布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2013年11月

赤ちゃんは、一夜に約60回も寝返りをうって、
骨の歪みを解消するそうです。

成長とともに寝返りの数は減り、

大人になると、約半分の30回程度になるといわれています。

え!
30回も?
と思いますよね。

しかし、実際は、そんなに寝返りしていないかもしれませんね。

骨の歪みは、寝返りが少ない人ほど残った歪みを蓄積していくそうです。
だから、肩こりや腰が慢性的に辛い方は、
もしかしたら、寝返り不足かもしれません。

寝返りがなく、品よく眠る寝姿は、理想のように思えますが
実は、身体のためには良くないということになりますね。

そういえば、子供はほとんど寝相が悪く
180度回転することもありますよね。

もちろん、若いということもありますが
腰が痛いという子供は、まず居ません。

現代人は、身体を動かす仕事より
脳を使う仕事時間が多くなり
運動不足になっています。

だから、寝返りが少なくなったという説もあるようです。

同じ姿勢で寝ていると、同じ部分の筋肉が圧迫され続け、
血液循環にも良いところと悪いところが出来てきます。

あるお客様で、左の肩だけが1日中痛いと言われていました。
(別に、手が上がらないということではなく)

よく話を聞くと、寝返りが極端に少なく
いつも、左肩を下にする寝姿が癖になっておられました。

これを解消するためにも寝返りが重要なポイントです。

でも、眠っている時に意識的に寝返りを打つことはできません。
しかし、無意識に寝返りを打とうとしても
寝具が妨げて、結局、寝返りの回数を減らしてしまっている可能性はあります。

1.まず、寝返りを打てるスペースが敷き布団にあるか?
楽に寝返りができる敷き布団であるか?
(よっこいしょとしないと寝返りが打てない敷き布団はNG)

2.枕は、寝返りを打っても違和感がなく、首筋が曲がることがないか?

3.掛け布団が重くて、寝返りし辛いことはないか?

これらは、起きている時にもチェックできます。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ドライクリーニングの場合は、油溶性の汚れは落ちますが、
ダニアレルゲン等の水溶性の汚れは取れません。

アレルギー症状の方でも、シルク毛布は使えるとされています。
※安物ではなく、きちんとしたメーカーで品質が良いものに限る。

そこで、よく聞くのが
水洗い出来ないとは知らなかった!

基本的にシルクは水洗いができません。
ドライクリーニングに頼るしかないのです。

しかし、ドライクリーニングでは
アレルゲンを除去できないので、
結果的に、アレルギー症状がある方には使えません。


しかし、最近では、ウォッシャブルのシルク毛布も販売されていますので
どうしてもシルク毛布という方は、水洗いOKのものをご選択ください。

あ!
ということですので、布団など寝具類をアレルギー対策のために
クリーニング店に出される場合は、
必ず『水洗いで』と、ご指定ください。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


子供が転んでも安全、音を吸収しお隣や他の階に迷惑がかからない、
暖かい・・・等など
人気のコルクマットについて
『アレルギー対策には悪いものでしょうか?』という
ご質問も少なくありません。

答えは、ものによります。

絶対だめなのが、接着剤を使ってあるようなシックハウスなど
一切考慮されていない安物!

次にダメなのは、表面のざらざらが多く、目が粗いもの!
→埃が入り込みハウスダストの溜まり場になります。

そして、アレルギー対策の基本である水洗いができること!

この3つに気を付けて商品を選んでください。

そして、実際に敷き詰めるときは、埃が入らないように
隙間なくジョイントしてください。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


先日、妻が起床後に
「ごめん、目が回る。。」と朝食を作る途中でダウン。
ソファーに横になったため

私は、自分で朝食をとり
いつもの時間に出社しました。
(通勤時間3分)(^^ゞ

少し休んでから出社するだろう思っていたら
産歩きで帰ってきている娘から
『メニエールみたいよ。お母さん吐いている』とのこと!

息子に頼んで病院へ
点滴してお昼過ぎに帰宅。。
その後、ベッドで寝ていました。

医師の診断は、
特に病名はなく、しばらく休めば・・・ということでした。

私は、妻の睡眠不足を指摘しました。
夫婦だからわかる話です。

妻は、ほとんど深夜12時を回らないと寝ないのです。
遅いときは、1時すぎ!

