布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2013年09月

押し入れの衣替え(寝具替え)の季節です!
これを機に、いつでも気軽にお掃除できる押し入れにしませんか?

いつでも気軽にお掃除できない理由は
・物がぎっしり詰まっている
・下段は重いものが多いので全部出して掃除するのは大変
ですよね。

そこで、下のイラストのようにすれば・・・

気が向いた時に、まめに押し入れのお掃除が出来るようになります。
押し入れは、カビやダニの増殖室のようなものです。
アレルギー対策には見逃せない場所ですからね。

尚、キャスター付きのケースは
ある程度しっかりしたケースをお買いください。

ケースの引き出しにぎっしり収納した場合、
重さでキャスターが廻り難くなるものがあります。

イラスト下部の小さいすのこにキャスターを付ける・・・は、
我が家では、あちこちに利用しています。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら




姪に初めての赤ちゃんが生まれました。
そして、私の長女も12月に・・・

まず、五体満足で生まれて来てほしい。
できれば、アレルギー体質でなければいいなぁ〜

そんなことを思っていると・・・
ベビーふとんのことに考えが(^^ゞ

たぶん長女も
可愛いキャラクターの布団に寝せてあげたいと思っているでしょう。

娘に限らず、ほとんどのお母さんが
可愛い布団を選ばれるでしょう。

しかし、赤ちゃんの健康のために
どんなベビーふとんが良いか?を第一に考える方は少ないです。

推察するに、前述のように可愛さ重視であり
今どき売られているベビーふとんに健康を害するようなものはないだろう。。
ということでしょう。

もちろん、健康を害するものは粗悪品でない限り
売られてはいないでしょう。

しかし、洗える布団か否かは別の問題です。
お値段が高く品質が良くても洗えない布団はあります。

もちろん、布団丸洗い業者に出せば洗えますが
コストもかかりますし、最低1週間はかかるし
頻繁に洗うことは非現実的です。

ベビーふとんにもダニアレル物質は蓄積されますし
赤ちゃんは、1日の大半をこの布団の中で過ごします。



可愛い布団に寝かせたいは
赤ちゃんが喜ぶというより
お母さんが、可愛い赤ちゃんが可愛い布団に寝ているところを
見たいからでしょう。

このことを重視するのか?

洗えるベビーふとんに寝かせてあげて
定期的にダニアレルゲンを排除してあげることを重視するのか?

どちらも満足させる方法は
洗える布団に可愛いカバーをかけてあげることでしょう。


洗えるベビーふとん







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら




秋の夜長〜
大人も子供も夜更かしする傾向になります。

ご存知のように、子供にとって睡眠は大事なこと!

・頭痛がする

・イライラする

・ぼーっとする

・風邪をひきやすい

・集中できない

・ニキビができやすい

・太りやすい

こんな症状があったら
睡眠不足のサインかもしれません。


お宅のお子さんの
こんな様子にも気を付けてあげて下さい。

睡眠中に出るホルモン

成長ホルモン ・・・からだを成長させる
           疲労回復

コルチゾール ・・・ストレスに負けない状態をつくる


メラトニン ・・・体内時計を正常に保つ
         ぐっすり眠れる

その他 ・・・新陳代謝活発にする
       免疫力を高める







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


朝日で体内時計がリセットされることは
皆さんご存知でしょう。

しかし、朝食をとることも
体内時計をリセットする効果があります。

栄養をとることによる効果もありますが
パクパクそしゃくする顎のリズム運動が
セロトニンという目覚めておく上で重要な物質の分泌が促されるそうです。

要するに、パクパク噛んで食べることが目覚めに役立つということです。

ですから、朝から栄養ドリンクを飲んでも
この効果は得られません。

やはり、ちゃんと朝食をとることは大事ですね。

下のイラストのように
朝日を浴びながらの朝食が理想ですが

早朝暗い内に出勤という方も多いでしょう。
朝日を浴びることは出来ませんが
しっかりした朝食をとることにより
充実した1日のスタートを切る一助になるでしょう。


もし、どうしてもちゃんとした朝食がとれない方や
電車通勤で長時間車中で過ごすことになる方は
ガムを噛むことにより
この効果が得られるそうです。

朝、ちゃんと目覚めないと
午前中の仕事の効率も悪くなりますよね。

そうそう、
朝日を浴びながら朝食がとれる子供たちは
せっかく、このような理想的な朝を迎えられる時間帯がありますので
この効果を見逃すことは出来ません。

朝、ちゃんと目覚めて学校に行くと
成績も上がるというデータもあります。

また、朝が弱い方も
野菜ジュースだけの朝食から
しっかり噛める朝食をとることにより
徐々に朝に強くなることが期待できるでしょう。

そういう習慣を付けましょう(^^)/






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ダニは、高熱で死にます。

布団乾燥機のダニ退治機能や
コインランドリーの乾燥機、
高熱乾燥サービス車で
ダニを殺すことは出来ます。

では、ダニアレルギーによる喘息やアトピーの方は
これで安心か?と言うと
全く、そうではありません。

ダニの増殖は止められますが
ダニアレルゲン(ダニの死骸やフン)がアレルギーを引き起こす力は熱に強く
何の解決にもなっていないと言っていいでしょう。

ですから、
この後は、掃除機がけでアレルゲンを吸い取る作業が必須になるわけです。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ご存知のように
気候の変化が激しくダニアレルゲンが増える秋は
喘息の方にとっては発作が出やすい時期です。

