布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

カテゴリ: 腰痛

こちらの敷布団。
腰痛の方はもちろん、そうでない人でも
体に負担がかかりにくい様々な設計がされています。

しかし、言ってもお布団ですので
永久に使えるものではございません。

お安い布団じゃないから、長く使っていただきたい!!

と、いうことで
この敷き布団が家でも洗える!という特徴でもある
バラバラになる構造から

中の芯材であれば
その素材だけ単品でも交換が可能となっております。

その中でも、凸凹シートに関しては
デフォルトのものよりも少し重さは出てしまうものの
強度が強くなった凸凹シートも
シングルサイズで4800円(送料+税別)から交換できます。

より長く使いたい方にはこちらがお勧めです!
というお知らせでした。失礼しました(^^ゞ

09152021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

寝具の低反発マットレスと言われるもの
もう長いこと人気ですね。

少しずつ
「いや、実は低反発より、高反発の方が良いらしいよ」
という情報も浸透している感はありますが

それでも低反発マットが好きな人はいらっしゃいます。

極論をいえば、好きなら好きなやつを使えばいいのですが

なんであんなに沈み込んで全身が包まれるような気持のいい低反発の素材が
実はよくないといわれるのか。

理由はいくつかありますが
私が思う一番の悪影響は、寝返りがしにくいことにあると思います。

全身を包み込むように沈んでいくということは
動かなくても良い寝心地であると同時に、動きにくいです。

そうすると、寝返りが負担になってしまい、寝返りをしなくなり
結果的に、いくら体圧分散性能に優れている寝具でも
長時間寝ていると血流も悪くなり
腰や背中を痛めたりしてしまいます。

店頭でお試しで寝ているくらいの時間なら問題ないのです。

これが6時間とか8時間の睡眠になってくると
悪影響が出てくる危険性が、考えられます。

05072021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

先日、身近な人たちの会話で腰痛の話がありました。
そこで、
「腰痛は背筋を鍛えなきゃいけないらしいよ!」
という話がでていました。

私も、ちょっと出しゃばって
「いや、それはちょっと違うと思います!」
と、言おうと思いましたが

絶対に間違っているとも言いにくいし
言わないでおきました。


ただ、背筋が強ければ腰痛にならないのか?
それは違います。

もしそうならば、アスリートはほとんど腰痛にならないはず。

まだ、100%これをやれば腰痛にならない!
というトレーニングやストレッチがないのが現実ですが
基本的には、姿勢の改善を含め
一つの筋力を強くというよりも、腹筋力と背筋力のバランス。
インナーマッスルの問題。
股関節の柔軟性など、

いろんな方向から、腰への負担を軽減していくしかなさそうです。

参考
↑ちょっと古いデータですが・・・(^^;)

ここから考えても、背筋を強くすることに意味はあるのですが
「背筋が強ければ腰痛にならない」の言い方が気になったので
記事にして紹介してみました!

02122021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

腰痛の方には、硬い布団がお勧め!
と、昔から言われています。

しかし、ただただ硬い布団に寝ると、
単純に痛いですよね。。

なので本当に腰痛の方にオススメなのは
高反発の敷き布団orマットレス。

クッション性もあり、しっかりと体を支えてくれます。

硬い、と高反発。
その違いは、次のようなイラストのイメージです。

12242020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

長時間座ったままでいると、
な〜んか腰が痛くなってきたり、肩が痛くなってきたりしますよね。

オフィスワークがメインの仕事の方は
長時間座ったままの姿勢でいることが少なくありません。

そこで、オフィスワーカーを対象に、腰痛とその原因を調べてみた研究を見つけたので
ご紹介。

鈴木 祐介らの研究によれば
オフィスワーカーで腰痛を持った人は28%。

そして体が硬い人(前屈があまりできない人)が腰痛を持ちやすく、
睡眠に不満を持つ人、
つまり、睡眠不足の人や、寝つきが悪いと答えた人が
そうでない人の2.3倍ほど腰痛を持っていたそうです。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2016/0/2016_1640/_pdf/-char/ja

睡眠を充実させることが
腰痛の改善にも役立つ、かもしれませんね。
もちろん逆も然りでしょう。

10162020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

お布団の買い替え時ってどういうときでしょうか?