起床時間は、6時半!
5〜6時間の睡眠時間です。

では、夜遅くまで何をやっているかといえば
テレビドラマを観たり、DVD、洗濯機を回したり・・・

妻が体調を壊すと
私はいつも言うのです。
「早く寝ないからだ」

すると、妻は、
『すぐ、そう言うから具合が悪いって言いたくないのよ。』

どうしても、
夜更かしだけは止められないのです。

ところが、
この日の朝は、点滴を受けるほどにきつかったらしく
もっと説得力があるように注意しなければと思い、
専門医の先生たちが言っていることを伝えたのです。


睡眠不足は、体の免疫力が低下し、体の各機能のバランスが崩れることによって
めまいや吐き気などの各症状を引き起こします。

・メニエール病のめまい発作の主要な誘因のひとつに睡眠不足がある。
またメニエール病とは関係なく、睡眠不足はめまいを起こす原因とも言われている。

・寝不足が続くと心身ともに疲労が溜まり、そのことがストレスや自律神経の異常に繋がり、
めまい発作を誘発する。

 「望ましい睡眠時間は6時間半から8時間。5時間を切る日が続くと、
脳はチューハイを2〜3杯飲んだときと同じくらい機能が低下する」と指摘するのは、
睡眠研究の第一人者として知られる睡眠評価研究機構の白川修一郎代表

アルコールを一切受け付けない下戸の妻が
チューハイを2〜3杯飲んだら目が回るはずです(^^ゞ
これは冗談ですが、

睡眠不足によって吐き気が生じている日には、
次のような点に気をつけて生活するようにしましょう。

•コーヒーや炭酸飲料など、胃腸に負荷をかける飲み物をのまない
•暴飲暴食をせず、体に優しい食べ物を食べる
•可能であれば仮眠をとる






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


古くなった羽毛布団の側地を剥ぎ、中の羽毛を殺菌処理し、
目減りした分(羽毛や羽根がクズ状になっているものは捨てる)
新しい羽毛を足して、新しい側地に充填し仕上げる。

コスト時には、新しい羽毛布団が買えそうな料金なのですが
思い出の羽毛布団や高級だった羽毛布団、
さらには、もったいない精神の持ち主の方は
よく利用されます。

※ただし、自分の羽毛布団の中身を正直に使ってリフォームされているか否かは
 その業者のモラル次第です。


いわゆる、羽毛布団のリフォームですが
某寝具業者の実際あった話です。

売価を安く抑えるために
下のイラストのように部分的にポリエステルわたを使っている羽毛布団があります。

正直な業者では、きちんと、その旨表示されています。

ですが、購入して何年も経っていて
品質表示ラベルの文字も薄くなって読めず。
お客様も、部分的にポリエステルが使われていることを
悪意があったわけではなく、業者に伝えずにリフォームを依頼されたそうです。

そのリフォーム業者さんが
この羽毛布団を解体したところ
ポリエステルの存在に気づき
お客様に、このような事情で新しい羽毛を通常より多く足さなければいけないため
料金が上がる旨、話したところ

お客様は、そんなに高くなるなら
リフォームは止めますので戻してください。と言われたそうです。

大変なのは、リフォーム業者、
もう、解体した後などでお客様に戻すこともできず。

新しい安めの羽毛布団を弁償されたそうです。

リフォーム業者も、解体する前にチェックすればよかったのですが
どちらが悪いということも言えない悲惨な話です。

この話はいったん終わりますが、
上のイラストのような羽毛布団は、今後増えることが予想されます。

というのは、中国の鳥インフルエンザの影響は大きく
羽毛が極端に品薄になり
必要な量を輸入できなかったり
価格が高騰したり・・・

結果、上のイラストのような構造の羽毛布団を作らざるを得ないという
そんな状況が予想されます。

ここで、私の心配なことですが
上のイラストのような羽毛布団構造をきちんと表示して
消費者も納得されて買われるのは全然問題ないのですが

上のイラストのように分離せず
羽毛に混ぜ物をして表示せずに羽毛布団を作る輩が出てこないかと心配しています。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら




木綿わたの原料は100%外国産です。

大昔は、国内でも綿花が栽培されていましたが
もう何十年も前から、木綿の原料(原綿)は外国の綿花畑で栽培されたものを輸入し
国内で打って布団用の中わたに加工します。
そして国内で製品に仕上げる布団が国産です。

※打つ=わたの原料は固く、それを布団わた用にふかふかに加工する過程を
 わたを打つと言います。

もちろん、完全に外国で製品になるまで仕上げて輸入する布団も多いです。
これが輸入物です。

さて、木綿わたの原料は
原産国の土地や気候の違いにより
その特性が違います。

例えば、インド綿は、わたの繊維が短めで太めです。
一方、メキシコ綿は、繊維が長く細いという特徴があります。

どちらが良いとか悪いとかいうことではなく
(もちろん、同じ原産地の中でも品質の優劣はありますが、ここでは割愛)

