布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2017年03月

ベビー布団を購入される方で「おねしょシーツはありますか?」という質問が来ることがあります。

ベビー布団で眠る赤ちゃんは基本的におむつをしているのでそんなに漏れるかな?

と思ってしまったりするのですが、スザキーズのベビー敷き布団は洗えるので

そんなに必要ありません。

それでも『洗わなきゃいけないのもめんどくさい。。。』

『おねしょシーツをしているほうが安全だしラク。。。』

と思われている方がいますね。

おねしょシーツは、防水のシーツであって極端な話ビニールシートのようになっています。

表面がパイル地のものなどありますが、その内側は必ず防水の素材となっています。
(でなければおねしょシーツの意味がないですからね(^_^;))

そうなってくると、どうしても蒸れやすいです。

体温が高く、あせをかきやすい赤ちゃんにとっては大人の蒸れ感とは

比べ物にならないでしょう。

しかし赤ちゃんはしゃべることが出来ないので訴えることが出来ません。

しかも寝返りもできないうちは非常に不快だと考えられますね。



もちろんオムツをはずす訓練の時にはいいと思います。

そんなに長い期間(何年も)にならなければ、おねしょシーツは有効でしょう。

その後、おねしょシーツをはずして眠れるようになってから

お子様が『うっかり』おねしょした時は、

やっぱり洗える敷き布団がいいですね〜(^^ゞ

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

花粉症の対策はとにかく花粉を遠ざけること。

しかし、じゃあ一日中ず〜〜っと部屋の中にいれるかというと

お仕事に買い物、その他様々な理由で外に出ますね。

そんなときはマスクやメガネで防止するのがいいのですが

衣服や髪などにも花粉はくっついてしまいますし、玄関先で払っても

どうしても家の中にも花粉が侵入してしまいます。

空気清浄機もお勧めなのですが、それだけではなく換気もしたいですよね。

花粉飛散時期に換気をすると、もちろん外からの花粉も入ってきてしまい

大変なことになるのですが、時間帯を考えれば換気もできるみたいです。

その時間帯というのが、夜中の9時から朝方。



寝る前に換気するなど、花粉の飛散が少ない時間帯に絞って換気をしてみてはいかがでしょうか?

部屋を閉め切ってしまうと、どよ〜んとした空気が漂ってしまいますからね。

湿気対策にも!

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

寝具選びの大事な点として、寝心地のよさを求められるがたは少なくないと思います。

肌触りが気持ちよかったり、すごくフカフカで気持ちよかったり。。。

全身を包み込んでくれるようなお布団も気持ちがいいですね。

ただし、このように寝心地がいいなと思えるお布団が

必ずしも質の良い睡眠をもたらしてくれるのかというと

そうとは限らない場合がありますね。

例えば、数年前に流行った低反発素材のマットレスや敷き布団というのは

体がすーっと沈み込んで、体のラインにそったように寝具が変化し

すばらしいフィット感があり人気となりました。

しかし、実際には体が包み込まれることにより

寝返りがしづらい・無駄な力が入る・寝姿勢の悪化

などの問題が考えられています。

結局、少なくとも一晩はお休みしてみて

しっかりと睡眠が取れるかが大事ということですね。



とはいえ、一晩寝てから購入なんてなかなかできないですよね。。。

弊社では腰痛対策敷き布団に限り、お試しサービスというのを行っております(^^ゞ

お試しあれ〜

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

昨日の記事に引き続きお布団やアレルギーには関係のない1ネタ。

先日の勉強会で教えていただいた未来年表のページをご紹介します。

きちんとした根拠に基づいたデータを解析して作られている

未来予測がまとめられているページです。

100年先の未来まで予測してあります。

さすがにそんなに先のことは不確実だと思いますが

10年先くらいまでならけっこう高確率での予測になっているそうです。

https://seikatsusoken.jp/futuretimeline/



アレルギーが将来どうなるのか、、、そんなことも少し書いてあったりします。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

今回はお布団やアレルギーには関係のない1ネタ。

先日勉強会のようなものがありましてで教えていただいたネタです。

今の自分の収入や貯蓄などから、将来理想的な生活を送るために必要な

貯蓄率を計算できる式があるとのこと。



私はまだやっていませんが、面白いかもしれないです。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

スザキーズの人気商品の一つである完全脱着式敷き布団

ご家庭でも敷き布団が洗えるということで清潔に使える敷き布団です。

これは固わたシートという芯材を、敷きパッド状のものではさんだ三層構造の敷き布団ですが

この上下のパッド状のものをぐるっとファスナーで一周してとめています。

ですのでファスナーを開ければ上下パッド状のものと固わたシートの3つに分けることが出来るのですが

このパッド状の2枚を畳んでご家庭の洗濯機で洗うことが出来ます。
(中芯も洗えるタイプがございます)