側生地が破れちゃった。
カビができた。
暖かくなくなってきた。
ぺちゃんこになってきた。

飽きた。。。

いろいろあるかと思いますが
敷き布団やマットレスに関しては全体的にはヘタっていなくても

一部だけ凹んでいるようならご注意ください。

一番凹みやすいのは、一番体重がかかる腰の部分です。
腰の部分だけ凹んでしまっているようなら
いわゆる腰が沈み込んだような、腰に悪い姿勢で寝ていることになってしまいます。

最近腰が・・・
という方もちょっと敷き布団やマットレスがへこんでいないか
見直してみてください(^^ゞ

10132020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

睡眠の悩みの中で多い話題に
朝起きたら腰が痛いというものがあります。

その為、有名人をたくさん使ってCMしているような〇アウィーブや
大手寝具販売の〇アツ布団など
腰痛の方の為の特殊な敷き布団がいくつも存在しています。

では、敷き布団を腰痛対策のものにすると腰痛は治るのでしょうか??

これは、YESとは言えません。
(法律的な意味もありますが、今回はそっちではなく・・・)

そもそもなぜ起きたときに腰が痛くなるのか。。。

ここが問題です。
睡眠中に何が起こるのか・・・

●動かない
⇒例えば仰向けで何時間も寝ていると、背中から腰にかけて、ず〜っと布団からの圧迫を受ける事になります。
そうすると、物理的に腰背部の血流が圧迫されて悪くなります。

●(布団によっては)変な姿勢になる
⇒柔らかすぎる布団や、長年使ってお尻あたりがへこんできた敷き布団やマットレスを使っていると
腰付近が落ちた状態の不自然な姿勢になってしまいます。

このような状態が数時間に及んでしまえば
血行不良や筋肉の硬直などから腰が痛くなってしまうと考えられます。

腰痛対策敷き布団と言われる敷き布団は
これらの腰によくない要素を取り除いた物がほとんどです。

『治す』
というよりは
『悪くしない』

というものですね。
そもそも体の不調は、睡眠中に自分で回復させる能力が人にはありますので
悪いことを取り除けばよくなってくるというわけです。

07282020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

煎餅布団が腰に良いといわれる大きな点は

ふかふかな敷き布団(や、マットレス)と違って腰が沈み込まないということ。
つまり、背骨がS字のカーブを描くという、人体の正常な形を崩さずに
横になる(仰向けで眠る)ことができるということなのです。

そしてもう一つ、
フカフカの敷布団(や、マットレス)よりも
体が沈み込まないので、寝返りがしやすいということも
腰に良い要因と考えられます。


しかし、一方寝具として考えると
やはり薄い敷き布団は底付き感があるので、痛い・・・
暖かくない(保温性に乏しい)
吸湿性能も乏しい。(この時期は蒸れやカビの原因となります)

さらに経年劣化によってせんべい布団になったお布団は
不衛生である場合が多いです。

07222020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

腰痛で困っている人には
せんべい布団がいい!

と、昔から言われています。

果たして、なぜそういわれるのか?
本当にそうなのか?

と、考えたことはありますか??

一つの理由には、
その前に使っていた布団よりもマシになった
という考え方があります。

以前使っていた布団からせんべい布団に変えたら
朝起きたときの腰痛が和らいだ!
という人がいることも事実。

しかしだからといって、「ベスト」がせんべい布団なのかと言われると・・・
明日はせんべい布団の腰にいい点、と睡眠に対してよくない点をご紹介します。

07212020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

腰痛は、実に多くの人が訴える痛みの一つです。
日本人の8割は生涯で一度は腰痛を経験するといわれています。

そんななか特徴的な腰痛に、
変形性腰椎症というものがあります。

その特徴というのは、主に加齢により骨や椎間板の老化することによって起こるという点です。

姿勢がどうのこうの、、
事務作業や農作業が多いから、
こういうことも多少リスクに関係してくるとは思いますが
高齢者においてはだいたい、骨や椎間板になにかしらの変化・劣化が起こるものです。

椎間板が傷んで薄くなり、椎間板に接した椎体という背骨の部分が骨硬化し
前後に骨棘というトゲのようなものができたりします。
後方にある左右の椎間関節も傷んできます。

実はこれだけだと、ただ痛いだけなのですが
ここから脊柱管狭窄症やヘルニアに発展することがあり
そうなると下肢のしびれや歩行障害が起こる可能性があります。

そうなった場合には手術などを行う場合もありますが
軽度の変形性腰椎症であれば基本的には保存療法になります。

※保存療法・・・手術をしない治療法

この場合は、筋トレエクササイズ、ストレッチなど自分でできるケアから
温熱療法や鍼灸、マッサージなどの理学療法、
そして消炎鎮痛剤を使った薬物療法や強い痛みの時には神経ブロック注射などを行います。

薬物療法は痛みは取りますが、一時的なのでなるべく椎間板への負担を減らす為のエクササイズやストレッチで
日ごろから対応されることをお勧めしますm(__)m

03132020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

このページのトップヘ