布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2012年03月

この春、就職進学・・・
たくさんの方が一人暮らしを始められます。

お子様を、初めて一人暮らしさせられる親御さんも多いでしょう。

『ちゃんと食べなきゃだめよ』
『体に気を付けてね』・・・

そこでふとん屋として付け加えますので
お子様に伝えて下さい。

『きちんと眠らないとダメよ』

・布団干しもしてね
(多分あまりしないと思うけど・・・(^^ゞ)

・布団乾燥機でも良いから、ジメジメ布団で寝ないでね。

・カバーは定期的に洗ってね。

そして、
カバーをかけるのが面倒だからといってカバー無しで寝ないでね!


→布団の汚れを防ぐというより、カバーの保温効果は大事です。
カバーをかけると体にフィットした形で保温層が出来ます。
風邪ひかないためにもカバーは必須です。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

女性に多いようですが
同じ方向の横向きで寝るのが癖になっている方

もしくは、寝返りが少ない方

いつも同じ部位に痛みやしびれが出ている場合は
自分の寝姿を見直しましょう。

寝室内の寝ている場所を替えてみたり
ベッドを反対に向きを替えたり・・・

いつも同じ部位が下になり
敷き布団との間に圧迫が続くと
血流が滞り、痛みや凝り、しびれに繋がります。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

下の画像とイラストを見れば
毎日の布団上げと布団干し(布団乾燥機)の重要性がわかりますね。
ましてや・・・万年床は恐ろしい!
カビでなくても細菌やダニアレル物質がウジャウジャ湧くことに!








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

花粉は家の中に持ち込まないように!
ドアの前で、払い落としてから!

でも、ある程度は室内に花粉が入って来ます^^;

そして、寝静まって室内の空気が動かなくなると
当然下に落ちて来ます。

そして、布団にも落ちて来て溜まったり
直接、目鼻口に影響を受けたり・・・

ですから、起床後、布団をはぐったり人間が動き始め
一気に花粉の影響を受けてしまうのが“モーニングアタック(花粉症の朝の発作)”
と呼ばれる現象です。

それを防ぐためには空気清浄機で
室内の花粉を出来るだけ除去しておくことでしょうが
空気清浄機が無ければ、やはり出来るだけ室内に花粉を入れない事でしょう。

ということですので、
万年床になっていると・・・
何をか言わんや(^^ゞ

それを解決する布団カバー









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

敷き布団のカビでお悩みの方は多いです。
防止するのは簡単!

毎日、布団上げをしまめに布団干しをすればOK!
とは言うものの、言うは易し実行は難し!

中には、うちは特別湿気が多く・・・
心がけていても、敷き布団の下が毎朝ジクジク・・・(*_*;

一度カビが生えてしまったら、
あの黒い斑点は、とれません。

ましてや、カビはアレルギーはもとより健康を害します!

そんな時に、助けになるのが除湿シート!

という訳で、多種の除湿シートが市販されています。
しかし、ほとんどが水洗いNG!

これでは、アレルギーの方には使いづらい!

そこで、水洗いOKで清潔に使え、
除湿力も優れた除湿シートを作りました。

私が作るので、他とはちょっと違う!
アレルギーの方にも安心して使えるように工夫しています。

商品ページへ









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

3月は、1年間で最も自殺者が多い月です。
色々な要因がありますので
ここでは割愛しますが・・・

季節は暗くて長かった冬から
やっと明るい春に向かっています。

『昨日まで雨だったので何となく気分も優れなかったけれど
今日は天気もいいので気分まで明るくなるわ』
こんなこと思ったこと有りませんか?

夜の気温も暖かくなっています。
いつまでも冬用寝具で暗く寝るのではなく

軽めの春用寝具に衣替えすると
気分まで変わりますよ。

睡眠は、こんなところにも影響します。
さぁ、明るい春を前向きに迎えましょう(^O^)/










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

よく勘違いされる「アトピーのための食物制限」
何を言いたいかというと
食物制限することがアトピーを改善するための最大の方法と
考えられている方が多いのです。

全く間違いとは言いませんが
その他の要因も、きちんと知っておきましょう。

以下、(公財)日本アレルギー協会発行『よくわかるアトピー性皮膚炎』の中から





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら



お家に帰って来たら花粉を払い落としてからドアを開ける。。
気を付けたいものですね。

でも、実際、花粉って払い落とせるものなの?
着てる服にもよりますが、ウイルスよりはるかに大きい花粉ですので
払い落とせます。

もちろん完全に払い落とせるわけではありませんが
払い落とすという作業でかなり落とせるようです。



一方、布団についても
花粉症はないから・・・とおっしゃる方!

カバーをかけたまま布団干しの場合、
できるだけ表面がツルっとした生地を使い
取り込む前に花粉を払い落としてから室内に入れましょう。

今は症状がなくても、花粉をたくさん吸っていると
いつ発症するかもしれません。

突然、花粉症になった!とおっしゃる方は意外に多いですよ。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

アトピー性皮膚炎のお子様をお持ちの方・・・
子供が痒がる姿を見て何とも言えない可哀想な気持ちになりますよね。

「優しく掻いてあげないと悪化する・・・」
ご存知の通り、掻くことは悪化させる原因になり
かと言って、掻かないと子供は狂ってしまいそうなくらい・・・
そんな拷問のようなことはできないので
もちろん、優しく掻いてあげる必要があります。

患部を冷たいタオルで冷やすと治まることもあったり
できるだけ掻かなくてもいいように痒みを感じさせない。。
そんな方法を考えますよね。

また、必要以上に掻かせない。
その原因には次のようなこともあるそうです。


(新版)『よくわかるアトピー性皮膚炎』より
発行者:公益財団法人 日本アレルギー協会










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

このページのトップヘ