しかしこの時に悪い畳み方になってしまうと、せっかく洗えるお布団なのにファスナー部分が壊れたり

洗濯機の蓋と擦れて生地が破れてしまったりする可能性ございます。

以下の図を参考に、畳んでお洗濯してみてください。



ファスナーが内側にくるように畳んで、ファスナー部分が洗濯機と擦れないようにご注意ください。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

新生活が始まるシーズン。

新生活の準備にはお布団の用意もあります。

今年から保育園に行かれるお子様の親御さん。

保育園用のお昼寝布団を新しく新調しようかな〜とお考えの親御さんから

お昼寝セットのご注文をいただけるのですが

これはケースに入って持ち運びもしやすくなっております。

しかし大きさが分からないという方も。。。

このケースの大きさは50×60×30cm。

お布団ですのでフワフワ、ぎゅ〜っと小さくもできます。

羽毛布団ケースほどの大きさのものですので、参考までに(^^ゞ



アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

今年度も終わりに近づき、まもなく新生活が始まるという方は少なくないと思います。

生活環境がかわるということは、少なからずストレスがかかってきますよね。

もちろん希望や夢に胸躍る人もいるでしょう。

しかし気付かないような小さなストレスが積み重なって

特に新年度は不思議な疲労感に襲われがちです。

身体的・肉体的な疲れなら、ゆっくり休む・睡眠すれば解消できますが

メンタルから来る疲れは休んでもなかなか解消されないどころか

睡眠を妨げてしまう場合があります。

そんなときには軽い運動でもしてください。

運動が苦手な方は散歩でもOK。それすら面倒ならば家の中でもストレッチをしてみたり

ヨガっぽいことをやってみても良いと思います。

すると、寝てもスッキリしない疲れが取れることがあります。

これを積極的休養(アクティブレスト)といいます。



私は幸いスポーツが好きで、剣道は20年以上しております。
(これは軽い運動といって良いか分かりませんが。。。)

また息抜きスポーツもやっているので、この時はスッキリします(^^ゞ

何か運動の趣味を見つけるのもこの時期いいかもしれませんね。

そして運動で疲れた体を癒すのは睡眠です(^^ゞ

気持ちの良いお布団でスッキリ疲れをとりましょう〜!

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

日中は春のような暖かさがおとずれ始めそうな雰囲気がありますが

まだまだ朝晩はしばらく寒いですね。。。

そんな時期に前倒しで夏場にも活躍できる裏起毛付きのガーゼケットを販売しはじめました。

今の時期に使うには寒いですが、、、

梅雨寒の時期でも起毛面を使って暖かいけど蒸れない!

暑くて寝苦しい時期にはガーゼ面がひんやり気持ち良いケットです。

裏起毛付きガーゼケット



アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

赤ちゃんが生まれたら、ベビーベッドがあったほうがいいか

(ベビー)布団を敷いて寝るのが良いか、どちらにも良い点はあると思いますが

弊社のようなアレルギーに気をつけた考え方で言うと、ベビーベッドの方がお勧めです。

顔の位置が床から高さがあるので、ホコリが浮遊している空間の空気を吸いにくい

という利点があります。

さて、ここでベビーベッド(布団でも一緒なのですが)の周辺環境で気をつけなければいけないことをまとめてみます。

赤ちゃんの睡眠環境でなによりも怖いのは事故。

昨日の記事でも紹介しましたが、睡眠中の窒息死は意外と多いと感じます。

そのような事故が起きないように、睡眠環境を整えましょう。

○大人用ベッドではなく、できるだけベビーベッドに寝かせ、
転落しないように柵は常に上げておく。

○掛け布団は子供が払いのけられるように軽い物を使用し、
敷き布団やマットレスはうつぶせになったときに顔が埋まらない(沈み込まない)ようなモノを使用。

○子供は寝ている間も動き回るので、枕・タオル・衣服・よだれかけ・ぬいぐるみなどが
口や鼻を覆ったり、紐などが首に巻きついたりしないようにする。



ベビー布団もスザキーズ⇒ベビー布団

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

このページのトップヘ