布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2014年09月

だん‐しゃ‐り 【断捨離】
不要なものを断ち、捨て、執着から離れることを目指す整理法。
平成22年(2010)ごろからの流行語。

衣替えの季節ですね。
寝具も衣替えされるでしょう。

その時に必ず押し入れの中身を動かされると思いますが
この際、不要なものを思い切って処分しましょう!

どんなにまめに押入れのお掃除をしても
不要なモノが雑然と詰まっていると、ホコリ、カビ、ダニ、・・ハウスダストの
溜まり場になります。


押し入れをスッキリさせれば、お掃除もしやすくなるし
アレルゲンはぐっと減ります。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


冷え込む夜も増えてきた秋の夜、
押し入れから、急に冬物寝具を引っ張り出すのは
アレルゲンごと引っ張り出すようなものだから
事前に、干して掃除機掛けをしてから使いましょう!は、常識ですが、

「うちは、圧縮袋や保管袋等に入れているから
アレルゲンまみれにはなっていませんよ。」と安心されている方も
少なくありません。

だからと言って、急に引っ張り出して使う前に
圧縮袋や保管袋やクリアケースの周りを拭き掃除してからにして下さい。
意外とうっかりする盲点です。


もっと言うならば、圧縮袋や保管袋に入れている物でも
事前に干してからの方が正解です。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


急に秋になったからでしょう。
デュエット掛け布団が売れ始めました。

季節によって調整できるという2枚合わせ掛け布団ですが
もう一つ、重要なメリットがあります。

1枚モノの厚い掛け布団では大型洗濯機でないと洗えませんが
デュエット掛け布団ですと、それぞれが薄い分、家庭の洗濯機でも洗いやすくなります。

アレルギー対策には洗うということが1番ですからね。

また、当店では通常パターンの合い掛け布団+肌掛けの組み合わせの他にも
ご指定頂ければ、どのようにも組合せが出来るようにデュエット加工を承ります。


しかし、特別な理由がない限り(極寒で空調も弱く重くなっても厚い掛け布団が良い等)
通常パターンの、合い掛けふとん+肌掛けの組み合わせをお勧めします。

「うちは、冬は寒い寝室なので。」や
「寒がりなので・・・」と言う理由でも、通常パターンの合い掛け布団+肌掛けの
2枚合わせを1枚のカバーに入れれば、一般的な羽毛布団より温かいくらいです。

保温力を上げたいならば、掛け布団を厚くするより
敷き布団部分にボリュームを持たせることが数段温かくなります。

さらに言えば、アレルギー対策のために洗える布団を買われたのに
厚い掛け布団が組合せになっていたら、前述のようにご家庭では洗いにくくなりますからね。

迷われたら、通常パターンのデュエット掛け布団をお選び下さい。

買い物かごはこちらからどうぞ





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら




アレルギーでお悩みの方にとって毛布は大敵の寝具です。
ホコリ(アレルゲン)をたくさん取り込んでしまうからです。

そこで、当店ではインビスタのマイクロマティーク毛布しか販売していません。
これなら、ホコリの取り込みも少なく、洗って清潔に使えるからです。

※普通の毛布も洗えるよ。という声が聞こえてきそうですが
 洗って干した時に、乾いているのかいないのか?分からないような
 湿った感を経験されたことがあるでしょう。
 インビスタのマイクロマティーク毛布は、完全に乾くように作られています。

しかし、高い!
シングルサイズで、12,500円(税抜き)もします。

スーパーなどでは、3千円くらいで多種の毛布が販売されていますが
4倍くらいします。

でも、毎年、人気で売れています。

それは、家族の方がアレルギーを起こして健康を損なわないように
ということですが、コスト面でも結果的には安上がりだった…という声もよく聞きます。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら

ブルーライトは、目に見える光の中で一番エネルギーが強いので、
体に(特に目に対して)対していろいろな影響を与えます。

進行すると失明につながるような「加齢黄斑変性」の心配、
眼精疲労や、目の痛みを起こしやすくなります。

さらには、目だけではなく、体全体にも影響をおよぼします。

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンがブルーライトにより減ってしまします。

眠る直前までパソコンやモバイル、スマートフォン、薄型テレビを見ている人は、
それらの画面から出るブルーライトがメラトニンを減らして、
寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

