布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2016年02月


続いては・・・
3)「アレルギーとストレス」


講師:久保 千春先生(国立大学法人九州大学 総長)




アレルギーが増えてきた原因の一つにストレスが挙げられます。

現代はストレス社会ですからね。

入学、進学、就職、仕事内容が変わったり・・・

そんな時にアレルギーが発症したり悪化したりしますね。





ストレスにより色々な影響を受けます。







難しい・・・





意外にも3番目に高い!



人間というものは如何に精神的なモノに左右されるものか・・・



仕事が楽しく乗っている時は風邪もひきにくいですからね。

逆にストレスがかかっていると、、弱り目に祟り目のように感染するということでしょう。











・・・ストレスの影響は大きいですね。



有名なパブロフの犬の話・・・

条件付けによって具体的な体の変化(唾液分泌)を起こす。



他の例で、バラアレルギーの話・・・

画像が不鮮明で読みづらいのですが・・・





スゴイ話ですよね。。。



続いてハゼ・ウルシかぶれの話・・・



ざっくり言うと・・・

目隠しして、ハゼではないモノを「ハゼだ」と言って接触させるとかぶれが出た。。。

逆に、「これは栗の葉」と言ってハゼを接触させてもかぶれなかったという話。



気管支喘息にも影響した話。









本当に人間、動物の身体というものは精神的なモノに支配されていますねぇ〜



気管支喘息患者は「うつ」になり易く、うつ病が併発すると健康状態が悪化するという話。

















長くアレルギー疾患がある人は心療内科へ行ってみては如何でしょう。

充分な治療をしていても治らないのは、こういうことかもしれませんからね。



最後に、参加者から先生への質問で「ストレスを解消するにはどうすればいいですか?」との

質問が。。。



先生がいつも言っていることは・・・

・ストレスを無くす

・ストレスに立ち向かう

・気晴らしをする

・相談相手をみつける

だそうです。



“眠れているかどうかがバロメーター”ということでした。


続いて・・・
2)「喘息:小児」
講師:小田嶋博先生(国立病院機構福岡病院 副院長)




弊社にも「子供が喘息の診断を受けてショックでした」という事から始まる寝具相談は

多いです。必要以上に落ち込むのではなく正しい知識をもってケアすれば昔と違って

心配することはありませんよ。とお答えしています。







やはり遺伝による素因は否定できない。









症状が出なくなった・・ひと安心と素人判断で治療をやめるのは良くない。

医師の指示通りにケアしましょう。





医師の指導をきちんと守ることが大事ですね。





やはり、この3本柱ですね。焦らず続けましょうね。













ふとんの上で飛び跳ねるのはどこの子でもやること(^^ゞ 飛び跳ねても大丈夫な布団を

使うべきです。





私にも経験がありますが、夜中の発作は病院に行くべきか悩みます。親がパニック状態。。

とりあえず救急病院に電話し指示を仰いで落ち着いたことを思い出します。

最寄りの救急病院の電話番号は携帯に登録しておくといいですよ。











私がお役に立てるのは寝室の環境整備です。



(アレルギ対策布団専門店として)順を追って補足しますと・・・

・布団を乾燥させることが1番大事!

 →乾燥している所でダニは増殖できません。

・高密度カバーでダニをブロックすることは有効と報告されています。

 →ダニが付き難く埃が出難く洗えるアレルギー対策布団をお勧めします。

・マットレスは洗えないし乾燥させることも困難なアイテムですのでダニの天国です。

 →すのこベッドはベッド下にモノを置かず掃除が出来るようにしてください。

・空気清浄器は室内のハウスダストを減らすことが出来ますが過信は禁物です。

・押し入れは油断するとダニやカビの住処になります。

 詰め込み過ぎず、スッキリと収納して、定期的に全部出して換気が出来るように

 しておきましょう!



子供が喘息なのに室内でたばこを吸う親はいないでしょう。



日頃からメモっていれば適切な治療を早く受けられますからね。











スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

講演のお二人目は・・・

2)「喘息:成人」

講師:岩永 知秋先生(国立病院機構福岡病院長)






発作時の気管支拡張治療オンリーから予防治療重視へ









答えは・・・



声がれ、カビ対策としては吸入後の「うがい」を行うと良いらしいです。







良い薬と良い道具(治療器具)が必要という意味です。









吸入ステロイド藥を発作時以外にも予防治療として続けることが大事!







吸入ステロイド藥の普及により死亡者数も減って来たことが明白な左のグラフ。







だから、気道の好酸球性炎症を吸入ステロイド薬で抑える必要がある。



底辺の炎症(気道の好酸球性炎症)が改善してくると気道の収縮(発作)も減って来る。

リモデリングも起きにくくなり喘息治療の目標に近づく。





だから平常時でも吸入ステロイド藥で気道の炎症を抑える治療が必要。







ステロイド薬という言葉は副作用が強い怖い薬という誤ったイメージがはびこっているが

医師の処方通りに使えば安全で効果的な薬(吸入ステロイド薬)!





吸入薬は患部だけに届く治療だが経口薬や注射薬は全身に回ってしまう。。

だから、吸入ステロイド薬の副作用はほとんど心配ない。







そりゃぁ、そうでしょうね(^^ゞ









65歳以上の方は特に注意!

















