布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:アトピー

アトピー性皮膚炎の子供に、ステロイド治療をするかしないか
昔からいろいろと議論がされています。

反ステロイド派の人も、たくさん勉強したのでしょうが
標準治療、ガイドラインとしては、ステロイドの使用を推奨しているみたいです。

11192021neta

これの全文は以下からご覧いただけます。
https://medicalnote.jp/contents/160303-022-HU

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

TARC検査をご存知でしょうか?(私は知りませんでした(^^;))
アトピー性皮膚炎の症状の勢いが分かる血液検査なのだそうです。

症状とは違う部分が分かる検査です。
詳しくは以下をご覧ください!

11182021neta

これの全文は以下からご覧いただけます。
https://medicalnote.jp/contents/200901-001-CI

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

あとぴいなうの9-10月号より

空気が乾燥しているから肌が乾燥しやすいのはもちろん
乾燥肌はやっぱりアトピー性皮膚炎の原因になってきそうです。

今回は、経皮水分蒸散量(TEWL)を用いて皮膚バリア機能とアトピー性皮膚炎の発症を調べた研究などを主にご紹介します。
明日いよいよ対策のお話。

09302021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

アレルギーの方には木綿の布団もあまりお勧めではありません。
毎日しっかり干して、掃除機掛けをして・・・
とやれば良い部分もありますが
とても大変ですし、

気になるのは、ホコリっぽくなりやすいこと。

しかし、お布団の側生地には綿を使ったほうがいいし
アトピー性皮膚炎の方は、
肌着は綿100%のものを勧められることが多いと思います。

なぜ木綿布団はお勧めしないのに
肌着や布団の側生地は綿が良いのかと言うと

その素材になったときの綿の状態に違いがあります。

09032021neta

考えてみれば当たり前のことなんですが
素材ということだけで考えれば、「?」となりがちですよね。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

寝る前に「せなか掻いて〜」
って子供に言われたことありませんか?

私は言っていた記憶がまだ残っています。

また、寝る前になんか、やたら痒くて掻きむしってしまって
布団に血が付く。

アトピー性皮膚炎を持っていう子供ならあるあるかと思います。

一つは布団に入ると体が温まって痒くなってきやすいのでしょうが
もう一つは、痒みの日内変動が原因なのかもしれません。

自分の体で痒み(炎症)をコントロールしているのは、副腎皮質ホルモンのおかげなのですが
副腎皮質ホルモンは午前4時〜7時の産生力が高く
日中はそれを消費、夜間は一日の中でもっともホルモンの量が少ない状態になるそうです。
そのため、痒みが抑えづらくなります。

寝る前のスキンケアはより入念にやりたいですね。

06152021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

よく聞くお布団のダニ問題。
「ダニがいるから退治しなきゃ!」

と、ダニを退治するために薬剤を使ったり

高機能な布団乾燥機では
ダニ退治モードなどを使ってダニを退治する方も増えてきているようです。

しかし
その退治したダニはどうしていますか??
というのが問題。

喘息や鼻炎。アトピーなどのアレルギーの方に影響を及ぼすのは
この死んだダニ達です。

ダニを退治したら
必ず掃除機掛けをしたり、洗ったり。

ダニの死骸やフンなどを残さないように注意しましょう。
生きて、動いているダニを退治して『やったー』
じゃありませんよ(^^)b

08072013neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

最高気温が30度を超えたと、まだ4月の下旬なのに各地で言われています。

暑くなるのが早くなってきている気がします。。。
私は夏が苦手・・・というか暖かくなってくる時期から夏が苦手でして
この時期はけっこうつらいのです。

このまま夜も暖かくなってくると
気になるのが高密度生地で防ダニ対策をしている場合の蒸れ問題。

品質によって違いはあるかと思いますが
細かい隙間もないほどしっかりと高密度で作られたお布団や
布団カバーは、
確かにダニを通さないのでアレルギーでお困りの方にはいいかもしれませんが
物理的に通気性が落ちるために、蒸れやすくなってしまいます。


特に夏場の寝具でムレは大敵!
気持のいい睡眠を妨げます。

これからの時期は特に通気性の良い寝具を使いましょう。

04262021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

前回の記事などで花粉やハウスダストが下りてきても
アレルバスター加工の布団カバーであれば・・・!

というようなことを書きました。
先日もアレルバスターについては触れており
表面についたアレルゲンを無力化してくれる素材だということはお書きしました。

すると、多くなってくる質問が

「それは大丈夫なものですか?」
「皮膚が弱いので薬剤は心配です」

などなど。。。
アトピー性皮膚炎や敏感肌の方からご質問を受けますが

大丈夫です!
アトピー協会からの推薦も頂いておりますので、ご安心ください(^^)

02222021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