他にもブルーライトは、肥満やがん、精神状態との関係も疑われています。



それらの弊害を回避するには、ブルーライトが出る画面を見ない!
まさか、それは無理ですね(^^ゞ

ブルーライトをカットするメガネや画面に貼るシートを使いましょう。

寝室にLED照明がある方は、間接照明にしたら良いでしょうね。




●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


天気予報を聞いていると
『きょうは、気温差が大きいので服の調整に気を付けましょう。
カーディガンなど準備しておいた方が良いでしょう。』
このようなアナウンスが多いですね。

昼間に起きて活動している時は、
このように服によって調整できますので風邪をひかずに済みます。

ところが寝ている時は、こんな訳にはいきませんね。
寝入りばなには、ちょうどいい室温で、
「夏が終わって気持ち良く眠れる季節になったなぁ〜」と思っていても
寝ている間に気温が下がり、うっかり風邪をひいてしまったり・・
睡眠中は、昼間のように服調整なんか出来ませんからね。


しかし、品質の良い寝具は、ある程度、体温調節が出来る機能があります。
一方、激安布団等ではそういう訳にはいきません。

睡眠中は無防備です。

皆さん、気を付けましょうね。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


ヒノキのお風呂に入ると、たまらなくリラックスできますね。
普通のバスタブに入るのとは全然違います。

これは、旅館などに行く時にしか入れないヒノキ風呂だから・・と
思っていましたが、この他に、、
ヒノキ科やスギ科の樹木の香りに含まれる「セドロール」という物質に、
によるものだそうです。

そう言えば、森林浴もリラックス効果がありますからね。

特に、床に入ってから寝入るまでの時間が明らかに短くなったという
実験結果もあるそうです。

寝つきが悪い方は、ヒノキ風呂とはいかないでしょうが
この香りのエッセンシャルオイルを試してみられては如何でしょう?

(セドロールは、エッセンシャルオイルの「シダーウッド」に多く含まれています。)


ラベンダーと言えばもっともポピュラーな香りでしょう。
この香りには、深い睡眠をとれる効果があるという実験結果もあるそうです。

夜何回も目が覚める方や昼間も眠気がするような深い睡眠がとれない方は
お試しあれ。







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


全国でも唯一、アレルギー対応のスリーパーを作っている当店ですが、
毎年のことですが縫製のことで頭を悩ませます。

製造過程で、アレルギー対応のスリーパーパーツを作るのは
さすがに全然問題なくできるのですが
そのパーツをスリーパーの形に縫製するのは
布団屋の縫製法では出来ないために
縫製工場にお願いしています。

しかし、普通のスリーパーではないので縫製工場も面倒らしく
なかなか気持ち良く受けてくれません。

まとめて外国に縫製を依頼するにも
特殊ものですので、そう簡単にはいかず、
まさしく手作りのスリーパーという形でしか販売できないのです。

そんな中、今年も徐々に注文が入り始めました。
今のところ、縫製できているものがありますが、
次の縫製を、なかなか受けてもらえない状態が続いています。

このままでは、冬本番にご注文を頂いても品切れを起こす可能性が大きくなりました。

恐れ入りますが、ご希望の方はお早めにお願いします。


今では、だいぶん少なくなって来ましたけれど
いまだにいらっしゃる“重い掛け布団の愛好者”。

先日は、58歳の男性から、
「軽い掛け布団は苦手、布団は重くないと気持ちよく眠れない。」と聞きました。

重い掛け布団は睡眠中に手や足の先への血液の送り込みに
余分な圧力が必要となり、血圧が高くなって質の良い睡眠を妨げます。

さらに、人によっては重みが呼吸しづらくなるという場合もあります。

そして、掛け布団が重いと、当然ながら寝返りするにも一苦労で
寝起きに疲れが残る傾向にあります。

何より、健康に悪影響がある重い掛け布団はやめた方が良いと思いますよ。


でも軽い布団は、心もとない感じで眠れない。。。と言う声もあるでしょう。

しかし、それは、単純に軽い布団に慣れていないだけです。

そして、軽い布団に慣れるには今の時期から使い始めるのが最適です。
さほど寒くないから軽い布団でも寒いと感じることもないでしょう。

これが、冬本番に、いきなり軽い布団に換えると
「軽い=温かくない」という思い込みが優位に立ち
本当に快眠できないでしょう。






●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら



最近、布団干しよりも紫外線ランプ付き布団用掃除機が有効だとか
干さなくても良い布団等など

いかにも布団干しや布団乾燥機があまり意味がないような
雰囲気が漂う中、それは間違い!ということを
下図のように表現してみました。

布団干しや布団乾燥機の活用がいかに大事なことかを分かって欲しいと思います。


このように、ダニを増やさないということが1番なのです。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


このページのトップヘ