布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2010年08月

夏バテ解消には、
まず、質の良い睡眠が不可欠です。

ぐっすり眠れる方は良いのですが、
疲れているのに眠れない。。。

そんな方も少なくないのではないでしょうか?

ちょっと寝室を見回してみませんか?
原色系の刺激的色合いの物が
お部屋の中にありませんか?

これらを片付けて
シックな物に取り換えたりして
お部屋全体を
落ち着いた色に統一してみて下さい。

シックな雰囲気に変わると
心が休まり
リラックスして
身体の疲れがとれるかもしれませんよ。

こんなことも、
ひとつの夏バテ解消法です。


寝室の雰囲気を変えて
リラックスできるようにしたい。。。

手っ取り早い方法として、
間接照明を利用する方法があります。

まず、寝室の中でも生活用品等が
闇に隠され、幻想的な雰囲気でリラックス出来、
夢心地の内に入眠できるでしょう。

お持ちの照明器具に
ちょっと工夫するだけで簡単に出来ます。

ご興味がある方は
ちょっと試して見られたら如何でしょう。

意外とセンスの良い寝室が演出できるかも。

そして暑さを忘れて寝つけるかも・・・



寝苦しい夜には寝室内気温や湿度も大事ですが、
意外と左右されるのが気持ち!

爽やかな寝具とジメジメ寝具では、
入眠時の感じが大きく違います。

人間は感情に左右される動物ですので、
寝室内の明るさ(程よい暗さ)や音、におい
雰囲気作りも大事です。

そして、寝具そのものが
入眠をスムーズにしてくれる状態になっているか?!

清潔な布団は健康的な快眠へと誘います。
あなたの寝具は、そうなっていますか?


今年の夏は長いですねぇ〜

何とか夏バテもせず乗り切っている。。。
と、思っている方も

冷たいものの摂り過ぎで胃腸が疲れていたり、
疲れが蓄積していたりするこの時期、
夜のエアコンで寝る時だけでも・・・

しかし、設定温度が低過ぎていると
一気に体調を崩してしまうのがこの時期です。

涼しい温度になっていても
暑苦しいと感じてしまい
より低めの温度に設定しまいがち。。。

そんなあなたは、
赤信号ですよ!

体調を崩す一歩手前の状態です。

エアコンのリモコンなどについている設定温度に頼らず、
きちんとした温度計や湿度計で管理しましょう。

下のイラストの最適範囲内でも
寝付けない方は、
むしろ、入眠前の工夫を再検討して下さい。

1番効果的なことは、
ご存知の「ぬるま湯の長めの入浴」!
他にもいろいろありますが、
これが最も手軽で誰にでも出来る方法ですよね。


加齢臭

最近よく聞く言葉です。
この臭いは昔から当然あったのですが、
“加齢臭”という言葉は10年ほど前に
ネイミングされたものです。

ご高齢の部屋には
独特の臭いがありますよね。

ご本人は気付かなくても、
その部屋を訪れると・・・

もしくは、ご高齢の方と同居し
介護の必要があるご家庭の中では
深刻な問題の一つです。

そして、この臭いは高齢者だけのモノではなく
中年にさしかかった頃から
徐々に強くなり始めます。

『お父さんの枕臭い』など、
お子様や奥様から言われてしまったり。

別に男だけの臭いではありませんが、
特に寝室にこもり易い臭いですね。

ノネナールという成分が
この臭いの原因なのですが、
水洗いしたからと言っても
完全にはとれる訳もなく、

ましてや洗えない寝具だと
もっと悲惨なことに・・・

天日干しでも効果無し。

さらに厄介なことに、
お部屋中に充満してしまいます。

相方の為にもお子様の為にも
いやいや自分の為にも
気をつけたいものですね。

私は、この分野にも興味があり
↓のイラストのような寝具が出来ないものか?!



そして、この度
福岡県内の商工会の力を借りて
新開発品を発売するに至りました。

次のページをご参照ください。

スメルバスター寝具、新発売!






「打ち直しすれば、アレルギー対策になりますか?」
そんなご質問も頂きます。

答えは、NOです。

打ち直しは、リサイクルにもなり
資源を有効に使う為には良い方法ですし、
側地まで新しくすると
まるで新しい布団のようによみがえります。

しかし、その工程で洗う事はないので、
基本的にアレルギー対策になる事はありません。

また、現代の布団において
打ち直しを想定して作っている布団も少なくなり、
お値段も新しい布団を買うのと同じくらいコストがかかり、
その需要は急激に少なくなっています。


一方、布団丸洗い業者に依頼されると、
完全に水洗いをしてくれますので、
アレルギー対策には有効です。

ですが、出来上がって来た時のふっくら感は
一時的なものです。

そもそも、布団の中わたを根本的に
再生するような工程はないからです。

それでも現代において
こちらの方が多く利用されています。

ただし、コストが高く、
定期的に丸洗いを依頼しないと
アレルギー対策にはならないため、
数回依頼すれば、布団そのものが新しくできるほどです。

そういう意味でも、
ご家庭で洗える布団をお勧めしています。


寝具類をクリーニング屋さんに
出される方も少なくありません。

そういう場合、
水洗いできる寝具であれば、
必ず水洗いをご依頼下さい。



逆に、水洗い出来ない物を
ご家庭やコインランドリーで洗うのは
避けて下さい。

例えば、羽毛や羊毛などの寝具!
薄いので洗えそうな物でも
絶対にNGです。

暑い夜でも気持ち良く入眠する為に
ぬるま湯に入るというのは
ご存知でしょう。

でも、長湯が苦手で・・・
実際どんな感じで・・・
等など、ご質問も受けます。

ちょっと基本的なところをまとめてみましたので、
あとは、BGMや香り等の
ご自分なりのリラックス方法と組み合わせて
心身ともに気持ちの良い時間にして下さい。


こんなに暑いのに寝冷えすること自体
何故?って思いますよね。

でも、実際は、一晩中クーラーを付けっ放しにしたり、
夜風に当たりっ放し・・等などで、
寝冷えをしてしまう事はよくあります。

意外と鈍感なお腹は、
冷え過ぎているよ〜なんて言ってくれないのです。


また、長い間の暑さと
冷え過ぎのオフィスなどで
身体の抵抗力も弱り気味!

エンテロウイルス菌に狙われないように
スタミナ食と十分な睡眠で
負けない身体にしておきましょう(^O^)/




お風呂に入って綺麗な身体から出た寝汗だから、
きちんと乾かせば、洗うほどでもないのでは?

まあ、スポーツの後にかく汗は
ある意味汚れた身体から出るわけですから、
拭き取っても、
汚れと一緒の状態ですから
タオルも汚れ・・・お洗濯は必須ですね。

では本当に風呂上がりの綺麗な身体から出た汗は
綺麗なのでしょうか?

もちろん、汚いという事はありませんが、
その成分が水分だけではなく、
タオルケットなどに残った水分には
雑菌が繁殖します。

そして、フケや髪の毛・・
当然ダニアレル物質も・・・

特に雑菌が付くことにより臭いもして来るのですが、
やはり、干して乾かすだけではなく、
まめに洗った方が良さそうですよね。


このページのトップヘ