布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2011年08月

バスタオルは毎日洗う派?
2〜3日毎に洗う派?
1週間に1回洗う派?
月に1回くらいしか洗わない派?

そういう話はテレビ等でよく話題になりますね。

あまり洗わない方の意見としては
『風呂上がりで綺麗な身体を拭くだけだから
洗う必要はないでしょう。』というものですよね。

であれば、布団も同じですよね。
風呂上がりで綺麗になった身体で寝るわけですからね。

でも考えれば不思議な話で、
バスタオルは、綺麗になった身体の水分を拭き取るだけに対し

布団は、綺麗になった身体とはいえ
寝汗、皮脂、フケ・・・が毎晩付着します。

どちらが不潔になりやすいか?と考えれば
バスタオルより布団の方が不潔になりやすいように思います。

では、バスタオルよりまめに洗って
まめに干す必要がありそうな感じがします。

しかし、バスタオルは毎日替えるという清潔派の方も
布団を毎日洗うという人は居ません。

バスタオルは1週間に一度しか洗わないという方も
さすがに1週間以上洗わずに使い続けるには抵抗があるという事でしょう。

しかし、こういう方も
布団カバーは1週間に1度も洗わないという方が多いかもしれません。

何故でしょうね。

バスタオルよりも不潔になりやすいのが布団だとしたら
不思議な話です。

布団は、そうそう洗うものではないという既成概念で
慣れてしまっているので鈍感になっているのでしょうか?

そんな中、『昼間は仕事でふとん干しが出来ない。』
『布団を買ってから一度も洗ったことがない。』
こういう方も少なくありませんし
あぁ、そういう方もいらっしゃるだろうなぁ〜という印象だと思います。

一方、バスタオルは1ヶ月も洗わないという方には
わー!不潔!という印象を持たれるでしょう。

不思議ですよね。

というわけで、
・ふとん干しはまめに!(布団乾燥機でも可)
・カバーは週に1回はお洗濯を!
・洗える布団は定期的に洗う。
 (洗えない布団は、丸洗い業者に依頼)

今日の話題を踏まえると
この3つは、やらなきゃ!ですね(^_-)-☆









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


商売柄、市場でどんな布団が売られているのかは
気になるものです。

最近、気になるのが
敷き布団の中にウレタンを使ったモノ!

商品説明欄に
中わた:○○
ウレタン入り

一見良さそうですが
ウレタンが入ると
ご家庭ではもちろん、布団丸洗い業者でも洗うことは出来ません。

何故なら、ウレタンは一旦水を含むと
業者の高熱タンブラーでも完全に乾かすことが出来ないからです。

しかし、商品説明に「洗えない」との注意書きはありません。

一般的に、家庭で洗えない布団も布団丸洗い業者であれば
洗えると思い込んでいるのが普通です。

一切洗えない布団に何年も寝れますか?
ダニアレルゲンやカビ菌、雑菌が溜まり放題の敷き布団で
何年も寝ることになります。

私にはあり得ない商品です。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


ヤフー知恵袋に相変わらず多いのが
フローリングに直敷きの敷き布団にカビが生えてしまった!

現代では季節を問わず
この問題は多いです。

万年床気味の方は論外ですが
毎日布団上げもしているし、布団干しも毎週やってるのに
カビが生えてしまった。
ショックです。という話もあります。

まめに干していてもカビが生えるということは
寝汗等の湿気が完全に乾き切れていないということですよね。
残念ながら・・・

乾いているのにカビが生えることはありません。

であれば、干し方を見直すことです。
長時間干しても側生地が傷みます。

天気が良くても無風では
分厚い敷き布団なんかは湿気が残るモノです。

乾かすことで1番大事な要素は風です。

布団干し場に風が当たり難い環境だったり
湿気が多いお部屋だったり・・こういう場合、
干した後に扇風機で風をあてると有効です。

そこまで出来ない...という声も聞こえて来そうですね。

しかし、外干しが出来ない日や
そういう環境にある方は
室内で扇風機をあてたり

外に干すまではないけれど
布団上げをして室内にある布団に風を当ててあげたり

布団をより乾燥させるためには風が必要だと認識するだけでも
毎日の布団管理の姿勢が変わってきます。

心がけるだけでも今より改善するでしょう。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


今年はランドセルがお盆頃から売られています。
おじいちゃん、おばあちゃんが
お盆に帰省されたお孫さんと一緒に買いに行けるようにだそうですね。

ところで最近流行っているシステムベッド!
小スペースで置けるし人気のようです。

新1年生のお子様に買ってあげられるご家庭も多いのですが
一つだけ布団屋の立場からアドバイスします。

ベッドのスペースは
シングルサイズの敷き布団が納まるモノをお選びください。

と申しますのは、
ここ数年、システムベッドのサイズが特殊サイズで
規格サイズの敷き布団が敷けないとオーダーされる方が少なくないからです。

もちろん作れるのですが
オーダーサイズ布団は不経済で
カバーもオーダーサイズになります。

市販のカバーが使えず・・・
カバーの洗い替えまで考えると
かなり不経済です。

規格のシングルサイズが入るシステムベッドを選びましょう。

もっと言えば、
子供用ベッドには、シングルサイズが入らないモノもあります。

規格のジュニアサイズが入れば
まだ良いのですが、

成長することも考えると
やはり、規格のシングルサイズが入るモノの方が経済的です。

こういうベッドは、デザインや材質に目が行きがちですが
この点にもご留意くださいね。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


