布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2013年08月

地元の小学校では
『すやすやぱくぱく運動』をPTAとともに推進されています。

すやすや=早寝早起き
ぱくぱく=朝ごはんをきちんと食べる

最も基本的なことであり
  最も大事なことですね。


配布されているものをスキャンしたものです。




●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら




突然の夕立で布団を濡らしてしまったぁーー!!
誰でもご経験があるでしょう(~_~;)

では、その濡れた布団はどうされます?

完全にビショビショに濡れてしまったら
なかなか対処が難しい!

お風呂場で、できるだけ水を切ってから
浴室乾燥などで乾かせるだけ乾かして
布団丸洗い業者に依頼してください。

捨てても惜しくない布団でしたら
処分した方が良いでしょう。


では、部分的に濡れてしまった布団は
洗える布団であれば洗ってしまいましょう。

ご家庭で洗えないものでしたら
前述のように出来るだけ乾かして
やはり、布団丸洗い業者にお願いしてください。

1番マズイ対処法は
部分的に濡れた程度だから
浴室乾燥で乾かせば乾くだろう!です。

お布団は、一見乾いたような感じでも
中は完全に乾いていないということが普通です。

そのままにしておくと
雑菌がものすごい勢いで繁殖します。

では、洗える布団であれば少々濡れても
すぐに乾かせばいいかと言うと
やっぱり、乾く前に雑菌が繁殖しますので
改めて洗った方が良いです。



ポイントは、濡れてしまった布団は、
乾かすまでに時間が経てば経つほど雑菌が繁殖してしまうということです。

出来るだけ布団丸洗い業者に依頼されることをお勧めしているのは
専門の高熱乾燥で殺菌できるからです。

洗える布団であれば、もともと洗える機能がありますので
改めて洗ってきちんと乾かせば大丈夫です。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら




熱帯夜に裸で寝るのとパジャマで寝るのは
どちらが比較的気持ち良く寝られるか?

どちらが暑苦しくないか?

裸で寝た方が暑くないような気がしますが
実は、パジャマで寝た方が快眠しやすいのです。



ただし、吸湿放湿性を考えたパジャマの場合です。
サッカー生地のように体にペタッとくっ付かない素材が良いですね。

逆に、体にフィットしたTシャツは汗で肌にくっ付きやすいので
汗が冷えて夏風邪をひく場合があります。
やっぱりパジャマの方が良いです。

ジャージは論外です。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


暑いし疲れているし
お風呂を沸かすなんて面倒くさいし
シャワーでじゅうぶん!

こんな方は多いと思います。

しかし、あえてお風呂に入ると
相対的に室温が涼しく感じ
エアコンの入った寝室に入ると
いつもより、心地良い涼しさが味わえます。

人は体温が下がり始めると眠くなります。
お風呂からエアコンの部屋へ入ると
心地よい眠さが快眠を誘います。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


寝苦しい蒸暑い夏!
睡眠不足に陥りやすく疲労が回復せず、
食欲や体力も減退し、夏バテ状態になりがちです。

夏バテは、夏後半にやって来ます。

寝苦しいのは、高温多湿の不快な寝室内や
布団がじめじめであれば必要な手足からの熱の放出が出来難く、
寝るために必要な体温の低下が得られないためです。

寝室の湿度は高くならないようにエアコン等で調整できますが
布団干しが出来ていないジメジメ布団は
前述のようにマズイです。

夏は短時間でも布団干し効果があります。
午前中に干せば、布団干しの熱も冷めます。

午後からになった場合は、
扇風機をあてると熱は冷めます。

からからに乾いた布団で熱帯夜を乗り切りましょう!







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


そろそろ、長い夏の疲れが
肉体的にも精神的にもピークを迎え
寝るのも疲れる。。。って方はいらっしゃいませんか?

無理もないです。
今年の暑さは強烈ですからね。

下のイラストを見ていただくと一目瞭然!

ブルー系の色彩の寝室は
見ただけで癒される感じですね。

壁紙を変えるのは大変ですから
一時的に簡易に替えられるインテリアグッズを
ホームセンターから買ってきたり、

ランプにブルーのフィルムを張ったり
涼しそうな絵やタペストリーをかけたり

ホームセンターのインテリアコーナーには
安くて使えそうなものがあります。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


太陽がギンギン!
強烈な日差しの中、布団を長時間干しっぱなしに
されている光景をよく見ます。

強烈な紫外線で布団側地はダメージを受け
寿命が短くなります。

猛暑日が続くこの時期は
午前中だけの布団干しで十分です。

(もちろん、間に表裏を返してください。)

午前中に済ませると
夜までに布団の熱も冷めて寝やすくなります。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


たまらない猛暑が続いています。
室内の仕事であるにもかかわらず汗だくで
タオルを何枚も使っています。

その汗を拭いたタオルは
タオル掛けにかけて

仕事にかえり・・・

また汗をかき
そのタオル掛けのタオルで汗を拭きます。

ある程度時間がたっていますので
タオルもほとんど乾いていますからね。

まぁ、普通のことでしょう。

ここで気づいていただきたいのが
熱帯夜で寝苦しく寝汗をかいた朝のシーツも
その日の夜までには乾いています。

前述の汗を拭いたタオルは
翌日も使うことはありません。

しかし、寝具のシーツは毎日洗って替えますか?

毎日替えるのが理想ですね。
こんなに暑い熱帯夜を乗り切っているのですからね。

でも、なかなか・・・

わかります。

しかし、1週間も洗わず同じシーツで寝るのは
不潔すぎますね。

特に、アトピー肌の方は
雑菌やアレルゲンの影響を大量に受けることになります。










●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ステロイドを否定しているのではなく
こういう話もあります。

規則正しい生活を送っていれば
アトピーは軽減する!

入院するメリットは
規則正しい生活とバランスのとれた食事と
ダニの少ない病室!

特に、特別な治療をするのではなく
これらが入院のメリットだそうです。

考えてみれば、
家での子どもたちは、
寝坊 → 朝食はバタバタ → 遊んで汗をかいても夜までそのまま
→ バランスの悪い食事 → ゲームで夜更かし → 寝坊
そして、ダニアレルゲンの多い部屋!

なるほど〜ですね。

もちろん、入院時のように
きちんとは行かなくても
それに近い環境になるように
規則正しい生活をさせることが基本で
ある意味、特効薬かもしれませんね。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


アトピーっ子が痒みを訴えるのは、
痒い理由があるからで
『掻いちゃダメ』と言ってかたずけるは良くないと言われます。

きちんと治療してあげるのは親の務めですね。

一方、スキンシップ不足で
親に甘えて痒みを訴える場合もあるそうです。

ところが、
痒みを訴える度に、優しく抱っこして薬を塗ってあげたり
軽く掻いてあげたりしていると

子供は、『痒い』と言えば
優しく抱っこしてもらえるということを期待する習慣がつき
これが痒みを引き起こすこともあるそうです。

あるアレルギー専門医の先生の話では
痒みを訴えていない時にこそ
スキンシップが必要だそうです。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


このページのトップヘ