布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2014年06月

『布団は想像以上に汚れている』
最近よく聞くようになった言葉ですね。

だから、定期的に洗うことが推奨されているのですが
今は梅雨。。。

布団丸洗い業者に出すにも日数もかかるし、
費用も安くないし。。。

もし当店のような洗える布団であっても
この時期は、なかなか(^^ゞ


では、どうしましょうか…?

答えは、とにかく乾かすことです!
布団乾燥機をお持ちだったらそれが1番ですが
お持ちでなかったら、布団を椅子に掛けて扇風機を掛けるといいですよ。

紫外線ランプ付きの掃除機でも
乾かすという意味では使えません。

とにかく乾かしておけば
カビやダニの増殖も止めることが出来ます。

そして、何と言っても布団本来の吸汗性が戻りますので
比較的爽やかにお休みいただけます。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


お部屋のグリーンは癒されますね。
そういう意味ではいいのですが
これも限度モノです。

置き過ぎには注意しましょう!

ご存じのように、湿った土によりカビやダニが増殖しやすく
葉っぱの埃は、ドアの開け閉めなどでお部屋に舞い上がったりします。

特に、この時期はお部屋を閉め切った時間が長く
換気も疎かになりやすいので
アレルギーを誘発しやすくなります。

子供部屋など狭い空間だと観葉植物一個だけでもマズイようです。
ワンポイント的に小さいモノならいいのですが・・・


以前にあるお宅を訪問した時に
玄関から奥の部屋まで観葉植物がたくさん置いてあり
お部屋の空気が不健康な状態で埃っぽいと感じたことがあります。

好きな方にはある程度仕方がないのでしょうが
くれぐれも置き過ぎには注意しましょう!






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


まだ、あまり知られていない危険なカビ!
アスペルギルス!

アレルギーを引き起こすことや
へたすれば死に至ることもあるということです。

特に注意しなければいけない場所は、
押し入れ、エアコン、家具裏、掃除機の中・・・
アレルギー対策のための環境整備重点個所と似ていますね。

NHKニュース『おはよう日本』

2013年6月10日(月)

梅雨にご用心! 知られざる“恐怖のカビ”で分かり易く紹介されています。

↑リンク文字をクリックするとNHKの該当ページに飛びます。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


去る6月11日TNCテレビ西日本『ももち浜ストア』で当店の
放映があったことはご報告しましたが
なにぶん全国放送ではないために動画をアップしました。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


学校の授業でもプールが始まっていますね。

ご存じのようにプールには殺菌のために一定濃度の塩素が
入れられています。

アトピーの湿疹は、塩素の刺激で、かゆみが強くなったり、
湿疹がひどくなります。

ですから、プールから出たら、プールの水をしっかりと洗い流すことが
重要ですね。

『知ってるよ〜』という声が聞こえてきそうですが
大人にとっては常識なので
つい、子供も知っているような感覚になっていることが多いです。

アトピーっ子には、何故シャワーをきちんと浴びなければならないかを
今一度しっかり言い聞かせてください。








●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


お見舞いに鉢植えは厳禁!
これは常識ですね。

根付く=寝付くで
入院が長引くということで縁起が悪いから・・というのが
その理由ですね。

ところが、縁起が悪いだけでなく
入院患者のために本当によくないのです。

胞子は空気中を舞っており、それをゼロにすることはまず不可能ですし
土の中にもいっぱいあります。

カビはアレルギーや肺、皮膚などの病気の原因にもなり、
とくに免疫力の落ちたお年寄りや病人には要注意。
「だから、お見舞いに鉢植えの花はよくない」と
千葉大真菌医学研究センターの矢口貴志助教授は言われています。


そして、カビに加えてダニも多いのが観葉植物のような鉢植え・・
ですから、アレルギーでお困りの方は室内に鉢植えは置かない!と
警告されるのです。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ダニの最大の弱点は乾燥なのです。
それを踏まえて効果的なダニ対策について書きます。

相変わらず人気の紫外線ランプ付き〇〇コップですが
『梅雨でもこれがあれば干す必要もなくダニ対策が出来る・・』と
宣伝されています。

これは間違ったセールストークであることは最近たびたび書いています。

言っておきますが、私はこの掃除機を批判しているのではなく
むしろお勧めの掃除機であることも何回も書いています。

ただし、セールストークが間違っているということを言いたいのです。

これさえあれば万事OKなのではなく
ダニ対策の大きな一助になるということです。

ダニの最大の弱点は乾燥です。
この掃除機には乾燥させる機能はありません。

では、どう使うか?!
イラストにまとめてみました。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


昨日の続きですが
除湿シートがない場合は・・・


参考にしてください。




●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


先週の水曜日のテレビ放送後
大反響で、約百枚を売り上げました。
さすがはテレビです。


・ここで分かった事(総括)

◎やはり敷き布団の下側のカビに悩まれていた方は多い。
◎除湿シートは敷き布団の下に敷くものだと知らなかった人が少なくなかった。
◎そもそも、こういうアイテムの存在をご存じなかった。
◎寝汗が敷き布団の下まで及んでいるとの思い込みで結露だとはご存じなかった。
◎除湿シートが本当に洗濯機で洗えるの?と確認された方も少なくなかった。
◎マットレス付きベッドの場合は、マットレスの上に除湿シート、
 そして除湿シートの上にベッドパッドを載せてBOXシーツという説明をした。
◎テレビで実験した吸湿力の凄さに驚かれた。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら



共稼ぎだし、子供は学校だし・・
朝は忙しいし・・・
朝食を作った時の蒸気は残ったままだし・・・
布団は湿っているし・・・
外は雨だし・・・
湿度は高いし・・・
「行ってきまーす」の後は、防犯上も完全に閉めきって
夕方までそのままのお部屋!

カビやダニが繁殖するのは当然です。
当然ですが仕方がないことでもあります。

先日も書きましたがカビの弱点は風です。
淀んだ空気の場所が大好きです。

ですので、次のような対策がご参考になると思います。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


このページのトップヘ