布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2011年01月

明日から2月、
ご入学準備をされていらっしゃる方も多いでしょう。

アレルギー疾患のお子様を学校に入れるにあたり
色々ご心配もあるでしょうね。

お子様のアレルギー情報を
きちんとした書類で先生方に提出したい書式があります。

ちょっと早めですが、
早めに考えておいて欲しいので
ご紹介しておきます。

また、周りに、こうのような方(該当者)がいらっしゃったら
教えて差し上げて下さい。

http://www.gakkohoken.jp/book/pdf/02sidou.pdf

※かかりつけの医師に相談して書いて下さい。


--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


どうしても枕が合わない...

今までにたくさん買い替えたけれど
ダメだった。。。

測定してもらって
作った時も、最初は良かったけれど
やっぱり駄目だった。。。

少々高額でも良いから
良い枕はないかなぁ~

そんな方は、
意外に多いのです。

ある意味、
整形外科で診て貰った方が
良いかもしれませんね。

ところで、
話は、変な話になりますが・・・

枕は絶対必要と考えていませんか?
このような枕難民の方は
枕に意識が行き過ぎているかもしれませんよ。
逆転の発想も
一案です。

試しに、枕無しで寝てみられませんか?
もちろん、この方法で解決するとは言いませんが、

2~3日の違和感の後、
意外に『枕が無くても良いかも?!』
そういうケースもあります。

どうしても、
枕がないと頭に血が上るように
頭が下がってしまう場合は、
バスタオルでも
頭の下に横長に敷いてみると良いかもしれません。

枕は、十人十色!




--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


さて、今日は
まず、下の寝室のどっちに
あなたは寝たいですか?

A それとも B?



さて、Aを選んだあなた!
健康そのもので元気ですね。
今楽しい日々をお過ごしでしょう。

では、Bを選んだあなた!
少々疲れ気味?
ストレスも溜まっていませんか?

これはざっくりとした占いで
好みの問題があるので断言はできませんが、

疲れ気味の時には
赤などの刺激的な色のモノがあると
癒されず、逆に疲れてしまいます。

元気な時は、
赤い色などは
やる気が出て元気になりますが、

逆に疲れている時は、
刺激的な色のグッズは排除し
心から癒される淡い優しいトーンの
寝室にしましょう。

慢性的に疲労があり
ストレスが溜まりやすい方で
ご予算があれば、
クロスも無地の優しいモノに替えると
癒しの寝室になります。

柄物ではなく無地のクロスが
いいですね。



--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


昨日の子供の脳に引き続き
もちろん大人にとっても
どれだけ睡眠が大事なものか!

身体の疲れをとることはもちろん、
寝ている間に、脳は素晴らしくメンテナンスされています。

例えば、徹夜続きの状態では、
注意散漫、計算ミス、思考回路の低下、
判断ミス、・・・etc.

身体の疲れをとることも大事ですが、
脳がきちんとメンテナンスされないと
頭の老化も心配ですし、
心も健全な状態を保つことが出来ません。

睡眠は
決して軽んじられるモノではありませんね。





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


人間が眠るということは
健やかな生活を送るために
さらに言えば生きるために非常に大事なことです。

今日は、子供にスポットを当てて書いてみますが、
睡眠を軽んじている若い親御さんが
時々見受けられます。

深夜のコンビニに
小さな子供を連れていらっしゃったり、

親の夜更かしの習慣で
子供も遅い時間までゲームで遊んだり、、、

勉強しなさい!と
夜遅くまで、勉強を強要したり・・・

成長期には
眠っている間に最も成長ホルモンが出ることは
ご存知でしょうが、

精神的にも悪い影響を及ぼすようです。

子供を健やかに成長させてあげること以上に
他にどんな大事なことがあるでしょうか?

子供の睡眠について
今一度見直して頂ければ幸いです。


※セロトニンとは「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで、
 体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。
 セロトニンは人間の精神面に大きな影響与える神経伝達物質で、
 セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患に陥りやすいと言われています。


--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


洋画を見ていて
よく目にする外国人の
ふかふかベッド。

不思議に思いませんか?

日本人は
敷き布団は硬い方が健康に良い!
柔らかい敷き布団は腰に良くない!

