布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2018年12月

2018年もお世話になりました。

いよいよ2018年も終わります。
平成最後の年越し(なんていうんでしょうか??)ですね。

今年の漢字が「災」であったように
何か1年を通して、良かった年だな〜とはいいにくい1年でした。

本当に夏は暑く、雨が降れば近くが被害にあったり、家の中でも大変なことが起ったり・・・

そんな1年でしたが、無事に過ごせたことが何よりかな、と思います。
来年は今年よりもひとつでも良いことが増える年になる事を信じたいと思います。

どうなるか分からない事を心配してもしょうがないので
できることを一生懸命やりたいと思います。

筋トレでも始めてみようかな??
とか、そんなことでもですね(^^ゞ

それでは皆様よいお年を!

12282018neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

http://blog.livedoor.jp/futoneye/archives/1847751.htm

↑こちらに登場している、職場体験のような授業で
子供たちがお店を訪問しに来てくれましたが
そのお礼を頂きました(^^)

まだまだ拙い字ですが、下書きから清書をして
丁寧に書かれていることが伝わって来ました!

こちらこそありがとうございました(^^ゞ
また来年以降も来てくれるかもしれないということで、何か考えておこうかなと思います。

12252018neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

お布団を清潔に保つにはお布団干し!掃除機がけ!丸洗い!!
などありますね。

特に丸洗いできるお布団は洗ってしまえば一番すっきりします。
(そのあと干しますし(^^ゞ)

しかし、中には

お布団を干しても生きているダニは死なない

という情報もたくさん見られますね。
確かにそうかもしれません。

でも、アレルギー対策を考える上で大事なのは
アレルギーの原因となる、ダニの死骸やフンをなくすこと!
これらのアレルゲンとなるものは水に溶けますので
やっぱり布団の丸洗い・水洗いが手っ取り早く綺麗にします。

しかもお布団を洗うことで、ダニの餌となるヒトの皮脂や垢、髪の毛、汗などが減り
結果、ダニが増え難い環境となります。

アレルギー対応のお布団であれば、そもそもダニの餌になる羊毛や羽毛ではないので
洗うことによってダニの餌はほぼ0となりますよね。

こういうことからもお洗濯できる布団であれば
定期的にお洗濯されることが、お布団の清潔につながります。

ダニは殺しただけではなく、その後の処理が大事。
それが一気にできてしまいます。

ダニを殺す薬剤の付いたお布団に寝るのもいやですし
掃除機がけで洗うより布団が綺麗になるとも考えにくいですし、、、

12262018neta

もちろん洗える布団を家で洗うといってもそんなに簡単なことではありません。
なので、こまめに布団カバーをお洗濯して
お洗濯日和だな〜っていう日にでもお洗濯してみて下さい。

清潔にするにはやっぱりお洗濯ですよね(^^ゞ
※クリーニングに出す場合は水洗いにして下さいね

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

クリスマスですね。
皆様はサンタさんからのクリスマスプレゼントとどいたでしょうか〜?

さて、今年も残すところあと1週間もありません。
本格的な年末になり、なかなか物流もパンパンの大渋滞のようですね。
荷物が付きづらくなっているそうです。

それでも今週末、木曜金曜くらいまでのご注文であれば
年内配送可能な地域もまだまだございますよ!(^^)

まずはお問い合わせ頂くだけでも、お待ちしておりますね。

12252018neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

梅雨時や今のような寒い時期にとても便利な布団乾燥機に関して
まだまだ注意点がございました(^^ゞ

布団乾燥機を購入される方の目的の一つでもある
ダニ退治
について、です!

やはりダニには熱で退治する必要があると考える人は多く
天日干しで死なないダニでも布団乾燥機のダニ退治機能で
きちんと退治しなきゃ!と考えて
ダニ退治効果の高い機種を選ぶ方も少なくないかと思います。

しかしこのブログをご覧の方はもちろんご存じの事と思いますが
ダニを退治できたとしても、その後どうなりますか??
悪さをするのは生きているダニではなく
ダニの死骸やフンなどです。

退治することで増殖を抑えることは出来るかもしれませんが
このアレルゲンとなるダニの死骸やフンはそのままとなっています。

その内、その死骸などが乾燥してコナゴナになりハウスダストとして
宙を舞い始めてしまいますね。

それではせっかくのダニ退治機能がもったいないですね。

ですので、ダニ退治機能を使う方は特に、定期的な掃除機がけを心がけましょう!

