布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2013年07月

寝苦しい夜が続いていますね。
寝汗がひどく夜中に起きてしまったり
朝起きたら寝汗をたくさんかいていたり・・・そんな日は。。

びっしょり濡れたパジャマは
乾かして、その晩使うのは気持ちが悪いので
当然洗われるでしょう。

タオルケットやシーツも
びっしょり濡れている場合、
これも洗われますか?

パジャマは、肌に直接着るので洗うが
タオルケットやシーツは
乾かすだけで洗いまではしない。。。

そんな方も多いと思います。

中には、シーツやタオルケットは
敷き布団の上にそのまま広げておいて
『夜までには乾くだろう。。。』(^^ゞ

アレルギーでお悩みの方には
これはやめてもらいたいです。

朝から就寝時間までの数時間の間に
ハウスダストが湿ったタオルケットやシーツの上に舞い降り
さらには、ダニやカビが濡れた部分に・・・
そして、雑菌は急激に増殖し・・・

その夜は、そんな状態の寝具に寝ることになります。

最低でも、日干しで日光消毒しながら乾かしてください。

もちろん、パジャマのように洗うのが1番!
2日続けて寝汗で濡れたら必ず洗うようにしましょう。

もし、パジャマなんか着ないで寝られる方は
タオルケットやシーツはパジャマ状態!
連日洗わないで寝られるのは
アレルギーがあろうがなかろうが大変不潔な状態であることを
認識しましょう!







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


現代人の悩みの一つ“睡眠”
寝不足、寝つきが悪い、睡眠時無呼吸症候群・・・
睡眠時間はたっぷりなのに昼間も眠い。。。

よく言われるのが
質の良い睡眠をとること。

しかし、自分では質の良い睡眠がとれているか否かは
分かりにくいものです。

そして、これら睡眠障害による心身不良でお悩みの方も多いです。

深刻な場合は、病院に泊まり検査器具を付けて
睡眠分析を行います。

ところが、深刻な状態とはどんな状態なのか?
病院に行くほどのことなのか?

おそらく、そこまではないけれど
自分の睡眠には心配なことがあると思われている方が
圧倒的に多いでしょう。

そんな折、現代の家庭用医療器具の進歩は目覚ましく
寝床横に置くだけで睡眠を分析してくれる小型の器具が
最近1万円台で手に入るようになりました。

血圧計や、体脂肪計等などのレベルで
“睡眠計”も常備品になることでしょう。

これを使うことにより
病院に行くほどの状態なのか否か?が判断できますね。

『睡眠計』で検索すると探せます。
別に回し者ではありませんよ(^^ゞ
一銭も入りません(^_^;)








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


花粉時期から梅雨が明けるまでは
カーテンなどの大物洗いは難しいので
定期的に洗っていらっしゃる方でも
洗うのは梅雨明けになりますね。

こういう方は、もう洗っていらっしゃるでしょう。

そうでない方へ
実は、多いんですよ。

中には、カーテンを洗うという観念がない方もいらっしゃいます(^^ゞ

カーテンを外す作業をするときには
マスクをしたいほど!

カーテンは、お部屋の色々な物(下の絵のような)を
大量に溜め込んでいるものです。

アレルギーでお悩みの方はもちろん
そうでない方も
清潔な空間で生活するためにカーテンを洗いましょう!

お部屋の空気が変わったのが分かるほど
気持ちが良いものですよ。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


節電が望まれる昨今、
熱い夜でも我慢してエアコンを付けない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、現代の住宅事情やヒートアイランドを考えると
我慢して熱中症になる可能性も大です。

昼間の炎天下でもないのに
就寝中の熱中症は少なくありません。

我慢しないでエアコンは使った方が良いと思います。

もちろん、設定温度を下げ過ぎない!
扇風機を上手に併用する!
等の工夫は必要ですがね。

そもそも、夏場の電力使用量のピークは昼間であって
夜間は比較的余っている状態です。

ご存じのとおり電力を溜めておくことが難しい電力会社は
昼間は節電してほしいものの
夜は通常の発電で余っている感じです。



ですので、猛暑続きの熱帯夜に我慢してエアコンを付けないというのは
節電の観点からはあまり意味がなく
それより快眠で、その日の疲れをとり明日への鋭気をやしなった方が
賢いと思いますよ。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


いじめのニュースが絶えない昨今、
アトピーっ子が友達から『うつる〜』と言われたり
本人も「絶対にうつらない」と言い切る自信がなかったり・・・

とんでもない話です!

