布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2016年12月

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

2017年は酉年。詳しく言えば丁酉(ひのととり)です。

酉年は商売繁盛に繋がると考えられているそうです。

酉(トリ)は『取り込む』に繋がるといわれ、そこから運気もお客も

取り込めるということらしいです。

来年もいい年になりますように・・・



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

梅雨の時期の次に除湿シートが必要になってくるこの季節。

以前も記事にあがっておりましたが、再度ご連絡



このように、ある程度水分を含んだ暖かいもの(空気でも)が冷たい物に触れると

結露状態になり、湿ります。

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

冬は乾燥するので、カビの心配はしなくても良いかなぁ〜

という人はまだ多いと思います。

加湿器が必要なくらいですからね(^_^;)

しかし、何度かこのブログで書いているように

お布団は、特にフローリングに直敷きの場合敷き布団の底面が湿ってしまいます。

これがカビの原因になってしまうのです。

解消法は除湿シートを布団と床面の間に敷くこと。

もしくはとにかくお布団を干して乾燥させること。

このお布団を乾燥させるといえば布団干しですが、

なかなか毎日布団を干すことが出来る環境は少ないと思います。

そんな時は椅子をつかったり、壁に立てかけてみたりしてください。

扇風機を併用して空気を動かすとより効果的です!



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

今季からシングルの掛け毛布をニューマイヤー織りからシール織り毛布に変更しましたが

これも残り在庫限りとなってしまいました。

ありがとうございましたm(__)m

残り在庫もあとわずかです。

こんなに早くなくなってしまい申し訳ございませんm(__)m




須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

羽毛布団やダウンジャケットが欲しくなるこの季節。

鳥の羽毛や排泄物が原因となる「鳥関連過敏性肺炎」という病気が増えるそうです。

乾いた咳や息切れが長引く場合、ただの風邪と思わずに注意したほうがいいのかもしれません。

以下に資料を載せておきます。



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

季節は冬、12月ということでインフルエンザが流行る時期ですね。

かくいう私もインフルエンザにかかってしまい、、、5日ほど寝ておりました。

熱は翌日には下がったのですが、念のために隔離を続けました(^_^;)

さて、このときに使っていたお布団類。

通常ご家族などと一緒にすごしている寝室のものだった場合

その後、インフルエンザの菌がのこっていないかと心配になるかと思います。

長く寝込んでしまったら、まずはそのお部屋を換気しましょう。

そして、シーツや布団カバーは洗って、それまでお布団が溜め込んだ湿気を発散する為にも

できるだけお布団は天日干ししてあげましょう!

インフルエンザの菌はノロウイルスなどと違いそんなに長く生きません。

特に除菌に気を使わなくてもよさそうですが、気になる部分があれば



(ドアノブなど、、、)除菌スプレーを使うのもいいかもしれませんね。

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

以前、腰痛によいお布団として

「この敷き布団は体圧分散がしっかりとされているので、寝返りをせずにぐっすりお休みできます!!」

という謳い文句のお布団がありました。

どんなに体圧分散が出来ていたとしても、寝返りは必要です。

どんなに体圧分散ができるお布団でも、何時間も同じ姿勢で寝ていたら

腰背部の血液の流れは悪くなります。

もしそういうことが全くない敷き布団ができれば、病院が挙って欲しがるんじゃないでしょうか・・・



だから寝返りが負担なくできるお布団であることも

腰痛に良いお布団の条件の一つです。

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

腰痛に良いお布団として、点で支えるというお布団があります。

須崎ふとん店にも腰痛対策敷き布団があり、これも点で支える仕組みもあります。

※それ以外にも腰に優しい要素がたくさんあります。

この点で支えるってどういうことなのか・・・

表面に凹凸があることにより指圧効果があるともいえますが、私は指圧ってそんな簡単なものではないと思いますので

『体圧分散によって血流が滞りにくくしている』ということの方がおおきな効果だと思います。

面で体を支えるとどうしても体重がかかる部分が強く圧迫されてしまい、

そこで多少なりとも血流が阻害されます。するとだんだん血行不良がおき

筋肉に栄養が行かず、疲労が溜まり硬くなって、コリにつながります。

この強く圧迫される部位をなくす方法の一つが、多数の点で体を支えること。

一つ一つの点で体重が分散されるので、強い圧迫がなくなり

血流の停滞を阻止できます。



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

年末年始は実家に帰って親族一同と過ごす。

そんなご家庭はまだまだ多いと思います。

毎年この時期にこのブログでも取り上げておりますが、今回も

帰省アレルギーの対策とお願いを。

寝具に関しては、事前に帰省先にお願いしておく事。
・天日干しをしてもらう
・掃除機をかけてもらう
・カバーは洗濯したモノを使ってもらう。

下の画像をクリックすると、PDFファイルが開きますのでプリントアウトしてご利用ください。



須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

《若ジュニアが書いております》
※以前のネタとかぶっていたらすみませんm(__)m

最近大きな災害が増えてきている日本のようですが

衛生環境が整いにくい環境で、アレルギーをもったお子さんも気にしないわけにはいけません。

そんな環境での対応に関することがまとめてありましたのでご紹介させていただきます。


発行:日本小児アレルギー学会

須崎ふとん店
腰痛対策敷き布団

このページのトップヘ