたくない。
私の生き方は絶対許さない!

『起きて半畳寝て一畳』




このページのトップヘ