布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2017年08月

もうある程度有名になっていますが

お布団のダニ退治方法のご紹介。

夏場ならではの方法ですが、日中の車の中に入れておくという方法です。

ご存知のように、夏場の日中に炎天下の中車を放置しておくと車内はとんでもない暑さになります。

ダニは高温環境(50度で2〜30分)で死んでしまいますのでこの時車の中にお布団を入れておくとダニは死滅します。

ただし、布団を取り出すときにダニの死骸が車の中に飛び散らないように

ビニール袋などに入れておきましょう。

熱を溜め込む為にも黒いゴミ袋のようなものがいいかもしれません。

お試しあれ。。。



ただし、これはアレルギー対策になるものではございません。

ダニは死んだ後が問題ですので、スッキリ洗い流してしまうか

掃除機を使うなどして、ダニの死骸を取り去りましょう。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

梅雨から夏にかけて、寝苦しい時期が続いてきました。

しかし、そんな時期が大好きなのがダニや雑菌などなど。。。

寝汗や高い湿度により、湿りがちなお布団は、ダニのすみやすい環境です。

頻繁に布団カバーを洗ったり、お布団を干しても・・・

そして秋に入るとダニの増殖が減り始め、今度はダニの死骸がお布団内に増えてきます。

ご存知の通り、このダニに死骸はアレルギーの原因物質!!

ダニが増えることよりも問題ともいえます!!

この秋に移る季節、まだまだ日中は暖かく(暑く?)洗濯物は乾きやすいです。

この時期に洗えるお布団は洗ってしまい、ダニの死骸や糞を切れさっぱり洗い流してしまいましょう!



アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

昨今のネット通販の充実から、配送業界が大変な負担を負わされており

それが店舗にも影響を与えられてきております。

http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1824126.html
送料に関しては以前通知しておりました。

1商品500円でお願いしておりますが、

送料が大幅に上がってしまったことにより、その他サービスも難しくなっております。

例えば、引き取りサービスやお試しサービス。

お試しサービスは送料が今まで往復で2000円程度ですんでいたのでよかったものの

同じ運送会社を使った場合、なんと1万超・・・

次に安い業者を使った場合でも7000円程・・・

とてもじゃないけど、お試し感覚でご利用いただけません。

引き取りサービスは今まで送料はいただいていなかったのですが

上記のような極端な値上げにより、厳しくなっております。
※送料折半のお願いを承諾いただければ、お受けできます。

会員様には下取りサービスというものもございましたが、これももう継続は難しいです。

ということでこれらサービスは現状、廃止といたしますので、よろしくご理解いただきたいと思います。



アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

お盆は過ぎてしまいましたが、来客用のお布団について、

来客用に普段使いと別にお布団を用意されているご家庭もあると思います。

親戚が集まった時用なども一緒ですが、このお布団に注意が必要です。

http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1718011.html
このことはこちらの記事にも書いておりますが。。。

使っていないお布団だからそんなに汚れていないんじゃないか?

と思われている方も少なくないようなのです。

いえいえ、実は普段使いしているお布団の”倍”もダニが繁殖しているのだそうです。



大事なのは収納前後でしっかりとお布団を干して乾燥させておくこと

できれば洗えるものであれば、収納前後で洗う⇒しっかりと乾燥 ができればいいですね(^^)

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

早起きは三文の徳という言葉がありますけど、これって本当なんでしょうかね(^_^;)

昔から日本は特に勤勉をよしとしてきた風潮があります。

おそらくそのような風潮から早く起きて働く(勉強する)ことをよしとしてきたのではないかと推察できます。

ですが、睡眠を科学的に考えると早起きは健康面にいいとは言えないと最近分かってきたようです。

心筋梗塞や脳卒中など循環器疾患の発症リスクが最大4割も高く、

さらに糖尿病やうつ病など循環器以外の病気でも2〜3割程度、発症リスクが高くなるなど。。。


しかし、実際に早起きをして軽い運動⇒そして朝食から出勤などできると、非常に有意義な1日のスタートと感じる人が多いようです。

おそらくこれは、「目標通りのことができた」「良いことをした」という意識から

気分が晴れやかになっているのでしょうね。

世界各国の研究結果では、体に合った起床時間は15〜30歳で9時、31〜64歳で8時、65歳以上だと朝7時ということでした。

どういう研究内容かが分からないのですが、今の日本人でこんなにゆっくりしている人は少数でしょうね。。。



それでも今の日本では決まった出勤時間もありますし、学校も始業時間が決まっていて

いつまでも寝ているわけにはいきません。

ただし人間としてこういうようにできていると知ることで

「朝眠すぎて、、、自分は不真面目でダメだ。。。」とならずに多少「しょうがない!そういう風になっているんだから!」と前向きになることが出来るかもしれませんね。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