そして、どんなに綺麗にお掃除されたお部屋でも
無菌室ではないので
多少なりともハウスダストがあります。

そんな綺麗なお部屋でも
布団を敷く作業をすると大物を動かす作業だけに
お部屋の空気は大きく動きます。

すると、微量でも布団からのホコリが舞うことはもちろん
床のハウスダストも風圧で舞い上がります。

これらのホコリが舞っている時に寝るのは
喘息発作の原因にもなりかねません。

30分くらいするとホコリ(ハウスダスト)も落ち着きますので
(※もちろん完全に落ち着くわけではありませんが)
布団敷きは、就寝時間の30分以上前に行いましょう。


この例は、相当清潔なお部屋でも
こういうことがあるという意味です。

あまりお掃除が出来ていないお部屋であれば
推して知るべし!
ですね(^ω^;)






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


厚労省の調べで
大人になってからアトピー性皮膚炎になる人が
増加しているというデータが発表されました。

普通は、子供に多く
大きくなってから治まるというのが常識でしたが
こんな常識は通用しなくなっています。

大人になってから発症する原因は
ストレスが大きな要因とのことです。

次のイラストは
この報告を受けての私のイメージです。



では、どう対処するのか?
『ストレスを溜めないようにしましょう!』と締めくくってありました。

そう言われてもねぇ〜
ストレスを溜めないようにしようと思って出来るなら苦労しませんよね(^^ゞ

でも、きちんとした睡眠をとることは意図的にできます。
睡眠はストレス解消の効果がありますからね。

・夜更かしをしない
・夜食を食べない
・遅くまで飲まない
・決まった時間に寝て起きる
・質の良い寝具を使う






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


いつも測る体温と違って
体の中の体温(深部体温)というものがあり
寝起き前の朝方が1番低く
昼間は高めで
21時とか22時頃から下がり始め
これにより眠気が誘われ
24時前に就寝する。。。

ご存知の方も多いでしょう。

そこで大事なのが
夕方18−20時頃に
夕食をとったり軽めの運動をしたりして
一旦、深部体温を上げるようにして
その後、徐々に下げると
24時前には自然に眠りにつけるそうです。

午前0時から6時くらいまで眠ることは、
健康面でも美容面でも良い影響が得られることは
ご存知ですよね。

忙しい現代社会ですから
なかなか理想通りには行かないでしょうが
21時以降にしかウォーキングなどの運動をする時間がなかったり
遅い夕食をガッツリとったり・・・

これにより、交感神経が優位になると深部体温が下がらず
(逆に上がってしまったり…)
疲れているはずなのに、なかなか寝付けない状況に陥ります。

すると下のグラフの赤線ように不自然な睡眠になり
睡眠の質も悪くなります。

このことが、生活習慣病のような健康面や
太りやすい体質になったりするそうです。


※図はイメージです。

お仕事の関係でご帰宅の時間が遅くなる方も多いでしょう。
可能なら、ご帰宅前に夕方に夕食をとれればいいですね。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ちょっと早いですが、
そろそろ、衣替えのためにタンスの整理をされるでしょうね。

気温の変化に伴い服装を替えるという意味もありますが
季節に応じた服装でないとファッション的にもおかしいので
みなさん忘れずにきちんとされるでしょう。

また、夏用は来年まで虫に食われないように
きちんと対処して収納されます。

ところが、寝具となると
人に見られるわけでもないので
無頓着になりがちです。

寝具の衣替えは
ファッションのように人に見られることはありませんが
健康を考えれば非常に重要なことです。

服を収納しているタンスの中は綺麗でも
押し入れの中は、ホコリ、カビ、ダニだらけでは
人間にとって最も重要なことの一つである睡眠の質は低下します。

押し入れの中で冬物と夏物が混在し
とりあえず、季節に合った寝具が取り出しやすい位置にあるなんてことが
ないように、きちんと衣替えしてあげて下さい。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


三つの「かんき」−換気、環気、乾気−

○換気
 閉め切ってある場所は湿気のたまりがちな所です。
 できるだけ開放して空気の流れをよくしましょう。

○環気
 時には、扇風機などで空気を循環させ湿気のよどみをなくしましょう。

○乾気
 エアコンの除湿機能等で湿気をとることも有効です。


こまめな換気と湿気を残さない工夫をしましょう。



現代住宅は、ご存知のように高気密です。
ですので、1年中、『かんき』が必要です。

次のようなことに役立ちますね。

・ダニアレルゲン(ハウスダスト等)を軽減できる。
・カビの発生を予防する。
・シックハウス症候群の軽減








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


このページのトップヘ