布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

カテゴリ: ベビー関連

おねしょシートか洗える敷き布団か

※以前にも同じようなネタは書いております。。

赤ちゃんやおむつが外れそうなお子様がいると
おねしょ対策としておねしょシートが非常に便利ですね。

ただしおねしょシートは水を通さないので
必然的に通気性が乏しくなってきます。

小さなお子様の肌は薄く繊細ですので
通気性が損なわれてムレやすくなったお布団は
勧めたくはありません。。。

しかしおねしょで濡れた敷き布団を
干すだけで対応するのも衛生的に気になるし・・・



ということでお勧めなのは洗える敷き布団。

さらに、薄い敷き布団だと布団を通過して下まだ濡れてしまうので
しっかりとした厚みを持ちなおかつ洗えるような
着脱式の敷布団がお勧めとなります。

これならおねしょをされてもキレイになります。
ただし!
洗わなければいけない手間はかかりますね。。。

この手間をどうとるか・・・

01292020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ


今回は、小児アレルギーの専門家からのお話です。
現代っ子は何かとアレルギーを持っていますが
その治療法などお話されています。

最後にはアレルギーっ子の親に対してのメッセージなどもございますので
ご一読ください。

それでは今回も、あとぴぃなう11-12月号から
ドクターインタビューです。

11142019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

乳幼児の肌荒れ

乳幼児の体調不良で、最もお母さんが気になることが
肌荒れだった
と回答されているそうです。

やはり肌荒れは目に付きやすく、分かりやすい問題ということもあるかもしれませんね。

ここでも終わりの方に書かれていますが
肌荒れといってもそこから様々なアレルゲンの浸入が起こりますので
そういうことも理解したうえで
しっかりとスキンケアを行いましょう。

しっかりとした正しいスキンケアが後の食物アレルギーや喘息などにも
影響を与えるかもしれません。

それでは今回も、あとぴぃなう11-12月号から

11132019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

乳児湿疹の種類

乳幼児とは、一般的に「赤ちゃんにできる湿疹」
と、ざっくりした定義になっています。

ではその湿疹の種類にはどのようなものがあるのか。

今回は、あとぴぃなう11-12月号から
乳児湿疹の代表的なものを紹介いたします。

11112019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

乳児湿疹について考える

乳幼児にできる湿疹。
親としてはアトピーなのか?とか
何かと不安になると思います。

特に新米の親は不安なことでしょう。

今回は、あとぴぃなう11-12月号から
湿疹についてのお話、特に乳児湿疹についてみていきたいと思います。

11082019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

子供と枕

先日、後輩が子供出来たからとベビー布団を買いに来てくれました。
当店にはベビー布団セットがあるものの
後輩夫婦は掛け布団は必要ないとのこと。
なので敷き布団だけを紹介しました。

・・・

ここで、
もちろんセット内容に枕もあったのですが
正直、赤ちゃんに枕は必要ない場合が多いので
敷き布団だけを紹介したのですが

じゃあ子供はいつから枕を使うべきなのか?
という疑問がでてきます。

ご存じの通り、子供ってすごく動きます。
本当に寝ているのか?ってくらい、気づけば反対向いていたり。

そうなると枕使いませんよね(^_^;)

入眠に入る儀式くらいの意味合いになるかもしれません。
(寝付きの習慣化は大事なことなので、そういう意味ではあった方がいいのかも)

そして、子供が眠っている時に大移動することは悪いことではなく
良い事なのです。
寝返りはより良い睡眠にするために不可欠ですし
子供の寝返りは骨格形成の意味合いでも重要と言われています。

「きちんと枕で寝なさい!!」

なんて言わないで下さいね(^^ゞ
※言っても無意識なので改善のしようもないですし(^^)

それよりも動き回れるくらいのサイズのお布団を用意してあげる方が大事!

08202019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

昨日の続き・・・
ベビー布団の敷き布団は硬めがいいと言われていますが
他の理由としては、
〇まだ関節が柔らかい為に、体が埋まってしまう布団だと骨格形成に支障が出る危険性がある。
〇柔らかい布団は寝返りがし難い為に、赤ちゃんの寝返りが難しくなる。

ということです。

だからといってフローリングの上のようなところは痛そうですので
反発のある敷き布団がいいということですね!
※大人も同じような感じですね(^^)

07092019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

本日は赤ちゃんのお布団について。

「そもそも、ベビー布団っているの?」
「ママと添い寝で良いんじゃない?どうせ何年も使うものじゃないし!」

こう思われる方って少なくないのだそうです。

しかし、生まれたばかりのベビーの睡眠時間は一日16時間〜20時間!
一日の大半を寝て過ごすのだから寝具のことをしっかり考えてあげましょう。

ベビー布団選びのポイントを以下にまとめます!
※まだまだあるかと思いますが大事な所から

〇肌触り
単純に赤ちゃんが気持ち良いように。ではなく、
赤ちゃんの皮膚は大人のそれよりもとても薄いです。
スキンケアの意味でも、ゴワゴワしたものより
スベスベしたモノの方がいいです。

もちろん着る物にもご注意です!

〇蒸れにくい!
赤ちゃんは体温が高く、身体が小さい割に汗腺がおおく
汗をかきやすいです。
背中に汗疹ができやすいことから分かると思います。

なのでお布団は汗を良く吸い蒸発させてくれる物がおすすめ!
おねしょシーツの類の物は、本当はあまりお勧めしません(^_^;)

〇洗える!
ベビー布団の場合はとにかく汚れやすい!
なので、家で簡単に洗えるということはすごく大事です。

簡単に洗えればおねしょシートも要りませんしね(^^)b

〇安全
赤ちゃんのお布団といえば、硬めの敷き布団がいい!
といわれますが、これも安全の為。
口や鼻が埋もれて窒息の事故などあってはなりません。。。

07082019neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰が痛くなりやすい人にオススメ

お昼寝の廃止?

保育園でのお昼寝が廃止されるというニュースを見ました。
全ての保育園ですぐにそうなるという訳ではありませんが
年長さんなどのある程度大きくなった子供は
昼寝の時間というものを無くすようです。

※もちろん、年少さんなどまだまだお昼寝が必要なお子様のお昼寝タイムは無くならないようです。

このお昼寝廃止というのは、
お子様の夜更かしを防止すること、などの意味があるそうです。
脳がある程度成長したことで、お昼寝をさせる必要性よりも
夜にしっかりとたっぷりと睡眠をとる大事さをとった方が良いということのようです。

実際に夜の寝つきが良くなった子供は多くなったそうです。

03012019neta

しかし、大人の間では昼間の仮眠が作業効率UPに繋がる。
などという話もありますね。

まず睡眠時間が子供とは違いますが、それと別に
保育園のお昼寝というのは1〜2時間ほどありますので
これが長すぎるのかもしれませんね。

大人の昼間の仮眠にしてもだいたい15分くらいが推奨されていますので(^^ゞ

それにしても、保育士さんの負担が増えないのかな〜という問題はないのかな?
と思ってしまいます。。。(^_^;)

アレルギーとお布団を考える店
保育園用お昼寝セット

このページのトップヘ