布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2014年11月

ダブルサイズに一人で寝る方もいらっしゃいます。
広々としたところで眠りたいという方です。

そんな方は、一晩でもソファーに眠ると
「疲れが取れなかった」「体のあちこちが痛い」
こんな結果になります。

この例は極端ですが、
誰しも、広々とした寝床で寝ると気持ちが良いもので
朝の目覚めも良くなります。

それは、要するに自由に寝返りが出来るからに他なりません。


「最近、疲れが取れないなぁ〜」とおっしゃる方は、
贅沢な寝方をしてみると良いですよ。

昨日の新聞に、寝返りしやすいメンズパジャマ発売の生地がありました。
株式会社ワコールさんの製品です。

記事は、
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201432055.html

以前にも書きましたが
パジャマは質の良い睡眠へと誘う大事なアイテムです。

寝つきが悪い人は、是非試してほしいものです。
昼間の服装と寝るための服装を使い分けることで
「今からは睡眠の時間だ」と習慣化し
寝つきが良くなるのです。

そして、今注目されているのが寝返りの重要性です。
敷き布団やベッドマットレスなどを選ぶ時に
ベッドに入り仰向けになって気持ちが良い敷き布団(マットレス)を
選びがちですが、それに加えて、寝返りがしやすいか?が重要です。

そんな中、寝返りがしやすいパジャマを開発されたとの記事に
さすがはワコールさんと思いました。


こたつ布団を使うか否か?
使わなくてもいいなら、アレルギー環境整備のためには
使わない方が良いでしょう。

ホコリの原因になりますからね。

しかし、こたつ布団には良い所がいっぱいありますので
愛用者を否定するわけではありません。

1.家族団らん
2.省エネ暖房
3.リラックス効果

そして、意外にもこたつ布団の中にダニは少ないのです。
何故なら、こたつの熱により布団の内部は乾燥状態にあるからです。

乾燥しているところではダニは生きてはいられませんからね。

しかし!
こたつ布団の表面は、人間の髪の毛や皮脂、垢などが付きやすく
食べ物カスなども付いてしまいます。

お察しの通り、ダニの餌ばかり。。。

ですので、こたつ布団を使われる場合は
毎日でも掃除機をかけて使いましょう!







●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら



まだ、最終洗濯実験が終わっていないので
販売日を確定することは出来ませんが(月末頃を予定)
「値段を教えて!」のリクエストにお応えし具体的使用を書いておきます。

価格、
シングルサイズ 14,800円税別
セミダブル 17,800円税別
ダブルサイズ 20,800円税込

側生地、
ポリエステル100%除電タイプ

充填物、
ダクロンドリームエッセンス100%

シングル 1.5kg 入り
セミダブル 1.8kg入り
ダブル 2.0kg入り

側地縫製、
立体キルト

発売開始後は、ご注文が殺到することが考えられます。
予約も受け付けます。
↓↓↓
waka@suzaki-futon.com

先日から,告知しています月末に販売開始予定の
スザキーズ掛け布団プレミアムの動画です。
これを見られれば、いかに羽毛布団と同じような風合いかがお分かり頂けるでしょう。

再度書きますが、これは羽毛布団ではありません。

ですから、アレルギーの方も安心して使えますし
もちろんご家庭でも洗えます。

埃も立ちません。

今も、今からも販売を続けるスザキーズ掛け布団の普通のタイプと違うところは
より羽毛布団の風合いに似ているという事と
お値段が少し高くなるところだけです。

アレルギー対策をお考えなら
従来の(現行の)スザキーズ掛け布団でも十分です。

羽毛布団の感触が好きだけど(アレルギー症状があるので)使えない。。。
そんな方にお勧めです。

先日から予告していたスザキーズ掛け布団の話ですが
このブログを読まれた方から、問い合わせが殺到しています。

今は、発売に向けての最終チェック(洗濯実験)をやっており
月末頃の発売開始予定です。

しかし、「具体的には、どんなもの?」と言う質問にも
ある程度お答えしておかねば・・・

という事で、
見た目が分かる画像をお見せします。

言っておきますが、羽毛布団ではありませんよ。



明日は、もっと詳しい情報を書きます。

思い起こせば、木綿わた至上主義の父は
職人的商売人でしたので、羽毛布団が流行っている中も
羽毛布団の取り扱いはしませんでした。

しかし、世の中に羽毛布団がかなり売れ始め
木綿わたの売り上げが減って来るにしたがって
「自分が羽毛布団が嫌いだから売らないと突っ張っても、
どうせお得意さんは、よその布団屋さんで買うので
須崎ふとん店は成り立っていかなくなる。」