12212018neta

※羽毛・羊毛・綿などのアレルギー対応の無いお布団におけるお話でした(^^ゞ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

スザキーズと布団乾燥機

昨日の記事で布団乾燥機に関する問題点(?)を上げましたので
布団乾燥機に関する話をもう一つ。

ポリエステル繊維を使ったお布団に多いと思いますが
布団乾燥機が使えないというお布団もございます。

これは高温の熱により
ポリエステルが溶けたり変形・変質する危険性があるため
布団乾燥機の使用を原則禁止にしてある場合がほとんどかと思います。

確かにポリエステル繊維ですので、熱により変形しやすい素材です。

しかし通常の布団乾燥機としての使用の範囲内であれば
問題ないのではないか?というのが私の考えです。

もちろん、これ以外の理由により布団乾燥機の使用を禁止しているお布団の場合は使わない方が良いかとは思いますが
少なくともスザキーズのお布団では、布団乾燥機を推奨しております(^^ゞ

12202018neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

冬場は意外と布団にカビが出来やすいということは
このブログでも何度も取り上げております。

そんな中最近よく聞く布団乾燥機のCM(というかテレビショッピングのようなもの)の文句で
『これがあれば干さなくても大丈夫!!』
という決まり文句がありました。

布団乾燥機は私たちもとてもお勧めしています。

確かにこの時期の布団干しの代わりにとてもいいものです。
そうなのですが、注意点もあるので再び!
その注意点を紹介したいと思います。

12192018neta

※布団乾燥機はいいものですのでぜひ使って欲しいです!
 ただ、簡単に考え過ぎるのも良くないので注意点もあるということをご承知ください

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

インスタ始めました

遅ればせながらこの度インスタグラムのアカウントを作りました。
「suzakifuton」
です。

このブログでもあげられているようなネタや商品などを投稿して行こうかなと思っております。
よろしければ覗いて見て下さい(^^ゞ

12182018neta

ちなみに私の個人的な物もありますので
こちらは投稿するのか、、、こっそりとやって行こうと思いますので
気が向いたらこちらも覗いて見て下さい(^_^;)
「koutasuzaki」

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

先日の記事でも登場した口呼吸についてですが
人体は基本的に鼻で呼吸する方が良いようにできています。

口呼吸を続けていると風邪にかかりやすいだけでなく
虫歯や歯肉炎などの口の中の問題や
慢性扁桃炎を繰り返してしまうことによるIgA腎症の発症などの危険性もあるようです。

高齢になって来ると誤嚥性肺炎につながる原因にもなると言われています。

いずれにしろヒトは通常鼻で呼吸するように作られているため
口で呼吸すると体に様々な弊害が産まれてしまいます。
この口呼吸の原因ですが、大きく言われていることは
筋力の低下。

食べ物が柔らかくなったことによる筋力の低下や、コミュニケーション手段の多様化によって
喋ることが少なくなった事も原因など言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

ちなみに、当然アレルギー性鼻炎・花粉症などの人は鼻がつまるので
口呼吸が増えてしまいます。

また睡眠時無呼吸症候群などでお困りの方も口呼吸になっているといいますね。

この口呼吸への対策としていろんなグッズも売られていますが、、、

根本的に鍛えて改善する『あいうべ』体操。お勧めです。

12172018neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

ここ最近、グッと寒くなり体調を崩す人も増えて来ると思います。

体調を崩すといえば、風邪(普通感冒)。
風邪をひくとダルくなったり関節が痛かったり、喉が痛くなったりしますね。
※風邪っていう病気はないんですけどね・・

この喉が痛くなる、というのは
風邪をひいた⇒症状として喉の痛みがでる。という場合の他に

喉の痛み⇒風邪をひく

というパターンもあるようです。

この喉の痛みというのは、声の出し過ぎや、喉の乾燥などで
喉に炎症が起きてしまった状態。

その炎症がおこった部分にウイルスや細菌がつくと
粘膜が荒れているので体内に侵入されやすくなる
のだそうです。

喉のケアにも気を付けましょう。
口呼吸の方は特に喉が乾燥しやすくなるので、できれば口呼吸にならないように注意しましょう。

12142018neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