布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2009年11月

ヒヤッとカバー

ちょっと語弊はあるかもしれませんが、
あえて書きますね(^_-)-☆

『子供が布団に入る時にヒヤッとする。。。と言います。
 ヒヤッとしない暖かい布団カバーはありませんか?』

というお問い合わせは少なくありません。

しかし、アレルギー対策として考えた場合、
起毛タイプやパイル地の布団カバーは
お勧めしません。

どうしても、埃っぽくなり、
アレル物質も増えることになります。

そういう心配が無いカバーとなると・・・
どうしてもツルっとしたカバーになります。

参考ページ

ヒヤッとするのは、ほんの1分程度です。
あとは、自然な温もりが
じわじわと増してきて、
健康的な眠りに入ることが出来ます。

『元気な強い子になるために、ちょっと我慢しようね(^_-)-☆』




幼児用の枕?

お子様の枕について、お悩みの方も少なくありません。

いくつになったら、枕を使うべきか・・・?
どんな枕が良いのか?
高さはどれくらいが良いのか?

しかし、(ある意味・・・)
これは親側の考えすぎかもしれませんよ。

第一、お子様は寝相が悪く(元気な証拠(^^)v)
朝まできちんと枕を使っている子は少ないです(^^ゞ

大事なことは、
洗える枕を定期的に洗ってあげ、
低めの枕を用意されることです。

そこさえ押さえておけば、
お子さんは、あとは勝手に、、
適当に使うものです。

そして、
成長とともに、
枕をきちんと使うようになり、

その内に・・・
『お母さんのような枕が欲しい。。。』と言いだします。

そしたら、真剣に考えてあげて下さい。




二段ベッドの布団

お使いの方は多いですね。
その際に悩むのがサイズの問題。

一口に、二段ベッドと言っても、
意外とサイズはまちまちなのです。

例えば、売り場の方に、
『敷き布団のサイズはどれくらいの物を選んだらいいですか?』
と聞かれると、

「普通のシングルサイズでいいですよ。」と
返事が返って来ると思います。

しかし、家具売り場の方は、
布団屋ほどの知識が無いために、
その返事は、厳密に言えば
あてになりません。

従来の綿敷き布団でしたら、
少々ベッドサイズが狭くても何とかなります。

しかし、硬めの敷き布団の場合、
(今では一般的になった固わたシートを使っている敷き布団)
ベッドサイズが狭ければ、
押し込むことは出来ません。

二段ベッドサイズで、
195cm丈の内枠サイズの物も
少なくありませんし、

システムベッド風の物で、
もっと狭い物もあります。

ですので、
ベッドの内枠サイズをお知らせ頂ければ、
入るように作っています。

ここまでは、
そのように作れば済む話ですが、

悩むのは掛け布団サイズです。

まだ、4〜5歳で、
二段ベッドに寝られる場合、

果たして、シングルサイズの掛け布団で良いものか?
大きすぎないか?

ベッドの四方に枠があるので、
入らないのでは?

その場合、ジュニアサイズでも良いのでは?

考えるところですね。

次のようなことを考慮しながら
ご判断いただくと良いと思います。


次のページも関連してご参考になると思います。

ジュニア布団について




また、ベッドサイズに合う掛け布団サイズを

『丁度いいサイズに作って下さい。』と

リクエストされる方もありますが、

お勧めしません。



布団カバーまで特注になり、

洗い替えや買い替え時も

特注サイズのオーダーになります。



かなり不経済なことになります(*^^)v


毛足が長い敷きパッド

気持ち良いですよね〜
ですが、『新しかった時のようには暖かくないなぁ〜』と
お感じの方も少なくないのでは?