このような理由から、羽毛布団の販売を開始したのです。
世の中の流れです。仕方がないことでした。

そして、四代目の私は、
アレルギー対策布団に特化した布団屋を目指し今に至っています。

ですので、アレルギーによくない羽毛布団は
完全に店舗からも排除しました。

今、アレルギー対策布団の考え方とし
ダニを生地が完全にシャットアウトして布団内部のダニアレルゲンを
外に出さないというミクロガードに代表されるような
高密度カバーの効果に期待するというものと

もう一つは、布団自体の内部にダニの付きにくく埃が少ない繊維を使い
家庭でも洗えるようにしダニアレルゲンを排除する布団の提供という
2つの考え方がり、私の立場は後者の方です。

どちらの効果も認められているとは言うものの
生まれた時から布団屋の私は、通気性に劣る高密度カバーは
布団の重要な要素の一つが劣ると考えているからです。

そもそも、スザキーズの側生地やカバーは、
いわゆる高密度カバーほどの密度はありませんが
一般的な生地に比べると、はるか高密度であり
ダニの行き来もシャットアウトできながら通気性も保たれる
そんな生地を採用しています。

しかしながら、私がどんなに高密度カバーを販売しないと言っても
ミクロガードの需要は高く、父の時と同じように、よその店から買われることになります。
商売的にはマイナスです。

ところが、私の経営理念はアレルギー対策寝具を提供することですので
父の時とは違い、同じコンセプト内にあるミクロガードは
私も提供すべきものと考えました。



今日明日にもサイトにアップする予定です。





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら



先日、テイジンさんからミクロガードのリニュアル製品が発表されました。
下の画像が新しいミクロガード製品のパッケージです。


従って、以前のパッケージデザインとは区別されます。

要約すると

■「ミクロガードプレミアム」
マイクロファイバーを使用し、ダニを通さないだけでなく、ダニのフンや死骸、ホコリも通しにくい、防塵にもこだわったハイエンドモデルです。また、静電防止機能を新たに加え、静電気によりホコリや花粉を吸着することも防ぎます。

■「ミクロガードスタンダード」
お客様からの「買い求めやすい価格帯の商品が欲しい」というニーズに応えた、ダニを通さない基本スペックのスタンダードモデルです。

当店にもいち早く入荷しています。

もともと、高密度カバーを積極的には販売して来なかったのですが
今回のリニュアル製品については取り扱っていこうと考えています。

その理由は・・・(明日に続きます)





●過去の同じ時期の書き込みもご参照ください。
 以前書いたモノは割愛している事もありますので(*^^)v





--------------------------------------------


アトピー(アレルギー)でお悩みの方はこちら

腰痛の悩みの問題はこちら


お客様からの問い合わせの中で
「中わたはポリエステルですか・・・」と良いイメージをもっていらっしゃらない様子。

その後きちんと説明して納得して頂きました。


このような偏見をお持ちの方は
まだまだ少なくありません。

アレルギー症状がある方は
肌着はコットンが良いものの、布団の中わたは綿は向かない!
この常識は、意外にもまだまだ浸透していないようです。

ざっくり言うと、肌着のような毎日洗って使うもので
直接肌に触れるモノは綿素材がベストです。

しかし、布団の中わたのように毎日は洗えないモノであり
埃が出にくい素材としては綿素材より化繊わたがベターという事になります。

但し、化繊素材と言ってもピンからキリまであります。

同じポリエステルわたでも、冷たい、固まる、夏は蒸れるという粗悪なものから
当店の布団中わたのようにアレルギー対応に作られた高機能素材まであります。

ですから、ポリエステル中わたの布団でも
ピンからキリまであるという事になります。

やはり、激安商品はそれなりの理由があり
高額とは言わないまでも、ある程度のお値段のモノは、それなりの理由があるのです。

このページのトップヘ