布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2015年08月

ご存じのとおり睡眠中の寝返りは非常に重要なことであり
必要なことです。

朝起きたら『右(もしくは左)肩だけが痛くなる…』、『背中や腰が痛くなる…』
など言われる方は、、
大体において寝返りが極端に少ない人が多いです。

また、布団屋から見れば、そういう方の敷き布団は
真ん中部分が、そこだけ極端に集中してへたっています。

ずうっと同じ姿勢で寝ていると、体の一箇所に負担がかかって
体が痛くなりますよね。

敷き布団に対して重力のかかり方に変化が出ず、
身体への負担が一転に集中します。

すると、血流や体液の循環が悪くなってしまい、
身体に支障が出てきます。

特に、肩、背中や腰からお尻など重力を受け止める部位は敷き布団に
押し付けられたままになり血液と体液の循環が他の部位よりも悪化しがちに
なってしまいます。

このように、寝返りには重力による血液や体液を滞らせず、
正常に循環させて健康的な睡眠を助ける役割があるのです。

でも、眠っている間のことですから寝返りを意識的に多くする訳にも行きません。
そこで、無意識でも自然に寝返りを打てるように練習する運動法があります。
この運動を寝床に入ってから毎日行い習慣づけると
徐々に寝返りを正常回数出来るようになる事が期待できるそうです。


ブレスエアー素材の最大幅は135cmです。
以前から『クィーンサイズのブレスエアー入り完全脱着式敷き布団が
欲しいのですが・・・』や

『クィーンサイズベッドにブレスエアーを敷きたいのですが・・・』という
お問い合わせが多かったのですが、
クィーンサイズは、160cm幅・・・・(T_T)

「対応できません。。。」と言うご返事を書くのが心苦しかったです。

では、接着剤でくっ付けましょうか?と取引先のアドバイス。。。
しかし、アレルギー対策寝具専門店としては接着剤はNG!

ということで、次の方式にして対応できました。


ということで、ブレスエアーのダブルサイズより大きなオーダーサイズにも
対応できます。

>ご希望の方は、メールでお願いします。
お見積りと納期をお知らせします。

暑い日々も山を越え、秋に向かっていますね。
そして、夏までに大量発生したダニが大量に死骸になり
秋以降に悪さをします。

「毎日、掃除しているから何日も前の死骸はないよ!』と言う声が
聞こえてきそうですが、天井の照明の傘、家具の上、本棚、
パソコンやテレビの裏、カーテン等には蓄積されていると思います。

これらを今の内に拭き掃除しておけば秋以降のアレルギー症状が
全然違います。

特にカーテンは洗われることをお勧めします。

今流行の布団用掃除機をかけているから大丈夫は不十分ですよ。

突然の夕立!
わー!布団干してたーー!

羽毛布団はアレルギー症状には大敵ですが
そうでない方で羽毛布団をお使いの方は多いでしょうから
対処を間違えて損をなさらないように書いておきます。

まず、しっかり濡れてしまった時は、ある程度水を抜いてから
布団丸洗い業者へご依頼ください。

もし、ウォッシャブル表示があったら洗って下さい。

幸いにも、濡れた部分の面積が小さかった場合、
ウォッシャブル表示がなければ、やはり布団丸洗い業者へ。

ウォッシャブル表示があったら洗って下さい。

「乾かしただけではダメなの?」
当然の疑問ですね。

でも雨の中には、砂埃や雑菌や有害物質が含まれているので
綺麗な水ではありません。(最近は特にですね。)

ですので、洗いなおすことが必要です。

それでも、コストを節約したいので干すだけで済ませたい!
そんな方も少なくないでしょう。

その場合、気を付けておかなければならないのが
干している時、中身の羽毛をほぐすような手間を何回もする必要があります

ほったらかしにしておくと羽毛が部分部分で団子のように固まり
羽毛がない部分も出来てしまいます。

そのまま固まって乾くこともあり得ます。


以前に、『エアコンのタイマーが切れたら・・』と言う題目で書き込みました。
これを踏まえたうえで、エアコンのスイッチのタイミングについての話です。

ご存じのとおり、人間は体温が下がりはじめると眠気が出て睡眠に入ります。
ですから、夏こそ湯船に入って一旦体温を上げてから
その後じわじわ体温が下がって来た頃に寝室に入ると
スムーズに入眠できます。

しかし、せっかく湯船に入り体温を上げ気持ち良く体温が下がりはじめ
寝室に行くと、まだエアコンが効いていない!そうなると、
体温は上がりはじめ、とても寝付ける状態ではなくなります。

そうなると、寝入るまでに時間がかかり気持ち良く寝ることは出来ません。
近年の夏は暑く、熱中症の4割が室内で発症しています。
エアコンの電気代はケチらないで適温を維持しましょうね。


