布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2016年06月

27日「自分の睡眠を知る」でも書きましたが、結構多くの方に疑いがある睡眠時無呼吸!

『行ってきまーす』が最後の言葉になった。。。
ぞーっとしますね。

自分の場合、病院にかかるべきレベルのモノなのか?
それ程でもないのかをチェックできるシートを含め
注意を促す国土交通省自動車交通局「「睡眠時無呼吸症候群」に注意しましょう!」があります。

是非ご一読ください。

一日に1回まとめて睡眠をとることを「単相性睡眠」と言い、
動物のように敵に襲われる危険性から一度に長く眠らず、
何回かに分けて眠ることを「多相性睡眠」言うそうです。

かねてからの疑問で、高齢者ほど睡眠時間は短くて良いと言われる中、
若者より、昼寝が多かったり、縁側で居眠りされるのをよく見かけます。
合わせると、そんなに短い睡眠時間にはならないですよね(^^ゞ

時間がたっぷりあり、時間を持て余しておられるからななぁ〜と思ったり
していました。

しかし、本当は赤ちゃんに戻っているとの説に
なるほどぉ〜と思いました。

歳をとると子供(赤ちゃん)のようになるという話はよく聞きますが、
そう考えると・・・

赤ちゃんは最初、
3-4時間ごとに哺乳や排泄のために目覚めるという多相性睡眠ですよね。
これがだんだん大きくなるにつれ「単相性睡眠」になっていきます。

大昔の人間は、動物と同じように「多相性睡眠」だったそうです。
歳をとると本来の生態に戻るということでしょうかねぇ〜(^^ゞ


認知症だけにはなりたくない。。。
若年性認知症というものもありますので軽んじられません。

そして、その前兆が物忘れ。。。
私も少々気になっています。

何とか、物忘れの進行を抑制したいものです。
実は、これにも睡眠が関わっていることが分かっています。

だらだら起きているくらいなら早めに寝ましょう!
仕事帰りの寄り道も度が過ぎないように!

睡眠の浅さ、無呼吸症候群・・・など、
健康問題もそうなんですが、突然の眠気による事故など、
心配ですね。

ご主人の睡眠時無呼吸を心配する奥様も多いのではないでしょうか?
特に中年の男性においては、軽いものまで入れれば・・ほとんどの方に
その傾向があるようです。

しかし、果たして病院にかかるべき水準なのか?
悩むところです。

では、検査だけでも…
と言っても、入院して検査する必要があります。

毎日忙しいし、とてもじゃないけれど検査のために入院することなど
考えられない。。。

しかし、もし治療が必要なくらいのレベルであれば、
放っておいたために不幸な結果・・・ということもあり得ます。

今では、家庭で出来る睡眠検査的な機器がオムロンやタニタなどから
わりとリーズナブルな価格で販売されています。

睡眠は、生活の質を左右します。
ちょっと考えてみては如何でしょう?

季節の変わり目というか、暑かったり、気温が上がらない日があったり、
ジメジメ梅雨で憂鬱になったり・・・

体長も崩れがちで、朝に何だかシャッキとしない(~_~;)
疲れがたまっているのかなぁ〜

そんな時、私が最近いい感じにハマっているのがトマトジュースです。
朝食後に、生のトマトをそのままジューサーへ!
サラサラではなくドロっとした感じのトマトジュースです。

コップ一杯!

それを一気にグビグビッと!
もともとトマトは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほどの
健康食品!

その効能は、一口では言えないほど!

これを、朝食後にグビッとやると、(私の場合は)即、身体はシャッキっと目はパッチリ!
朝のスタートに弱い方は、是非お試しあれ!

