布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2011年07月

寝汗をたっぷり含んだ布団!
干したい!

しかし、仕事に出掛けなくてはならず
部屋の窓も開けられない。。
カーテンも締め切り・・

朝は時間もない!

でも、今夜またこの布団で寝るのかと思うと・・・

そんな方は
起床後、布団上げは椅子の上!
夜使っていた扇風機を
1時間タイマーで切れるようにセット!

この一連の作業は
普通の布団上げと同じ程度のわずかな手間。

忙しい方にお勧めします。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


夜のエアコンで
体調を壊し易い方・・

冷風が直接身体にあたっていませんか?

吹き出し口は必ず上向きにして
扇風機の風を首振りで涼むようにしましょう。

節電で、部屋全体を冷房するのはもったいないような気がして
エアコンの風を自分に直接あたるように使うのは
身体の一部だけが冷えることにより
朝起きた時、ぐったりすることになります。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


人は一晩にコップ一杯の寝汗をかく
言い古された言葉で
誰でも知っていますね。

ところが、夏場はコップ2杯くらいかく場合も・・
「ふ〜ん、そうだろうね。」という
声が聞こえてきそうな(^^ゞ

しかしよく考えてみると
家族四人が一緒に寝ていると
コップ何杯分?

例えば、大人二人でコップ4杯
子供二人でコップ2杯とすると
180cc×6=1,080cc

なんと!
1リットルを超えてしまいます。

計算してみると
ビックリします!

想像して下さい。
1リットル入りのペットボトルを
布団にまんべんなく撒いた感じ!

当然、蒸発する分もありますので
寝室の湿度は上がります。

一晩で、この状態だとすると・・・
もし万年床状態だったら大変なことに!

布団は、布団干しや布団乾燥機で
まめに乾かす必要がありますし

室内は、積極的に換気して
湿度を下げる必要がありますね。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


喉が弱い、風邪をひき易い・・
大人も子供も、よく聞く話です。

そんな方は、睡眠中の寝姿が
上向きに寝ていて口が開いて・・・
鼻が詰まっているので口呼吸になっている。。。
というケースが多いそうです。

起きた時に、どうも喉が乾いている、痛い。

口呼吸はのどの乾燥からかぜなどの病原菌に感染しやすく
扁桃腺も腫れ易くなるそうですよ。

なるほど!
ですね。

何故鼻が詰まり気味なのかは
病院で調べてもらうことにして

そんな方へのおすすめは
横向きに寝るということです。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


熱帯夜の就寝環境について
色々言われていますので
今日はまとめてみました。


・エアコンのタイマーは、就寝後3時間が目安です
 →寝ついてから深い眠りに入るこの時間は
  きちんと深部体温を下げてあげるのが良いようです。

・扇風機は必ず首振り!
 →身体の一部だけに風を当て続けると体調不良になります。

・寝る前には水分補給
 →寝る前の水分補給は寝汗のもとになるので
  避ける人もいらっしゃいますが
  睡眠中に熱中症や脱水症状になるのを防ぐために
  必要なことらしいです。

・エアコンの設定温度は、昼間の28度から26度くらいに下げる。
 →扇風機を併用すると十分涼しい温度です。
  (下げ過ぎると体調不良のもと)

・室内の湿度は、50%が目安
 →寝苦しい原因は、ジメジメ湿度!湿度計で確認しましょう。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


台風も過ぎ
梅雨明けにやっと乾燥して来た室内も
またまた、湿っていませんか?

1に換気、2に換気!
ですね(^_-)-☆

わたし、いつもいつも換気、換気・・
と言っているようですが、

ダニにしてもカビにしても雑菌にしても
私たちに悪さをする物質は例外なく乾燥を嫌います。

都合が良いことに
この時期は、ほとんどの花粉がお休み期間(^^)v

湿度が低くお天気が良い日には
積極的にお部屋の換気をしましょう!







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


梅雨が明けたら
押し入れの中のモノを
全部出してふとん干しをしたり

小物も全部出して
梅雨の間にジメジメした押し入れの整理など

昔の人は、大事な年中行事でした。
もちろん今も同じで、
毎年欠かさずやっていらっしゃいます。

一方、現代人は、
忙しくて、そこまで出来ない。

住宅事情で、押し入れを整理しても
風通しが悪いのでイマイチやる気にならない。。

そんな方も
とりあえず押し入れの中を空っぽにして
扇風機をガンガンあてられませんか?

完全に乾燥しますよ。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


布団や寝室、就寝時間の事を思うと
パブロフの犬の条件反射のように
「不眠、辛い・・・」と連想してしまうような
状況に陥っている事を
条件不眠と言うそうです。

寝室で布団に入りながらも
いつまでも寝つくことが出来ず

毎晩毎晩、寝なきゃ、眠れない...
こんな事を繰り返していると
そうなるそうです。

意外と多い、不眠症。。

特に今の時期は、しっかり質の良い睡眠をとっていないと
体調を崩してしまいます。

対策としては、

眠くなってから、布団に入る
 →眠たくないなら寝室に行かない

寝床を、睡眠以外の目的に使わない
 →寝室で飲食したり、テレビやゲームをしたりしない

眠れなければ、寝室を出て他の部屋に移る
 →眠れないのにいつまでも寝室に居ない

眠れるまで、夜通しかかっても前のルールを繰り返す
 →1週間くらい辛くても続けてみる

睡眠時間に関わらず、朝は決まった時刻に起きる
 →やっと朝方眠気が来ても、振り払っていつもの時間に起きる

以上のようにすると
条件不眠から抜け出すことが出来るそうです。

ただし、試される方は
仕事に支障が出ないように!
余裕のある1週間でチャレンジしてみて下さい。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


寝室のインテリアの色は
気分を左右するもので

落ち着く為にブラウン系にしたり
色は意外と人間にとって影響を与えます。

そこで、この熱帯夜続きの夜!
少しでも涼しい気分で眠りたいものですね。

そこで、寝室内の暖色系のインテリアを
出来るだけ寒色系のモノに替えたり

照明を寒色系にする
ちょっとした工夫を試みられるだけでも

体感温度は意外なほど下がるそうです。

風鈴の音が涼しさを連想させたり
人間って不思議ですよね(^_-)-☆









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


眠りはまず「寝つく」ことから始まります。
ところが、夏の夜はこの段階でひと苦労しなければなりません。

なかなか寝つけない原因は言うまでもなく蒸し暑さ。

やはりエアコンに扇風機は必須アイテム!
最近は冷却ジェルが人気で寝付くことはできますね。

しかし、エアコンを一晩中付けておく訳にも行かず
冷却ジェルも、しばらくすると常温になってしまいます。

悪いことに ただでさえ高温高湿なのに
睡眠中の発汗により更に湿度が高くなります。

理想といわれる 寝床内部の湿度が50%に対し
湿度80%以上になります

これが 夏の寝苦しさの原因です。

寝ついたは良いけれど
寝汗のベタベタなどの不快感から
真夜中に目が覚めてしまい
それから、また寝るのに一苦労(?_?)

よくある話ですね。

ですから、寝汗が残らず寝床内湿度が上がらない寝具が
求められる訳です。

ジメジメ感が無ければ
エアコンの設定温度も高めで
扇風機の風も涼しく感じられます。


以上を解決したのが“エアクール”敷きパッドです。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


このページのトップヘ