布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2010年01月

部屋隅のワタ埃

アレルギー対策のためには、
まず、お掃除!

それも拭き掃除が中心!

これは常識ですが、
もちろん掃除機がけも重要なことですね。

ところが、日常の家事はバタバタ状態!
お部屋を片付けながら
掃除機がけも同時にされておられる方も多いのでは?

ある掃除機関連のサイトを見ていて
なるほど。。。と思いましたのでご紹介します。

埃は上から下へと降りて来ますよね。

ですので、床に置いている物は
埃をかぶっている状態です。

これを片付けると、
当然、埃は舞います。

ということは、
掃除機がけで綺麗にしたと思った場所にも
その埃が残ることになりますよね。

こういうお掃除の仕方を繰り返していると、
お部屋の隅にワタ埃が溜まるのだそうです。

私が特にお願いしたいことは、
布団を敷きっ放しなのに
お部屋を片付けながら掃除機かけを絶対にしないでください!

お布団が埃まみれになりますよ(^_^;)


花粉症治療は今!

別に病院のまわし者ではありませんが、
アレルギー講演会で毎年言われるのが、
『花粉症治療は、症状が出てから仕方なく病院へ行くよりも
 花粉が飛散し始める前に病院で治療するのが効果的!』
ということです。

私たちは、どんな病気でも
症状が出てから病院のお世話になりますよね。

それも仕方なく。。。

ですから、症状が無いのに病院へ行くことは
まずありません。

しかし、行けないことはないのに、
面倒くさい。。。という理由だけで
事前に病院に行くことをしません。

耳鼻咽喉科の先生も、
事前に花粉症治療される方は少ないとおっしゃいます。

しかし、前述のように、
事前治療が効果的であれば、
花粉症がひどい方ほど今の内に病院へ行って下さい。

忙しいから。。。

分かります。

でも症状がひどくなったら、
どんなに忙しくても
病院へ行かれます。

であれば、結論は出ますよね。

市販のお薬ばかりに頼っていませんか?
それも問題ありですし、
以外と出費もかさんだりして。。。






加湿器とカビ

風邪はひきたくないもの(^_^;)
その為に加湿器を活用されている方も多いでしょう。

ですが、問題もあります。
もっと厄介なカビの発生!!!

どっちをとるか?
ではなく、
下記の事にも留意して、
カビ予防もしながら上手に加湿器は使いましょう!

この時期に意外と多いのが、
布団にカビが生えましたぁ〜
なのです。


低血圧、低体温の方

起きる気持ちは十分なのに、
身体がなかなか起きようとしない。。。

低血圧、低体温の方は、そういう傾向にあります。
気合だけの問題ではなく、
起きにくい体質であることには間違いが無いようです。

そんな時に効果的な方法として、
お布団の中で(そのままの姿勢で)等尺性運動をしてみる!
こういう方法もあるんですよ。

何の道具も要りませんし、
難しく苦しいことでもありません。

ご自分なりに、
気楽な感じでやってみて下さい。


敷き布団のカビ

『布団干しもやっていますが、敷き布団底面にカビが・・・』
と、おっしゃる方も。。。

特にフローリングに直に敷かれている方に多いのですが、
フローリングの床面にもご注意ください。

多分、敷き布団を敷く場所は同じ場所だと思いますが、
その床面に湿気が蓄積されて乾き切らないうちに、
また、敷き布団を敷くと、
布団だけが乾燥していてもカビの原因になります。

話は変わりますが、
新築やリフォームの工事中に、
そのフローリング材が現場に運ばれた後、
雨が降り、
そのまま、湿気たフローリング材を張ってしまうような
ずさんな工事がされた話を聞いたことがあります。

この場合、フローリングの表面はその後乾燥しても、
フローリング材の内部から下部分は
なかなか湿気が取れないそうです。

そうなると、
どんなに室内を換気しても、
床面にカビが生えやすいそうで、
もちろん敷き布団底面にもカビが生えやすくなります。

したがって、そういう欠陥住宅でない限りは、
フローリングは室内の換気で乾くはずです。

しかし、寝室の換気が不十分であれば、
布団干しが出来ていても、
そのような状態のフローリングに直に敷かれると、
やはりカビが生えやすくなるのです。

ですので、
『フローリングに直に敷いているものの布団は干しているのに・・・』
『カビが・・・』とおっしゃる方は、
フローリング面が乾いているか?
換気が出来ているか?も見直して下さい。

カビは梅雨時期だけの物ではありません。
今の時期にも、意外に(布団に)カビが生えやすいのです。

当店の布団は無地ですが、
お使いの布団が柄物の場合は、
カビ(黒点)が見え難いものです。

広がらないうちに点検しましょう!



スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

絨毯にも良い所が

アレルギー対策として絨毯やカーペットは
悪者扱いをされますが、
良い所もあるんですよ。

もともと、絨毯が作られた一つの理由として、
埃が舞い上がらないように!という目的もあるのです。

アレルギー対策のためにフローリングに改修される方も
少なくありませんよね。

コスト削減のためにも、
必要な部分だけをフローリングに!
という選択肢もありますよ。


綿毛布について

アレルギー対策を考える時に、
アクリル毛布やウール毛布が良くないことはご存じのとおりです。

当店ではマイクロマティーク毛布を推奨していますが、
綿毛布もアレルギーには悪くないとされています。

その理由は、家庭で容易に洗濯ができ、
アクリル毛布と違って、
完全に乾く、いわゆる洗濯に向いている素材だからです。

また、動物性繊維ではないので、
肌にも優しい。。。

ですが、
綿毛布が文句なしにアレルギーに良いということではありません。

定期的に洗ってアレル物質が無いように清潔に使うことが
条件になります。

『アレルギーで困っているが綿毛布を使っているので安心。』
ということにはならないので、ヨロシク(^^)v


毛布パッドQ&A

今年の冬は本当に厳しい寒さですねぇ〜
また週末には寒波がやって来そうです。

そのせいか、マイクロマティーク毛布パッドが大人気です。
この商品は、とにかく暖かいアイテムですからね。

布団に入った時のヒンヤリ感もなく、
手足を伸ばして快適に眠れますよ。

敷き布団方向が暖かいと
寒さによる体の緊張が取れ、
明日への活力が出るような質のいい睡眠が得られます。

私も、以前から冬場のお気に入りです(^^ゞ

今日は、この商品に関する
よくあるご質問を紹介します。


マイクロマティーク毛布パッドを紹介しているページへ





こんな物があれば・・・

当店の商品は、10年間の間にお客様から
いろいろなご要望をお聞きしながら
出来上がった商品が多いのです。

最初は単純に掛け敷き枕の基本的なセットから始まりました。

それを販売して行く内に、
『こんな物を作って!』等など、
そんなご要望を反映して
今のような多種のラインナップが出来上がりました。

考えてみれば、
お客さまに必要なものを販売する!
それが1番お役に立てることですからね。

そういう訳で、
こういうものが欲しいけれど
なかなか、そういうものは何処にも売っていない。。。

そんなことがありましたら、
ご遠慮なくお聞かせ下さい。



若大将オーダーリクエスト


カバーの買い方

せっかくカバーを買ったのに
サイズが合わなかった。。。

こういう例は少なくありません。

ですので、今日は・・・
失敗されないように、
サイズ等について整理しておきますね。




このページのトップヘ