布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2019年03月

忙しい時、布団を干すならどっち??

新生活のシーズンとなり
新たな環境に身を置く人も増えて来ると思います。

ストレスも多くなり、仕事も増えて
なかなか寝る時間がしっかりとれなくなる人もいるかもしれませんね。。

学生(ここでは小中高校生も含む)もいろんなストレスが増える時期ですので
しっかりと睡眠をとることが大事です。

ところで、しっかりと良い睡眠をとるためには
お布団が良い状態である必要があります(^^ゞ

良い状態とは、しっかり保温してくれて、でも蒸れずに汗を吸ってくれること
これが大事になって来ます。

そしてそのためにはお布団をちゃんと干す(乾燥させる)必要があるのですが・・・

忙しくて毎日干すことは難しい!!

ということでここで2つのやり方が出てきますがどちらがいいでしょうか??

ヾ海擦襪箸に長い時間をかけて干す。
短時間でもこまめに干す。

















↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
















正解はもちろん番ですよね(^^ゞ

03292019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

布団カバーは服と一緒?

何度も言いますが、お布団カバーはこまめにお洗濯して下さい。
特にこの時期!
まだ冬物のお布団を使っている人は少なくなくないと思いますが
確実に気温があがってきていて、当然汗もかきやすくなってきます。

パジャマなどの寝間着をきていても
布団カバーは体と接しやすいものです!

敷き布団カバーなんかは、
洋服と同じくらい汗などでよごれていると考えても、(時期によっては)おかしくないくらいですよね。。。

洗えるお布団を使っていても
実際に布団をこまめに洗うのは困難だから、しっかりと布団カバーで清潔を保ちましょう!



アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

アトピーと春対策!

桜の開花情報が聞かれる中
いよいよ春といった印象ですね。

昔から季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。
私はアトピー性皮膚炎を持っていますが
昔からこの時期は何かかゆみが出やすかったり・・・

祖父母からは『木の芽吹きは気を付けろ』と言われたりしていました。

じゃあ気を付けろとは何を??

ということで
大きく春の対策をご紹介します。

1.飛散物質対策
スギ花粉、黄砂、PM2.5と、しばらくの間、お肌の炎症に関係する
飛散物質は増加します。
マスクやメガネなどの物理的な対策、そして帰宅後のお肌の洗浄、洗浄後のケアを、
心がけるようにしましょう。

2.紫外線対策
露出部位(顔や首など)に炎症がみられる場合、春の季節でも
紫外線が、その炎症を「悪化させる」恐れは十分にあります。
紫外線は、皮膚の免疫を司るランゲルハンス細胞を死滅させることで
皮膚のバリア機能を低下、細菌叢を乱し、炎症を悪化させます。
UVケアを含めた対策を忘れずに行いましょう。

3.汗対策
アトピー性皮膚炎の方の、季節による主な「悪化要因」は、
寒い時期は「乾燥」、そして暑い時期は「汗」です。
これから気温の上昇に伴い、「汗」の対策は、早め早めで意識するように
したいものです。
対策⇒例)少し濡らしたタオルなどでこまめに汗を拭き取る

4.睡眠対策
睡眠は、内分泌や自律神経の働きを「正常化」させるための基本ですので、
睡眠時間をしっかり確保することで、春の季節の気持ち的な浮つきや
落ち込みからくる、心身の変動を少しでも抑えることができるでしょう。
睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。


03272019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

夏の肌荒れの原因?「肌荒大気」

肌荒大気(はだあらしたいき)というものをご存知でしょうか?
私は知りませんでした。。。

大気汚染物質による大気のことで
海風によって運ばれて来るものや
滞留するものなどのタイプがあるそうです。

この汚染物質を含む大気が肌に付着することが確認されており
これが汗をかいた時の痒みとも関係しているのではないかと言われているそうです。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

03262019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

生活環境(室内空気)とアレルギーの関係

大気汚染のお話をしてきましたが
私たちが呼吸している空気は屋外だけではありません。

室内でも新鮮ではない空気が溜まることは良くありますね。
分かり易いもので言うと冬の時期のウイルスだったり
夏場の湿気だったり・・・

これらは換気を行ったりして対応していると思います。

中にはもちろんダニハウスダストなども室内には舞っていたりして
アレルギーをお持ちの方には要注意!!
↑この原因には寝具類が大きく関わって来ます(^^ゞご注意を!

そういったもの以外にもスプレーなどの粒子なども空気中に舞っていたり。。

その他にも生活環境の変化などから、アレルギーとの関係が書かれていますので
少し読んでみて下さい(^_^)/

03252019neta
03252019-2neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

今週は大気汚染とアレルギーに関してのお話がメイン。

そんな大気汚染ですが
一口に大気汚染といっても汚染物質は様々です。

そのさまざまな種類の汚染物質が皮膚に与える影響などを
少し専門的に細かく記載されていました。

勉強のつもりで読んでみて下さいm(__)m

まずは大気汚染と花粉のお話から・・・

03222019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

大気汚染とアレルギーの関係

あとぴぃなう2019年3-4月号からです。

昨日の続きとなりますが、そもそも大気汚染とは??
についての説明です。

大気汚染ですので、大気中に有害な微粒子などが舞っているのですが
そもそもは火山の噴火などの自然現象からきている汚染や
自動車の普及による排気ガスなどからの大気汚染など色々ものがあります。

具体的なその物質などを紹介していきます。

03192019neta

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

大気汚染とアレルギーの関係

あとぴぃなう2019年3-4月号からです。

毎年この時期には花粉や黄砂など
大気汚染もひどくなりますね。

特に今年は花粉が酷いらしく、
幸いにも私は花粉症は無いのですが、花粉症で困っている方々は
「今年は酷い・・・」
とよく聞きます。

こんな花粉含め大気汚染に関して、世界的にもデータが出ているようです。
ご覧ください。

03182019neta

https://aqicn.org/map/world/jp/

03182019neta2

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

一人暮らしのお助けアイテム

就職して一人暮らしを始める方
進学して一人暮らしを始める方
もう一人暮らしをしているけど、お布団を干したり
お布団の手入れをする時間がとれないという方。

自炊をしたり、洗濯したりお部屋の掃除には時間を使うのですが
なかなかお布団のお手入れまで生活に余裕がとれない人って少なくないと思います。

特に男子学生!(^^ゞ

そんな方へのお勧めは・・・
布団乾燥機!除湿シート!折り畳みベッド!

全部揃えろとは言いませんが、これらがあると自分がいない間に
勝手にお布団のお手入れをしてくれたり
外に干す時間が無くても日光にも当てられますし
便利です。

03152019neta

そんな手間すら少なく済む、清潔寝具はこちらを!

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