布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

2019年04月

敷き布団の寿命を延ばす!

お布団に寿命があるというのは
このブログをご覧のみなさまなら当然ご承知のことでしょう。

分かり易いのはヘタりです。

特に敷き布団やマットレスがへたると
少しくぼんだような凹み方をすることになるので
寝にくいですし、
腰痛の方は、特に悪影響になってしまいます。

そんなへたりの解消には
基本的には天日干しや、布団乾燥機などを使って乾燥させておくということが大事です。

しかし、そもそも体重がかかる場所を分散させれば
へたり難くなりますので、、、

お布団を干したりするときに
次のように布団の敷き方をローテーションさせると
よりへたり難くできます(^^ゞ

マットレスのローテーション

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

ダニチェックリスト。

ここ数日は日中30℃に迫る暑さとなっている
こちら北部九州地方ですが
皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?

まだ4月ですよ(^_^;)

急に暖かい(暑い)気候になったので
気になるのは梅雨とダニ・カビ問題!

アレルギーっ子を持つお父さんお母さんには
やっぱりダニが気になるところだとおもいます。

ということで、
以前も登場しましたがダニチェックリストをお知らせします。

まだこの時期は気温が高くても湿度は高くありません。
ですが、今の内からの対策が、きっといい結果となると思います(^^ゞ

--------------------------------------------------------------------------------------

■あなたの家は大丈夫?「ダニに好かれる家」度チェック
 下表を参考に、ダニに好かれる家になっていないか、チェックしてみましょう。

□カーペットやソファーは、あまり掃除をしていない
□畳の上からカーペットを敷いている
□家具の隙間、ベッドの下にホコリがたまっている
□部屋の掃除機がけは週に1回程度か、それ以下である
□布団に掃除機をかけたことがない
□布団の天日干しはあまりしない
□窓を閉め切っていることが多い
□家の中でペットを飼っている
□いつも同じ部屋でお菓子を食べる
□押入れの湿気が高い

<チェックが付いた個数>
2個以下:かなりダニが住みにくい環境といえそうです。
3〜5個:アレルギー症状はでていませんか?ダニが住みやすい環境です。
6個以上:かなり多くのダニが繁殖している可能性があります。すぐに対策を。

https://www.atpress.ne.jp/news/59171

04242019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

鍼灸と腰痛

腰痛などの施術で行われる
鍼(はり)や灸(きゅう)という方法がありますよね。
※治療という言葉は医師しか行えない医療行為の為、鍼灸師などの場合は治療ではなく施術となります

鍼灸といえば、東洋医学。
わたし、なんとなく東洋医学って苦手で・・(^_^;)
「気の流れ」ってなんですか?と思ってしまうのですが。

私が学生時代に東洋医学の授業がありました。

そこで、いわゆるツボに鍼や灸を施術する意味というものを聞きました。

ちょっとうろ覚えな所があると思いますが
どういうことかというと、ツボというのは基本的に血管(リンパなどもかな?)が
集まる、密集している所なんだとか。
そこに鍼や灸などで微細な傷をつけるのです。

人体は傷が出来ると修復するために血が集まって来ます。
なので、(こう言っていいのかわかりませんが)血行を良くすることで
怪我から回復させている。
授業を聞いてそういう風な解釈をしました。

これなら納得だ!と強く思ったため、今でも覚えています。

特に腰痛って血行が悪いと良くありませんからね(^^ゞ

04232019neta

腰痛対策敷き布団

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

4月はストレスの多い季節。
ストレスは万病の元でありますが
腰痛にもよくないと言われていますね。

ストレスによる自律神経の乱れから、血行不良や無駄な筋の緊張など
その要因はいろいろとあるかと思います。

一番はストレスを発散できればいいのでしょうが
そうもいかないから問題なんですね(^^ゞ

では、腰痛で困っている時、どうしますか??
鍼灸やマッサージ。
これって一人じゃできませんもんね・・・
一人で手軽にできる対策といえば、やっぱりストレッチや体操(トレーニング)かと思います。

こちらに、ストレッチや運動の簡単なものを紹介しておりますので
参考にしてみてはいかがでしょうか?
どこに効果があるのか、なんでストレッチやトレーニングが有効なのかなどの
簡単な知識も紹介しておりますよ(^^ゞ

〇ストレッチ

〇エクササイズ

04222019neta

腰痛対策敷き布団

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

睡眠は万能薬

4月に入ると新生活・新しい環境がおこります。
自分が変わらなくても周りが変わって行きますよね。

そんな時期に起きやすいこととして次のようなことがあります。

〇強い不安感
〇イライラする
〇精神が不安定
〇ミスが多い
〇太りやすい
〇体調を崩す

などなど。。。
全てではなくとも、いくつか当てはまる人は多いと思います。

こういう時どうしますか??