大人でも子供でも睡眠中はある程度寝返りをしますね。

しかし、子供の寝返りはとても激しく、180度回転しているなんて当たり前。

気付けばとんでもないところにいたりします。

「うちの子は寝相が悪い・・・」

なんて言うこともありますが、寝返りにももちろん意味があります。

睡眠のスイッチの切り替えや、体圧の分散(同じところが敷き布団にず〜っと当たっていると血流が滞ってしまうのでその防止のため)

そして特に子供は体温が高い為にヒンヤリしたところを探して移動したりします。

また、睡眠中は脳の整理時間というように、日中の活動や記憶を整理する為に脳は活動していますが

これらの影響により動いてしまったりするようです。

大人よりも子供の方がその時間が長く、また前述の通り体温が高い為暑さから逃げる、また骨格形成の為にバランスよく寝れるように動いています。

ですので、子供の睡眠中に動いて大変!という場合でも成長の証と思って、あまり気にかける必要はないんですね(^^)

逆に極端に寝返りが少ない子供の方が心配なのかもしれないのです。



できれば寝返りによる危険性がないように、ある程度動き回れる大きめの布団。

そして寝返りが体の負担にならないような、高反発な寝具が子供のためにもいいといえると思います。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

睡眠時のいびきがあまりにもひどい場合、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす場合があり

ただうるさいというだけではない問題でもあるいびきですが

マウスピースを使ったいびき防止グッズも出ていますね。

市販のものから、ちゃんと歯科で作ってもらったものなど。

下顎を前方に出るようしたり、舌が落ちないようにしたりという構造らしいですが

効果はけっこうあるそうです。



ただし、注意点もあるようですし、初めて試す場合は歯科医に相談してみたほうがいいでしょう。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

お布団の交換時期、いわゆるお布団の寿命について、

お布団の寿命は基本的に使えるならいつまででもいいや、という方もいらっしゃると思います。

そういう方はそれでもいいのですが

睡眠の質を考えたり、清潔にお使いいただく場合にはやはりある程度限界があります。

毎日使うお布団はやはり汚れてきたり、湿気が抜けにくくなって吸湿発散がうまくできなくなってきたり

綿がぺちゃんとなってきて保温性がなくなってきたり

敷き布団は薄くなって底付き感がでたり腰のところが落ち込んでしまったり

やはりある程度で交換、もしくは打ち直し・リフォームしてほしいところです。

清潔にお布団をお使いいただく場合はだいたい5年〜7・8年を目安にしていただきたいです。

もちろん、体重がかかっている敷き布団の方が掛け布団よりは消耗が早くなりますので

注意して欲しいと思います。

ただ眠れればいいのか、良い眠りが出来るほうがいいのか。ということですね。。。



アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

肩こりや腰痛にも影響してしまうかもしれない大事な枕ですが

最近よくオーダーメイドのものをウリにしている枕を見かけます。

頚椎の彎曲部にフィットするように作られた枕、

しかもきちんと起立した姿勢で頚椎との隙間を計って

高さをあわせた枕があります。

「これがあなたの高さに合った枕です!」

確かにそうかもしれませんが、敷き布団との関係性を気にしていますか?

と思うこともあります。



オーダー枕を検討するときには、敷き布団(orマットレス)も気にしてみてください。

アレルギーとお布団を考える店
腰痛とお布団の関係

本当は放送前に紹介しなければいけなかったのですが。。。

地元福岡県のローカル番組「ももち浜ストア」にてスザキーズのエアクール敷きパッドが紹介されました。
http://www.suzaki-futon.com/breathairatnight.htm

おかげさまであっという間に売り切れまして、ありがとうございますm(__)m

やはりテレビの影響力はすごいんですね。

同番組は実は今回で3回目の登場となります。

今は売り切れておりますが、月末にはまた出来上がってくる予定です。

まだまだ暑い日が続きます。

もちろんワンシーズンしか使えないような、チープの商品ではございません(^^ゞ



この番組です。↓
http://www.tnc.co.jp/store/shop/archives/25788

アレルギーとお布団を考える店
エアクール

このページのトップヘ