遅ればせながら・・・「気道のリモデリング」とは、発作をくり返すことにより気道壁が

厚く硬くなることです。こうなってしまうと難治化します。

だから、それを予防するためにも吸入ステロイド薬が重要視されるわけです。





講演のトップバッターは・・・

1)「花粉症」

講師:宗 信夫先生(宗耳鼻咽喉科医院 院長)






↓今回の講演のメニューは・・・





一項目目



先ずは正しい診断が大事で、この時期は風邪の可能性もあるしアレルゲンの特定も重要。



具体的には次の通り・・・









続いて二項目目



基本中の基本は花粉の回避!



確かに効果があるマスクやメガネ





花粉情報を利用することも大事







九州では多めの予測だが・・・





福岡病院の予測ではさほどでもない。

しかし、少量だから症状が軽いとは限らない。





確かに増えている花粉





花粉が飛び始める1〜2週間前から治療をすると効果的!

重症化してから病院に行くと強めの薬で落ち着かせて弱い薬に変える。







患者さんは飲み薬を希望される傾向だが、噴霧用ステロイド点鼻薬の方が副作用も少ないし

患部に直接効く。



四項目目





舌下療法は、どこの病院でも出来る治療ではないが出来る所は増えている。

治療を受けた8割はマスクも必要ないほど改善するが2割の人には効果がない。

そして、効果があるか否かはやってみなければわからない。



アナフィラキシーショックは世界で数例と少ないが

治療中という事が分かるカードを持たせる。







五項目目



市販の点鼻薬を常用していると効かなくなるし逆に悪くなったりするので

スポット的に使う。



最後に妊娠・授乳中の方へ






先日の日曜日、2月21日(日)13:00〜16:00
福岡市 天神ビル11階 (10号会議室)にて
毎年恒例のアレルギー週間記念講演会が開催されました。


15年前から毎年参加していますがお天気が良かったからか過去最高の参加人数!
満席になりました。

明日からは、レポート的に書いていきます。

先週書いていました布団丸洗い専門家とは
広島市の アイクリーンサービス株式会社小林社長のことです。

私が最も興味深かった敷き布団のカビ!
この悩みは非常に多いです。

黒斑点のカビを放置しておくとアレルギーはもちろん健康を害します。
しかし、洗ってもとれないカビ菌と黒斑点!

社長は、「まず大事なことは(家庭では出来ない)カビ菌を殺菌することです。」
そして、出来るだけカビのシミをとる作業!
これらを得意にされているということです。

これだけの事が出来る業者さんは少ないです。

しかも、皆さんにお役に立てそうなことに
インターネット受付だという事です。

次の画像はアイクリーンさんのHPです。
クリックすると当該ページに飛びます。

ご依頼の際は、「福岡の須崎ふとん店に聞きました。」とお伝えください。
料金は安くなりませんが、よりきちんとした対応をしていただけるはずです。


昨日の続きです。
その布団丸洗い専門家の人が強調したことの一つに
布団を洗って乾かす時は平に広げると乾きが遅くなるということです。

基本は吊るすことで、以前にも紹介したように
少し斜めに干すことは確かに効果的だということでした。

「風呂場で布団を洗った後、乾かそうとしたら脱水機に入らない。。」
そんな時は、風呂場で足踏み等で出来るだけ脱水し天日干し。。。
もし天候が許さない場合は、出来るだけ室内干しで乾かし
仕上げにコインランドリーのタンブラー乾燥機にかけるのが良いそうです。

ある程度乾かしてから乾燥機にかけるということです。

もし、風呂場で水切りして即タンブラー乾燥だと時間がかかり過ぎ
布団のダメージも大きくなるとのことでした。

先日、布団丸洗いの専門家の講演を聞きました。
そこで、問題になったのがタンブラー乾燥機!

その方の話によると、ほとんどの布団にはタンブラー乾燥禁止表示が付いているが
次の一点だけ気を付ければ問題ないとのことでした。
(もちろん、粗悪品はNG だそうです。)

では、何故、タンブラー乾燥機禁止の表示が付いているかと言えば
布団メーカーの話によると、ほぼ大丈夫でもOKと表示すれば
消費者の洗い方次第ではトラブルになるためということでした。

昔、ある講演会で聴いたことです。
講師の面白かった話です。

「自分の子供が学校に行く朝も決して起こさない。
貴重な一日のスタートが人から起こされたもので始まるか?
自分の意志で起きてスタートするのか?
それが毎日だから、人生は相当違ったものになる。」とのこと。

なるほどぉ〜
ですよね。

まあ、目覚ましは必須でしょうが、
リリリ・・・・ン!!!とかの電子音より
自分の気分がポジティブになるようなメロディー音にする方が良いでしょうね。

ちなみに私のスマホ目覚まし音は
シカゴの「サタデー イン ザ パーク」です(^^ゞ

2月9日に「朝起きにくい冬」について
気持ち良く起きるためには、暖かい室温と光を用意すれば良いと
書きました。

そこで思い出したのが
数年前、朝方だんだん明るくなるライトが販売されたと取り上げたことがあります。

お察しの通り、起床時間にはまだ暗い季節でも
まるで朝日が昇るように徐々に明るくするツールです。

そこで久しぶりに「目覚ましライト」で検索してみると
色々なタイプが豊富に販売されています。

朝起きにくいとお悩みのあなた!
数千円から2万円くらいの投資ですが試してみる価値はありそうですよ。






このページのトップヘ