布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2018年07月

アトピー性皮膚炎の新薬「デュピルマブ」が発売されたそうです!
といってもなんだそれ?
知らない人の方が多いと思います。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

とにかく、新しい治療法であり、効果も期待できるが
治療費が高い・・・
副作用が怖い・・・

まだまだアトピー治療のスタンダードとなるには難しそうです。
しかし!
例えば重症でステロイド治療でもまったく改善しない。(もしくはステロイドは使いたくないとか)
治療を諦めそうな方など、アトピー改善へは大きくなくとも進んでいるようです。



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

ここでは大人がかかりやすい感染症のご紹介です。

特にアトピー性皮膚炎をお持ちの方は感染症を合併しやすいとのこと。
ご注意ください。
そういえば、私の友達(アトピー持ち)もむかし今回紹介されている感染症にかかりましたが
アトピーを持っていたから感染しやすかったということだったのかなとおもいました。



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

あとぴいなう2018年7−8月号より、夏の感染症に関する記事が出ていましたので
紹介させていただきますm(__)m

感染症にかかったりすると、保育園や幼稚園、学校へ行ってもいいものか、
また、どこまでの活動をみんなと一緒にできるか心配される親御さんは少なくないと思います。

自分の子供が感染症になった場合は病院の先生に確認すればいいですが
逆の場合の為にも知っておいたほうがいい知識があると思いますのでご確認ください(^^ゞ



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

あとぴいなう2018年7−8月号より、夏の感染症に関する記事が出ていましたので
紹介させていただきますm(__)m

夏は何かと菌の繁殖だったり清潔を維持しにくい季節でもあります。
夏に多い感染症を紹介しますので対処法などご確認ください(^^ゞ



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

よく問い合わせがあるものの、うまく説明は出来ない。。。
見たら・触ったら分かるんだけどうまく説明できない。。。

通販の世界ではよくある事かと思います。

その中の一つに、弊社のオリジナル掛け布団。
『スザキーズ掛け布団』と『スザキーズプレミアム掛け布団』
はどう違うの??

こういう質問があります。

どうやったらわかりやすいかな〜と試行錯誤の上、これが分かり易いんじゃないか??
という画像がとれたので紹介いたします。



わかりますか??

アレルギーとお布団を考える店
スザキーズプレミアム掛け布団

ここ数日の凄まじい暑さには、文明の利器「エアコン」を使わずには生活できない、と言い切れるくらい大変な気温になっております。
こうなってくるとあちこちで熱中症による被害が発生しています。
しょうがないとも言えなくはないです。。。

仕事がらどうしても日中の外仕事が必要な場合や
部活動などの活動。

これらはどれだけ対応しても、その活動を行う以上熱中症のリスクは出てしまいます。


ところで、睡眠不足は熱中症になりやすくなります。

といわれても皆さん「うん、そうだろうね」となるでしょう。
熱中症のリスクを上げる要因はいろいろとありますが
睡眠不足もその一つとなります。
当然ですよね(^_^;)

みんな知っていますね。

では、なぜそうなるのか??
これを示すデータを知っている人はあまりいないと思います。

こういう理由から、睡眠不足は熱中症の引き金となりかねないことをご覧ください(^^ゞ



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

馬鹿は風邪をひかない。。
馬鹿は冬に風邪をひかずに夏に風邪をひく。何て言われていたので夏に風邪をひいてしまった時は
必死に隠そうとしていた子供の時代がありました。

そんな私ですが先週風邪をひきました笑

原因は分かっています。
先日の大雨災害の時に消防団で出動し、雨に濡れたまま数時間クーラーのガンガン効いた部屋で待機していました(途中寝てても寒くておきたりするくらい)。
すると予想通り、喉が痛くなり、くしゃみが出るようになり、咳が出るようになり・・

夏風邪は嫌なものですよね〜

さて、この夏風邪ですが、冬の風邪と違い暑さや湿気にも強いウイルスが原因とのこと。
その代表がエンテロウイルスやアデノウイルスと言われています。

エンテロウイルスは発熱に加えて腹痛や下痢、アデノウイルスはノドの痛みなどが特徴的な症状とのこと。
私はどうやらアデノウイルスにやられたのかもしれません。。

さて、夏風邪は長引くなんて言いますがこれはこのウイルスが熱に強いというのが原因と考えられています。
一般的に、冬の風邪は布団にくるまり体を温めて汗をかいて治す!!(古い治し方ですよね(^_^;))
ですが、夏風邪にこれは効かないんですね〜

とにかく、水分をしっかり取って休むということが一番のようです。
予防のためには、結局は日頃の生活習慣とも言えますね。

夏だからと言って、体を冷やし過ぎると免疫も落ちたりしますので
ご注意ください!



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

”こんなときだから、干しちゃおう!”

暑い日が続いています。
梅雨が明けたらすぐに真夏のようです。

毎日毎日嫌になるような暑さに、夏バテなどしていませんか?

毎日毎日暑いと言っていてもしょうがありません。
こんな時ほど、梅雨の間に湿ったお布団を思いっきり干してしまいましょう!

もちろん洗えるお布団はお洗濯して!

短時間でもお布団がしっかり乾き、体の疲れをとってくれるいい睡眠ができるようになりますよ!
(あくまでもジメッとしたお布団よりも、という意味です)

夏に負けない体力を作るためにも、しっかりと睡眠できる環境にしましょう!
そのためにはうってつけの太陽です!



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

西日本を中心に豪雨災害をもたらしたかと思えば、すぐに梅雨明けとなりました。
しかし、現在でもまだまだ土砂撤去作業が続いている地域は少なくないです。

ボランティア含め作業のみなさま!熱中症が非常に問題となっております。
ご注意ください。

熱中症対策はこまめな水分補給!そして少しの塩分も!
と言われていますが、水分を十分に摂っているから熱中症にならないということはありません。
水分補給は、十分な汗をかいても大丈夫なようにとっている程度、とお考えください。

十分な汗をかいても体の熱が下がらない時は熱中症になってしまいます。

水分をとらないとすぐに脱水症状などの熱中症にかかってしまいますが
水分をとったら熱中症にならないという訳ではないことを十分に肝に銘じて下さい。

疲れたとおもってから休んでも手遅れの場合もあります。

喉が渇く前の水分補給に、疲れたと思う前の休憩!
時には命をも奪う熱中症です。熱中症対策には十分にご注意ください。



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

これからの夏本番シーズンにとって、入浴はちょっとおっくうになりがちですよね。
つい少し冷たいシャワーを浴びて終了!となりがちですが、それでは体の芯のほてりが残ったままになってしまい
後から汗がジワジワ出て来て、お風呂上りなのに気持ち悪い・・となってしまうことも!

また、寝つきの良い入浴は深部体温を上げて、体温が下がって来るときに眠気がやって来るというものですが
夏場でも無理をして汗をかきながら入浴されると、かえってよくないかもしれません。

そこで夏にお勧めのクールダウン入浴という方法があるというこで紹介いたします。

『浴槽にぬるめのお湯(33〜36℃くらい)を張り、10〜20分程浸かる入浴法の事』

これです。
単純に少しぬるすぎるくらいのお風呂に、全身より少ないくらいのお湯の量で(半身浴くらい)入浴します。
これで徐々に深部体温も落ち着き、ほてりも残りにくくなります。

真夏でもおすすめの入浴方法です。お試しあれ!

※ただし、この入浴方法で寒すぎる!と感じた場合には、通常の入浴に戻して温めて下さい。
そのあたりは要調整です!




アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