インド綿は敷き布団に向いている。
メキシコ綿は掛け布団に向いている。

これを基本に、その特性を生かして
お客様の用途に応じて手作業で綿入れをしていました。
(そういう街の布団屋さんは少なくなりましたが)

しかし、そのように布団作りをしてきた布団屋は
機械化したとは言え、その特性は頭に入れて作ります。

ここに、歴史ある布団屋のまじめな布団作りと
そうでない業者との違いがあります。

そして、この話は木綿わたの繊維だけではなく
ポリエステル繊維にも同じことが言えます。

ひと口にポリエステルの中わたと言っても
その品質の優劣はもちろん
太くて短めの繊維、細くて長めの繊維があるのです。

もちろん、仮に布団を裂いて中を見たとしても素人にはわからない話です。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


昨日の話に続きます。

毛布も毛が倒れてしまうと保温層が小さくなります。
さらに、昨日の話のように素材そのものは温かくないので
長い毛羽の毛布は、毛が倒れたら保温層ではなく毛羽素材だけが
体に触れることになり、それがアクリルやポリエステル毛布の場合は特に
ヒヤッとして全然温かくないということがあります。

長い毛羽がふさふさでボリュームがあり豪華そうに見える毛布は、
お店で触った時には、ふかふかで温かそう!と思うのですが
実際寝てみたら、全然温かくないのは、こういうわけです。









●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


『最近布団が温かくないなぁ〜』
そんな方、布団がぺちゃんこになっていませんか?

布団が温かいか否かは、
素材そのものが温かいか否かではなく
体温の熱を機能的に取り込んで温かい保温層を
どれだけ大きく作れるかによります。

ですから、膨れる布団の方が温かいということです。


布団がぺちゃんこになる原因は、
ズバリ2つあります。

1.使用年数が長くなり圧縮されたようにぺちゃんこで硬くなる。

もうひとつは、
2.布団干しができていない。


1.が原因の場合は買い替えるしかありませんが、
2.の原因は、解決できます。

最近、優れものの布団用掃除機が流行っていますが
(私もおすすめですが)
布団を膨らますことはできません。

ふっくらできるのは、
日干しや布団乾燥機です。

また、できるだけぺちゃんこにならないようにする予防策も
日頃から、短時間のまめな布団干しをすることです。

※短時間と書いたのは、長時間の布団干しを数少なくするよりも
 短時間でもまめな布団干しをする方が布団にやさしく効果的だからです。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


起毛タイプの温かいカバーをお使いの方も多いでしょう。
でも、な〜んか、風邪ひきやすいなぁ〜。。。
そんな方はいらっしゃいませんか?

この起毛部分は、お布団に入る時にヒヤッとしないし
即、温まる感じで良いのですが・・・

高級品を除いて、吸湿性は低いです。
ですので、寝汗が残ってしまい風邪をひきやすい傾向にあります。

さらには、普通のカバーに比べて厚地になるために
布団の中わたまで体温が届きにくく、
本来の布団の保温力が発揮しにくくなり、
夜中に、意外と温かくない!とお感じの方も多いと思います。

一方、普通のカバーは、
最初はヒヤッとしますが、
体温が布団の中わたに伝わりやすく
数分で、ぽかぽか温かくなり
(品質の低い布団は除いて)
保温、放熱、吸湿、発散等などの自動調節機能が
健康的な睡眠を提供してくれるため、
こちらの方が、風邪をひきにくいと思います。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


よく聞く話ですが
『洗える布団は寒いので…』

そもそも、中綿にポリエステルを使っていれば
洗える布団は作れます。

ところが、ポリエステルのランクも
ピンきり!

しかも、布団の中身は見えない!

従って、安さを売りにしたい場合は、
(もしくは利益を出したい時には)

ポリエステルの中でも1番安い素材を使う業者があることは容易に想像できます。

もしくは、ある品質の高い素材を使う場合、
70%使用していたら、その素材の表示ができる等など・・・

今話題の、虚偽表示じゃありませんが
素人には、なかなか見抜けないのが布団です。

しかし、これだけは書いておかなければ!
当店が作っている洗える布団は、まったく正直です!
そして、高品質高機能のポリエステルを使っています。

だから、洗える布団なのに温かいのです!


補足

洗える布団だからカバーは掛けないとおっしゃる方がありますが
それは間違いです。

カバーは、保温力を上げてくれますので
カバーは必須です!

もし、カバーを使っておられなかったら
カバーをしてみてください。

ぐっと温かくなります。

洗える布団といっても、
カバーを洗うように頻繁に洗うことは非現実的だからですね。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


このページのトップヘ