布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2010年09月

今でも人気がある二枚合わせ毛布!
保温力抜群ですね。

ところが、アレルギー体質の方にとっては
もっとも埃っぽい毛布なので
ご使用を避けて欲しいアイテムの一つです。


昔、毛布カバーなる物が
よく売られていました。

ガーゼ地の物が多かったです。

しかし、最近ではほとんど見かけなくなりました。

結果的には良かったのですが、
問題なのは、今でも毛布にカバーをかけられる方です。

毛布にカバーをかけて
あたかも薄手の掛け布団のように使われます。

今の時期、保温力から言えば丁度いい感じなのですが、
こういう事はやめて下さい。

特にアレルギー体質の方は、
マズイです!
危険です!

昨日も書きましたように、
毛布は、洗って埃っぽくない状態で使って下さい。


ここのところ朝晩は急に寒くなり、
手っ取り早く毛布を使われる方が
少なくありません。

ご存知の通り、
毛布というのは埃っぽく
押し入れに眠っていた毛布を直接使い

大人しくしていた症状が
突然悪化するケースが数多く報告されています。

毛布は必ず洗ってからご使用ください!

もし、洗えない毛布や
乾き難い材質の毛布でしたら
使われない事をお勧めします。


最近、通販花盛りですね。

否定するものではありませんが、
真面目な業者が多い中、
中には、言い過ぎだろう!と
突っ込みたくなるような
セールストークに怒りさえ覚えます。

特に寝具関係の安物売りの
○○ショッピングなどは、
内容を知っているだけに
「半分、詐欺だー」と
叫びたくなるほどです。


例によって、知恵袋サイトを読んでいると
『敷き布団の方も週一程度干した方が良いですか?』や
『敷き布団も掛け布団のように干したがいいですか?』
などなど・・

明らかに掛け布団の方が多く干している。
そんなことが推察できます。

敷き布団より掛け布団の方が
干す必要性が高いと思っていらっしゃる方が
意外に多いことに気付きます。

それは逆です!

敷き布団こそ
まめに干さなければいけないのです。



昨日のブログで
お部屋のお掃除は掃除機だけでは不十分。
ハウスダスト対策には拭き掃除!

このように書きましたが、
いくらお掃除をしても
すぐ埃が溜まる。。。とおっしゃる方は
明らかに布団からの埃です。

布団をアレルギー対策布団に替えるか、
買い替えの予定がない方は、
より入念な布団への掃除機がけが必要ですね。

ですがお部屋のお掃除と同じで、
掃除機がけでは不十分。

布団内部のアレルゲンを完全に除去するためには、
中わた繊維1本1本を拭き掃除しなければ解決しません。

しかし、もちろんそんな事は出来ませんよね。

ですから、布団を洗う必要があるのです。


夏の間に増えたダニ!
その死骸や糞が
秋の乾燥した空気により乾燥して
粉状になり、

室内を浮遊する事になります。

ハウスダストの中でも
最も厄介な奴です。

ですので、
その根源を断つ為に
お部屋の隅に溜まっている埃!

掃除機で毎日掃除しているつもりでも
何故か残っている!

それを取り除くためには、
やはり拭き掃除が必要です。

部屋のコーナー部分
家具の隙間、
などなど・・・

そして、
それと同じくらい重要なのが
お部屋の換気!

夏の高温多湿から
秋の乾燥した空気に移り
ダニアレルゲン(死骸や糞の乾燥)と
思いがけない気温の変化等で
アレルギー症状が出やすいこの時期!

拭き掃除と換気は
出来るだけ心がけてやって下さい。



非常に暑くて長かった夏で
夜もタオルケットだけを使い続け、
他の物は、押し入れに入れっ放し。。。

ところが、さすがに朝晩は秋らしくなり、
夜に、『ちょうど良い涼しい季節になったなぁ〜』

しかし、思いのほか
朝方にかけて気温が下がり、

夜中に・・・
押し入れから、肌掛け布団や毛布を引っ張り出し
咳が止まらなくなった!

喘息の発作が出た!

アトピー性皮膚炎が悪化した!

そんな例が、
毎年繰り返される
この時期の
この秋一発目の症状悪化につながります。

とにかく、
まだ準備できていない人は
その内にやろう。。。ではなく、
すぐやって下さい!


アレルギーを克服するためには、
正しい情報を得ることが大事なことです。

しかし、残念ながら
正しくない情報も氾濫していて

真の情報を得ることが
難しいことも事実です。

アトピー商法と言うわれるモノも多く、
良い商品もあれば
詐欺的商品も少なくありません。

何とか少しでも・・・
藁をもすがる思い・・
そんな心理を利用して
悪徳業者も居ます。

アトピーが治る!
・・・効く!
そんな言葉を使う業者は
まず、怪しい業者です。

病院に行かせないで病気を治す!という
宗教のような感じですね。

とにかく
不安で、迷っている状態では
アレルギー改善どころではありません。


今日は、ご存知アレルギーコップの話です。

家庭での対処、環境整備の重要性について
最も分かりやすい例えだと思います。

ご存知の方もご存知なかった方も
もう一度、考えてみましょう。


このページのトップヘ