アトピーは、100%うつることはありません!
どの専門家の先生も「うつることはあり得ない!」とおっしゃっています。

このことを子供にも分かるように紙芝居形式で理解させる必要がありますね。

学校保健ポータルサイトで見ることが出来ます。

学校保健ポータルサイト - アトピーせいひふえんってうつるの? - 電子図書館










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


コンクリートに囲まれた現代住宅は
昼間の熱気が吸収されており
熱くなった器の中で寝ることになります。

そこに、クーラーをかけて寝ても
タイマーが切れると
壁の熱気で室温は再び上がってしまいます。

そして、暑さで目が覚め
再びクーラーのスイッチON!

この繰り返しですね。

ちょっともったいないようですが
就寝2時間前くらいから寝室を壁まで冷えるようにしておくと
(エアコンの設定温度を低くして風量も大にしておく)

夜中にタイマーが切れても
壁が冷えているために
そこまで室温は上がりません。

これで朝まで目が覚めずに快眠できることが期待できます。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


『夜くらいはヒンヤリ涼しく眠りたいものです。
この画期的な冷却パッドがあればエアコンを使わなくても快眠できます!
節電も言われていますしね。』

このようなセールストークで連日のようにラジオテレビから流れて来ます。

しかし!

これは誇大広告です!



このセールストークを聞くたびに
売れればいいの姿勢が露骨に感じられます。

冷却パッドに寝ていても室温が高ければ、
冷たく気持ちいいのは接触している皮膚面だけで
深部体温までは下がってくれず
エアコンを完全に切ってしまうと危険な状態になる恐れもあります。

室温の高さになかなか寝付けなかったり
寝入りばなの冷たさで一気に寝てしまえばいい!
しかし、冷却効果がなくなり目が覚めてしまうことも。

『昔はエアコンもなかった!』は通用しない現代です。
昔は、住宅自体が通気性が良く
周りの田んぼの水が涼しい風を運んでくれました。
風鈴だけでも涼を感じた時代です。

しかし、現代の住宅はお分かりのとおり気密性が高く
周りはコンクリートジャングル!
昼間の熱気が家を加熱し続けています。

設定温度を高めにすれば一晩中エアコンを付けっ放しの方が良いと
言われる専門家もいらっしゃるほどです。

特に都市部では、いくら流行だからといっても冷却パッドだけでは
ヒンヤリ涼しく快眠などは期待できません。

エアコンに頼らずではなく
エアコンに頼りすぎず!
という言い回しをしてもらいたいものです。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


NPO法人 日本アトピー協会通信紙「あとぴいなう」2013年7-8月号より
アトピーでお悩みの方にご紹介します。

率直なお話です。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


御簾やよしずを使われるお家も多いでしょうが
どうせなら効果的に使いたいですね。

窓枠のすぐそばに使うより
離せるだけ離した方が、より涼しくなります。

逆に、
遮光カーテンやブラインドで日光を完全にシャットアウトした方が
良さそうですが、窓の室内側にあるもののため
日光を受け熱を持ってしまうこれらの物は室内の温度を上げてしまいます。

要するに、室外の部分の影の面積を広くすることがポイントです。


もうお分かりのとおり、ベランダがあり
ベランダが直射日光で熱くなっていると窓際に御簾やよしずを使っても
さほど涼しくなりませんね。

工夫して、ベランダにも影ができるように設置すると
より涼しくなります。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら



寝具業界にも激安商品から高品質商品まで多種のアイテムがあります。

その品質の差は、我々プロが見ればわかるのですが
中には、私達でもわからないこともあります。

その一つに生地に加工する染料の質があります。


この他にも、外見は同じでも価格が全然違う素材がありますが
私は、そのような価格だけの判断で安く仕入れられるからと取引するのは怖くて
できません。

信用できるメーカーさんから正規の素材を適正価格で仕入れるのは
布団屋のプライドです。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


このページのトップヘ