この時期の布団乾燥機は必須アイテム!
最近のは袋が無くなり気軽に使えるようになりましたね。

さて、布団を乾燥させると、、、
ダニの増殖防止になりますし、何より気持ち良く眠ることが出来ます。

そして、カビ防止対策になりますね。
布団のカビは、敷き布団の裏面に生えるケースがほとんどです。

ですので、どうせ布団乾燥機をかけるなら、
敷き布団だけは裏返して乾燥機を使った方が良いですよ。


風邪ではないのに咳が続く…
喘息症状とも違う…

高温多湿でお掃除が出来ていないお部屋に長時間居ると
夏型過敏性肺炎の疑いがあります。

『あれって、古い木造の家の腐木などを栄養源とするカビを
吸いこんだ時に起きる症状でしょ?
うちは、比較的新しい部屋なので腐木なんか無いわよ。。』

でも、原因の・・・
トリコスポロン属のトリコスポロン・アサヒやトリコスポロン・ムコイデスは、
ほとんど干されない寝具なんか、この時期の高温多湿環境で
発生しやすくなります。

ジメジメの季節!
窓を閉め切り『梅雨だから仕方がない。。』は、危険です。
今では解決法もたくさんあります。

エアコンの除湿機能、扇風機による室内空気のかきまぜ、布団乾燥機・・・

ラジオを聴いていたら、
「セカンドオピニオンは必要だと思います。」という言葉から始まった
リスナーの体験談が紹介されていました。

その方は、A病院で治療していたが、なかなか治らず、
B病院に行ったら、病名を指摘されたが今は手術の必要が無いと言われ、
その病気の専門病院を思い出し、そのC病院で手術を受けたら
1か月くらいで全く痛みが無くなり、もう何年も痛みがなく
あんなに苦しんでいたのがウソのようだとおっしゃっていました。

しかし、これは、セカンドオピニオンではなく「ドクターショッピング」です。
この方は、たまたま良い結果に終わっただけで、
そうでなかったら、長い期間、病院をあちこち換えてお金と時間を
無駄に費やすだけという結果になるでしょう。

「セカンドオピニオン」とは、例えばA病院にかかっていて
治らなければ、他の病院にも診てもらいたい旨をA病院に知らせた上で
他のB病院を紹介してもらうという流れで、A病院の診立ても今までのデータも
B病院は参考に診断しますので、また改めて一から診断や検査をする必要が
ありません。

この結果が良かったら、どういう治療で治ったかをA病院の先生も
知ることが出来、医療の進歩に繋がるということです。

春に行われるシンポジウムで有名な先生たちに
「セカンドオピニオンを患者から申し出られて嫌な気がしませんか?」と
尋ねてみたところ、『嫌な顔をする先生は大した先生ではない』と
おっしゃっていたことを思い出します。

セカンドオピニオンとは、ドクターショッピングと全然違います。
それにしても、冒頭のラジオのリスナーさんにアナウンサーも
『セカンドオピニオンして良かったですね。』と言われたのにビックリ!

まだまだ、セカンドオピニオンの意味や方法が浸透していないと思いました。



先週から、質の良い睡眠をとるためには、
「寝る前の食事(生活習慣)」・「寝具」と書いてきましたが
もうひとつ、なるほどぉ〜と思った聞いた話です。

寝る前に、その日にあった3つの嬉しかったことを思い出してみるというものです。
どんなに小さい事でも良いそうです。

すると、幸せな気分になって入眠できるし、
翌朝も、爽やかに起きれるそうです。

こうやって寝ると、きっと楽しい夢も見られるかもしれませんね(^_-)-☆

昨日は、寝具が原因でない例を書きましたが、
今日は、寝具が原因の場合の例です。

長年使っている敷き布団の腰あたりが凹んでしまっていると
仰向けでも横に寝返っても背骨が変形し起床後に違和感(痛み、コリ)を感じます。
出来るだけ凹まないようにするためには、
1)まめな布団干し
2)表裏上下と敷き方を変える。

次に、高めの枕が好きな方の例です。
上段の枕の例は、言わずもがな!
起床後には肩こり首痛が心配ですね。

同じ高さでも下段の枕のように肩の下まで届くようなモノにしましょう。

このページのトップヘ