暖かいというよりは、全然暖かくなくなった。。。

それは、こういう訳だからです。


ダニの死骸

実は、先週の日曜日に書こうと思った話題です。
日曜朝の、Nさんの健康天気予報。。。というのがあります。

画期的ですね。

私は、以前から、この番組が好きで、
Mさんのメインの番組で、
あのとぼけた雰囲気が何とも言えなく面白いです。

皆さんもご存知の方が多いでしょうね(*^^)v

さて、先週放送のエンディングで、
Nさんが、(言っておきますが私はファンです。)

『夏までに増え続けたダニが、
この時期に一斉に死にますので、
アレルゲンとなるダニの死骸も一気に増えます。
日頃にも増して、お部屋のお掃除が必要ですね。
お布団も干しましょう。。』

ここで、放送が終わりました。

ですので、私がNさんに代わり続きをコメントしますね(*^^)v

布団を干しましょう!は大賛成。
そして、【そのあとは、ふとんの中の死骸を
しっかり掃除機で吸い取ってあげましょう。】

これまでコメントして完結でした。

きっと、時間が無かったのでしょう。
そういうことにして下さいね(^_-)-☆


毛布がズレて・・・

毛布をお使いの方で、
掛け布団から毛布がズレて困っている。。。
という方は少なくないでしょう。

いつも同じ方向にズレていませんか?

これは、分かりやすく言えば、
毛布に毛の流れのようなものがあり、
全部、同じ方向を向いているからです。

ですから、いつも左にズレるということであれば、
180度回せば、右にズレるようになります。

もし、壁などがあり、
その方向にズレるような方向にすれば、
ズレは解消されるでしょう。

ただし、この事は
全部の毛布に言えることではありませんので
ご了承ください。

でも、ほとんどの場合使える裏技です。


丸めて洗う?

『こんなに、きっちり巻いて洗っても
 お布団の汚れは落ちるのでしょうか?』

このようなご質問も少なくありません。

でも、実際に洗うと・・・
結構な黒い汁が・・・
出ます。

布団の内部は、
結構汚れているという証拠ですね。

そして、洗う目的は、
アレルゲン(特にダニアレルゲン・・死骸や糞)が
水に溶けて洗い流せるということです。

これで、布団内部は綺麗になりますね。

一方、何かの汚れが側地についてしまった場合、
これは、一般的なお洗濯で汚れを落とすという意味で、
アレルギー対策とは別問題です。

丸める前に、
部分洗いで汚れを取っておけばいいですね。

でも、洗える布団と言っても、
そう頻繁に洗うということは非現実的です。

布団カバーを必ず掛けて、
日頃は、そのカバーをまめに洗って清潔な状態で
おやすみ下さいね(^_-)-☆


フォスフレイクス

ちょうど、中味をお見せできる機会がありましたので、
写真を撮りました。

下の写真のように、ビニール袋に入れておかないと
部屋中に舞い上がって大変なことになります。

ちなみにこの枕
私も愛用しています。

いつも、首筋を支えてくれるように、
中身を手で、ひと叩きします。

何と言っても、熱が全くこもらないのが良いですよ。

嫁さんも定期的に洗ってくれますしね(^_-)-☆








座布団類を販売予定

日頃は、ハウスダストを減らすためには、
「お部屋にクッション類は置かない方が良いですよ。」と
言っていますが・・・

そうは言っても、
フローリングに生活している方には、
何も無しでは、冷た過ぎる。。。

そういう方は少なくありません。

ということで、以前から、
洗えてアレルギー対策にもなる座布団やクッションを
作って!

とおっしゃる方々から、
若大将オーダーリクエストを通して、
ご注文頂いておりました。

実は、この若大将オーダーリクエストから生まれた
新商品は多く、当店のラインナップの大半は
ここから出来上がっていると言っても過言ではありません。

ということで、今回も、
以下の商品が近々発売予定です(^^)v



アトピーと温泉

アトピー治療に・・・
温泉に定期的に通ったり、
腰を落ち着けて湯治。。。

そこまでいかなくても、
温泉=アトピー肌に良い。と言うことで、
温泉を利用される方も少なくないでしょう。

しかし、せっかく、そういう目的で行かれるのであれば、
その温泉施設について調べてみた方が
良さそうですよ。

中には、塩素臭が脱衣場の所までもバンバン臭うのに
アトピー治療などの誇大広告をやっている所。。。

惑わされないようにご用心。


このページのトップヘ