寝室の色合いが暖色系だと暑苦しく感じ、寒色系の方が涼しく感じる。
以前にも書いた話です。

でも、電気を消して寝るから色は関係ないだろう!は
当然の話。。と思っていたら、そうじゃないらしいです。

リラックスしている状態を生理学的には、
筋肉がほどよく弛緩している状態で
筋肉の弛緩は視覚から感じる
光の具合によって変化するそうです。

言い換えると、どんな色のどんな光をどの程度感じるかによって、
筋肉の弛緩のパターンが変わってくると言うのです。

筋肉が緊張と弛緩をくりかえす現象を、
脳波と汗の分泌量から分析して数値化したものを
ライト・トーナス値と言うそうです。

ライト・トーナス値が高いほど筋肉が緊張するそうで、
色分けすると・・・

筋肉がもっとも弛緩した状態の数値が23で
パステルカラーやベージュ系とされていて、
青色24・緑色28・中間は黄色の30
そして、赤色は最高値42に相当する色だそうです。

要するに、ライト・トーナス値の低い色ベースの寝室の方が
リラックスできるので寝やすいということになりますね。

まだまだ暑い日が続きますが、明らかにお盆過ぎから気温が落ち着いたように感じます。
だからと言うのではありませんが、スザキーズプレミアム掛け布団についての
検査報告書が届きましたのでお知らせします。

体感的には体験し確証もあったのですが
羽毛布団と比べてどうなのか?

肌触りや柔らかさ、及びドレープ性においても羽毛布団と同等というのは
触ってみればわかるのですが、温かさについては個人の体感より
客観的なデータが説得力がありますからね。

この結果、保温率は羽毛布団に勝るとも劣らない!

*クローとは気温21度、湿度50%以下、風速5cm/秒の室内で、
椅子に座っている人の皮膚温を33度に保つのに必要な断熱材と定義されています。

要するに、室温が低くても温かさを感じられるかどうかの目安です。



スザキーズプレミアム掛け布団(合い掛け布団や肌掛けではなく冬用掛け布団タイプ)
室温が低い冬でも羽毛布団並みに温かさを感じることが出来るという証明です。

従って、アレルギー症状がある人に大敵と言われている羽毛布団!
でも、羽毛布団の快適さは手放せない!
そんな方に自信を持ってお勧めできる
アレルギー対策布団の『スザキーズプレミアム掛け布団』だという証明です。

シーツは何日おきに洗っていますか?
2〜3日おき?
1週間に1回?
えー!月に1回??
もしかして、数か月に1回?(~_~;)

毎日乾かしているから大丈夫?
なるほど、、綺麗な水ならそれでもいいでしょうが。。。

寝汗には、色々なモノが混ざっていますので
乾かしても、元の清潔シーツには戻りません。

ましてや、アトピー肌の方にとっては毎日でも清潔なシーツに替えたいくらいですね。


風鈴の音は、実際の気温より涼しく感じるもので夏の風物詩ですね。
癒されるし、心が落ち着く感じです。

ですから、寝室に吊るすと涼しげに気持ち良く眠られそうですが
実は睡眠を妨げるかも知れないという話があります。

例えば、雨が降っている夜は雨音が意外にも眠気を誘う事がありますが、
40デシベル以下くらいで連続して続く自然の音だからだそうです。

逆に、40デシベル以上の音は睡眠を妨げ、
さらに、これが連続的とはいえ突発的な音の場合、
意外にも眠りにくいものになるそうです。

それが、実は、風鈴の音だということです。
もし、寝つきが悪かったり睡眠が浅かったりされる方で
寝る場所に風鈴が吊るされていたら
試しに外してみられては如何でしょう。

もちろん、これが原因ではないケースが多いとはいえ
『へぇ〜、風鈴がねぇ〜』と思ったものですから取り上げてみました。


ずいぶん昔になりますが、子供が保育園に通っていた頃、
午後からの昼寝が長いせいか、夜になっても遅くまで寝てくれない。。
お母さんは、寝かしつけるのに疲れて一緒に寝てしまい
家事がはかどらない。。。

これは今でも同じらしく、よく聞く話です。

実は先日の朝日新聞デジタル版で次のような記事を読みました。
「昼寝は午前」のススメ』です。

お昼前、昼食前に約1時間の昼寝をさせ、
午後からは活動的に過ごさせると夜は丁度いい感じに
すんなり寝てくれる。

思いもよりませんでしたね〜
午前中にお昼寝とは。。。

もちろん、そのために、園はいくつかの工夫をしているとのこと
目から鱗でしたのでご紹介します。

同じ悩みをお持ちのお母さん方、
園の方針を変えることは出来ませんが参考になると思いますので
是非ご一読ください。




このページのトップヘ