布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2019年01月

デュエット掛け布団の組み合わせ

掛け布団の種類には(本)掛け布団・合い掛け布団・肌掛け布団の3種類ありまして
それに加えて
合い掛け布団と肌掛け布団を組み合わせた、デュエット(2枚合わせ)掛け布団というものもございます。

このデュエット掛け布団というのは使いかってもよく
1年中使えて暖かくお洗濯もしやすいと良いことだらけなのですが

よくあるご質問として
「デュエット掛け布団があれば寒くないのか?」
というものがございます。

正直な所個人の体感ですので何とも言えない所なのですが・・・
このデュエット掛け布団はいろいろなものを組み合わせることが出来ます。

〇肌掛け布団+肌掛け布団
も出来ますし
〇合い掛け布団+合い掛け布団
も出来ます。

ということはもちろん、、、
〇掛け布団+肌掛け布団

〇掛け布団+合い掛け布団

などの組み合わせも可能です。

温かさを重視すれば、単純に大きな掛け布団を組み合わせればいいのですが
掛け布団+掛け布団 や 掛け布団+合い掛け布団となると
大きすぎて、布団カバーの中に入れるとパンパンになり
体にフィットしなくなる場合があります。

掛け布団カバーのサイズによっても違うかもしれませんが
掛け布団+肌掛け布団という組合せが温かさ重視の中では
いいのかな〜と考えます。

もちろん、ご要望があればどの組合せでも対応いたしますが。。。
その際にはご相談ください(^^ゞ

01312019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

ブレスエアーの代替品ライトウェーブ

昨年より福井にある東洋紡の工場が火事になってしまい
人気のブレスエアーが手に入らない状態となっておりました。

ブレスエアーが手に入るようになるには数ヶ月かかりそうだということで
代替品を検討していました。

そこで見つけた素材がライトウェーブ!

浅田真央ちゃんや様々な有名アスリートを使って宣伝していた
エアウィーブのクッション素材と同じ素材である
ポリエチレンを使ったクッション材です。

ブレスエアー同様に、通気性や耐久性は高く、水洗いもできます。
エアウィーブと同じ素材で腰にも優しいです。

若干ブレスエアーよりも重く(同じ厚さであれば・・)
熱に弱い傾向にあるものの
ブレスエアーで問題と言われていた、寝返りの際の音は少なくなっています。

まだ手に入れておりませんが、
近いうちに販売できるようになる予定です。

お楽しみに(^^ゞ

01302019neta

評判がよければレギュラーでも使えるかも・・(^^)

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

ドクターインタビュー

今回はあとぴいなう2019年1−2月号から最後です。
ドクターインタビューということで、近畿大学病院の東田先生にインタビューをしております。

主に平成27年に施工されたアレルギー疾患対策基本法に関して
その経緯や学会の役割などについて答えていただいております。
少し長いですが、読んでみてください(^^ゞ

01292019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

アレルギーに罹りにくい血液型

今回はあとぴいなう2019年1−2月号からアレルギーに罹りにくい血液型という話題をご紹介します。

基本的に私は血液型で人の性格が分かれると言うことから信じないタイプなのですが
アレルギーになりやすいなりにくいというのは、確かにあるのかもしれません。。。

血液型の違いと言うのは 糖の種類が違うかなにかだったと思います。
その違いによって、何かアレルギーになりやすい要素があるのか??

今回のあとぴいなうの記事では結論が書かれておりませんが
今後大規模な研究をすれば、何か見えてくるかもしれません。

実際に免疫力に関しては血液型で違うとデータがでていますので
今後近いうちに血液型との関係がでるかもしれませんね。

01282019neta

※血液型によって、アレルギーに罹りやすいか分かったところで
どういった対応ができるのかは、またその後の課題でしょう。。。
血液型別の治療法だったり・・・

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

代表的なアレルギー疾患

今回はあとぴいなう2019年1−2月号から代表的なアレルギー疾患について書いてありましたので
紹介いたします。

いくつか有名なアレルギーに関して取り上げられていましたが
ここでは、このブログでもよく取り上げる喘息とアトピー性皮膚炎それと鼻炎と結膜炎の部分を抜粋して
お知らせいたします。

01252019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

アレルギーはなぜ増えた?

それでは、昨日の内容から引継ぎ
今回はいわゆる衛生仮説といわれるものの説明から
アレルギーの増加の原因について考えた記事をご紹介します。

結論から言うと、衛生仮説は確かにそうだ!ということも証明されているものの
それがすべてのアレルギーで説明できることではなく

『衛生仮説はアレルギー予防に対して重要な理論的根拠となりうるが、アレルギー疾患の発症には複雑な遺伝的背景も関与しており
単純な衛生仮説の解釈による発症予防の試みはしばしば失敗に終わっていることも事実。』

と書かれています。

01242019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

アレルギーはなぜ増えた?

昔と比較するとアレルギーを持つ人がふえてきたということは
疑いようのない事実です。

これはなぜなのでしょうか?

私が幼い頃祖父から、「体を強くするために泥を食え!」
こんなことを言われていました。

要は清潔になりすぎて人間が弱くなってきている。
このような衛生仮説という話もありますが、今回はこの衛生仮説ではない部分での
アレルギー増加の原因(説)をご紹介いたします。

01232019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

あとぴいなう2019年1-2月号より、
このブログをご覧になっている皆様にはもう当然の知識となっていることと思われますが
今一度、アレルギーとは何ぞや?
ということで、アレルギーの基本を紹介されていました。

ということでその歴史からアレルギーの定義、アレルギー反応の分類などをご紹介させて頂きます。

01222019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

インビスタ社の洗濯試験

お布団はアレルギーの原因となるダニの温床です。
そこで増殖したダニ達の死骸やフンが小さなホコリになったりして
アレルギーを引き起こすこととなります。

しかも布団に溜まったダニのフンや死骸は空中に舞い上がりやすく
寝返りを打つと、空気の落ち着いている状態の約8〜10倍も浮遊するそうです。布
布団の上げ下ろしでは約1,000倍にも増加することも報告されています。

このブログで再三再四、口をすっぱくして、ず〜〜〜っと書き続けていますが
このアレルゲンとなりやすいお布団を一気にキレイに出来るのは

洗濯すること!
です。

洗える布団の先駆者であり、大手繊維メーカーでもあるインビスタ社から
その洗濯実験のデータがでましたのでお知らせいたします。

01212019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

掛け布団指数

日本気象協会が出しているtenki.jpというサイトの中で
掛け布団指数という天気予報のような指標が出ていました。
これは、寒さが〇〇くらいだから厚め(or薄め)の掛け布団がいいですよ〜
ということをお知らせする指標のようで

日本各地の天気予報のような形で記されています。

面白い事やってるんだな〜と思いましたが、つい

『本当に寒い時は掛け布団だけじゃなくて、敷き布団の方も気にした方が良いんだけどな〜』

なんて、この指標の趣旨とは違うようなことを考えてしまいました(^^ゞ
温かく眠りたいなら掛け布団ばかりにとらわれず
敷き物も見直してみましょう!

敷き毛布を使ってみると、今まで困っていた寒さがビックリするくらいなくなったりしますよ(^^)b

01182019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