・・・そういう常識がありますね。

であれば、映画に出て来るような
寝姿は最悪の筈です。

大きな枕に柔らかいベッドですからね。

私が思うに、
日本の寝具業界は
新商品を売りたいがために
必要以上に硬い健康敷き布団を
言い過ぎているのではないか!

ふかふか敷き布団も気持ち良いと感じる人は
少なくないと思います。

柔らかい敷き布団に寝ていると姿勢が悪くなる?

西洋人の姿勢の良さを見ると
そういうことも言えませんよね。

現代人のように
西洋人並みにスタイルが良い人は
硬い敷き布団だと
ウエスト部分が浮き過ぎて
逆に背骨や腰に負担がかかります。

背中部分も敷き布団できちんと支えられ
腰からお尻部分は、適度に沈み込む敷き布団が
適しているかもしれませんよね。

要するに、
硬い敷き布団が絶対的に身体に良い敷き布団という
固定観念は捨てて、

自分が1番楽な敷き布団!
1番呼吸がしやすく
身体のどこにも緊張した部位がない
リラックスできる癒しの敷き布団が
自分に合った健康敷き布団という事になります。




--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


まだまだ続きそうな厳しい寒さ!
冷え症の方は大変でしょう。

そもそも血行が悪い為に
手足が温まり難いということらしいですが、

以前に、靴下をはくのは
余り効果的とは言えない...ということを
書きました。

では、どうやって暖まるか?

まず、マッサージをして
足元の血行を良くしておいて
次のようなことを試してみて下さい。

足元の保温力は格段に上がります。




--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら





今年は、本当に寒いですね。
暖房器具があって良かったぁ~と実感します。

おかげで、部屋の中はポカポカ(*^^)v
しかし、その分、湿度が下がり
カラカラ状態。。。

昔から、火鉢の上や石油ストーブの上には
ヤカンが水蒸気を出してくれていましたね。

今は加湿器で湿度は簡単に上げられますが、
その分、ダニやカビは生き返ったように喜びます。

ダニやカビアレルギーの方は特にですが、
これらのアレルゲンは増やしたくない!

しかし、カラカラのお部屋では
喉を傷めたり風邪をひき易くなったり・・・

どっちを選ぶ?

な~んて、ことは出来ません。

私が言いたいのは、
湿度を上げると
その分
ダニやカビ対策も
きちんとやらなくてはならないことを
認識する必要があるということです。






--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


先日、お得意様から
うっかり敷き布団の裏面にカビを生やしてしまった。。。
とのお電話を頂きました。

ちょっと事情があり
敷きっ放しにされていたそうです。

このお客様は、
スザキーズ愛用者で
お話していても人柄の良さが伝わって来ます。

そういう方ですので、
お話もしやすく、詳しく説明させていただけました。

ちょうど良い機会ですので、
その時お話したことを書いておきますね。


尚、このお客様は完全脱着式敷き布団をご使用でしたので、
カビがひどい場合は、そのカビた面を送って頂くと
片面だけファスナー付けして販売できる旨をお伝えしました。

※カビた片面を送って頂くのは、同じようにファスナー付けをしないと
 もう片面とのファスナー噛み合わせがうまくいかないからです。



--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


睡眠負債という言葉があります。
面白い表現ですね。

睡眠不足を借金だと考えると
分かりやすいですね。

例えば、月~土曜日に睡眠不足が続き
適正睡眠時間に累計10時間足りなかったとして
それが借金だとすると

それを返済するために
日曜日は、17時間くらい寝ないと
完済出来ませんね。

しかし、現実的には、
17時間も眠ることはないでしょうし、

仮にそうしたとしても
月曜日は、ボーっとしているでしょう(^^ゞ

逆に良くないですね。

このように、単に数字合わせということではなく
出来るだけ睡眠負債が無いようにしっかり快眠したいものです。

週の半ばくらいには
一旦、睡眠負債を返済しておくと良いですね。

この睡眠負債が
どんどんたまっていくと
慢性的な睡眠不足になりますし
体調を壊しかねません。

仕事にも支障が出ますし
何より、明るく健全な生活も難しくなります。

毎日、タイトな生活を送っている方は、
どこかで意識的に睡眠負債を返済するよう心がけましょう。




--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら


このページのトップヘ