こういう時はしっかりと睡眠をとることが一番です!
睡眠により自律神経やホルモンバランスが整えば
いろんな意味で強くなると言われています。

『寝れなくて困っている!』
『そんなに寝ている時間はない!』


という方は、お布団を見直して見て下さい。
睡眠の質が変われば、同じ時間の睡眠でも効果が変わりますよ(^^ゞ

焦りそうなときこそ、ゆっくりとした心をもちたいですね。

04192019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

布団の生地

お布団は、簡単に言えばフワフワの綿を布(側生地)で包んでいる訳ですが・・
この布(側生地)の部分、
アレルギー対策のお布団や、羽毛布団の側生地は
凄く目の詰まった、高密度の生地である場合があります。

側生地は縦の糸と横の糸が織り合わさってできていますが
この糸と糸の空間が開いていれば目が緩く
糸と糸の空間がぎゅうぎゅうに狭くなっていれば目が詰まった生地ということです。

目の緩〜い生地はダニが通り放題!
その代り通気性はいいです。
極端なもので言えばメッシュ地などを想像して頂ければ分かり易いかと思います。

そしていわゆるアレルギー対策布団で、高密度カバーと言われる生地は
すご〜〜く目が詰まっています。
なのでダニが通れず、ホコリもでません。
ただし、同時に通気性も落ちてしまいます。

お布団にとって大事な通気性。
これを損なわずにダニやほこり対策をするのが理想です(^^ゞ

04182019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

さて、3月くらいからもうすっかり春だな〜
という日があったと思えば先週は
東京で雪が降るなど・・

この時期はどうしても気温の差がでてきますね。

お布団の話で言えば
この時期は冬用の掛け布団では暖か過ぎるし
肌掛けふとんでは寒すぎる。そんな気候が多くなりがち。

お持ちであれば、合い掛け布団がおすすめなのですが
それもなく
冬用の掛け布団と夏用の肌掛け布団しかない!!
という場合は
肌掛け布団に毛布を使えば
けっこういい感じにお休みいただけます(^^ゞ

しかも気温差が大きいこの時期
毛布の掛け外しだけで温かさが調整で来たり
まだまだ梅雨くらいまで毛布の需要はあったりします。

※毛布1枚で寝るのはあまりお勧めしません。
通気性の良い物であればいいけど、毛布は蒸れやすい物が多いですし
実は保温性も1枚肌かけ布団を挟んだ方が断然温かいです。

肌掛け布団と毛布

※アレルギー体質の方は、使う毛布は埃っぽくないものを!


アレルギー対策の毛布


アレルギーとお布団を考える店
洗えるマイクロマティーク毛布

ダニを退治してしまう。。。

毎日使うお布団には、多くのダニが住み着きやすいです。
このダニの糞や死骸が乾燥して粉状になって
空気中に漂ったりほこりにのって浮遊したり・・
このブログをご覧のみなさまからすると、散々きいた内容だと思います。

ところが、お布団のダニで困っている人の多くは
『ダニにさされたー!』
というほうじゃないでしょうか?

なので市販の殺虫剤やダニを殺す薬を使って退治する人もまだまだ少なくなようです。

布団用、というものがあれば良いと思いますが
そうでないものを無理やり吹きかけるのは絶対にやめて下さいね。

あなたが寝るお布団ですよ?

04162019neta

そして、もしダニを退治したとしても
その後掃除機かけやお洗濯などして、ダニの死骸などといった汚れは
きちんと取り除きましょう。

今後きゅうにアレルギー症状が現れる可能性も・・・


アレルギー対策のお布団


アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

ゴールデンウィークの帰省先

いよいよ4月も中旬、つまり平成もあと半月となって来ました。
令和の始まりは超長期連休(最大10連休??)ですね。。
(^_^;)

うちには関係ないようですが(^^ゞ

そこで恒例の帰省アレルギー情報についてまたまた注意喚起します!
しかも今年は連休がながい!
そんな長い期間、普段使っていないお布団で寝るとなると
やはりアレルギーっ子は心配です。

アレルギー対策のお布団をもっている帰省先の方でも
お孫さんだったりお子さんだったりの為に
お布団干しや掃除機がけで埃っぽくなっていないようにしておきましょう。
(洗えるものなら洗ってしまうのもいいですね!)

もし普通のお布団、たとえば羽毛布団やウレタン系寝具を準備しようとしている所は
ご注意ください。

布団カバーも忘れずに(^^ゞ

04152019neta

帰省アレルギーを防ぐための5か条


アレルギー対策のお布団


アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