布団乾燥機にはダニ退治機能という
便利な機能がありますね。

ダニに刺される時があるので
ダニを退治したいという方には効果的な機能です。

しかし、アレルギーがある方にとっては
これだけでは不十分です。

アレルギーの原因であるダニ、ハウスダストを排除するために
布団乾燥機のダニ退治機能を使う!
良さそうですが、これだけでは
ほとんど意味がありません。

次の図を見て頂くと一目瞭然です。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


福岡は秋雨前線の停滞で
雨続き・・・

気温もこの時期にしては低く推移しています。

朝方に窓から入って来る風が寒く感じる日もあります。

まだ残暑は続くと思いますが
これから先は、突然気温が低くなる日が多くなって来ます。

タオルケットで寝ていると
不意の寒さに、いきなり押し入れから布団を引っ張り出すことも!

しかし、長期間押し入れで眠っていた布団は
カビ臭かったりダニの住処になっていたり・・・

アレルギーの方は大変なことに!

今の内に、押し入れから出して天日干しをしておきましょう。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


体圧バランスに優れた敷き布団
よく聞かれると思いますが
では、具体的にはどういうものなのか?

要するに、腰などの特定部分(一部だけに)に
集中して負荷がかかるのを分散して和らげてくれる機能です。

その為には、肩や腰が沈み込む敷き布団が良いのですが
柔らか過ぎる敷き布団ですと寝返りがし難い為
同じ部分にだけ負荷がかかり続けることになります。

そもそも寝返りと言うのは
同じ部分に負荷がかかり続けないようにする機能ですからね。

そういう意味で、硬めの敷き布団は
寝返りがし易い為に腰痛持ちの方に好まれます。
寝返りが楽にできる為に一定部分にだけ負荷がかかるのを
解消できます。

しかし、硬ければ良いというモノでもなく
硬いだけの敷き布団ですと
いくら寝返りがし易くても
特定部分に負荷が集中し過ぎます。

ですから、適度な硬さの敷き布団が丁度いい感じで、

さらに、硬めなのに適度に腰も沈み込み
寝返りもし易く、体重の負荷も分散してくれる機能、
これが体圧バランスに優れた敷き布団ということです。




●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


相変わらず多いのが腰痛で悩んでいらっしゃる方。
『腰に良い敷き布団はありませんか?』
このようなお問い合わせは多いです。

しかし、腰痛と言っても人それぞれで
これが腰痛対策敷き布団です!という
画一的な敷き布団はありません。

今使っている敷き布団が
腰の為に良くない?かもしれませんが

そもそも、腰自体に問題があるケースが多いと思います。

例えば、『腰痛対策ストレッチ』で検索されると
たくさんのストレッチ例のサイトがあります。

一般的に入浴後は筋肉が伸びやすいので
軽い腰痛対策ストレッチを習慣化されては如何でしょう。

毎日疲れて入浴し
そのままベッドにバタン・・では
昼間に歪んだ背骨や腰の状態で長時間の睡眠に入ることになります。

寝る前に、腰回りのストレスを解消した後に
入眠する習慣を続けると有効のようです。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


占いじゃなく
こういう傾向にあるらしいのですが・・・



当たっているような気がします。

私は、AB型のためでしょうか二重人格で(^^ゞ
睡眠時間が短い毎日が続く時期と
長く眠る傾向の時期があります。

それぞれの時の精神状態を思い出してみると
「なるほど〜。当たってるぅ〜」










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


私たちは8時間睡眠が理想のように
認識していますが、
実は何の科学的根拠もなく
ちょうど24時間の3分の1だから
という理由にすぎなかったらしいです。

科学的根拠から言えば
7時間前後の睡眠時間が理想的だそうです。

老化防止、記憶力、美容、いろんな面で
1番良い数字(調査結果)があるそうです。


もちろん、これは成人の話で
子供はもう少し長く、高齢者は少し短くなるのが普通です。

次のグラフのように習った記憶がありますが
なるほど24時間を分けるのには判り易いですよね。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

加齢臭の悩みの問題はこちら

自宅介護の臭い問題はこちら

ナチュりあインテリア、娘のサイトです。


このページのトップヘ