布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:ケット

アレルギーっ子にとって毛布選びはすごく難しいことですよね。

基本的には、毛布はどうしても毛足がある分
ホコリやハウスダストなどをため込んでしまう危険性があります。

アクリルの毛布など、特にですし
しかも静電気が起きやすいので、空気中のホコリを吸い寄せてしまい
最悪です。

では綿の毛布を使えばいいのでしょうか?

綿の毛布もお手入れ次第ではお勧めしにくいです。。。

09062021neta

静電気を起こしにくく、簡単に洗えて、綿埃にもなりにくく
軽くて暖かい。
そんな毛布をお勧めします。

※今期分の毛布はもうそろそろ出来上がります


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

フォスチタン肌掛けが生産終了しました。。。

長く人気だった、フォスチタン肌掛け布団の
売り切れました。。。

生産も終了となります。

理由は一部素材が手に入らなくなってしまった為です。

現在検討している
新しい夏用の掛け布団はあるのですが
出来上がりまでは、もう少しかかりそうです。
(洗濯実験が終われば、そろそろ製造に入る予定です)

よろしくお願いいたしますm(__)m

06302021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

最近、広告で羽毛の肌掛け布団をよく見聞きします。

梅雨のこの時期、天然素材の羽毛は
湿度の調整を自分でしてくれるから
いつでも快適!

といったようなことが言われています。

確かに、羽毛や羊毛はそういった調整がされるといわれますが
(品質にもよるでしょうが)

その羽毛を包む、側生地はどうなのでしょうか?

一般的に羽毛布団の側生地には、ダウンプルーフ加工がされているので
目が詰まったような状態になっています。

羽毛が呼吸できたとしても、その側生地がを通過できなければ
羽毛は窒息してしまいますよね。

もちろん、窒息するという表現は極端な例。
でも実際のところ、どうなのでしょうか・・・?

06222021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

テレビで
「バスタオルはどのくらいの頻度で洗いますか?」
といった話になったときに

「1週間に1回です」や
「1か月に1回です」とか
「いつ洗ったか分かりません」という回答が出ると

え〜〜〜!

という声がスタジオからあがります。

では聞きますが・・・

「タオルケットはどのくらいの頻度で洗いますか??」

さすがにバスタオルほど水分をふき取っている物ではありませんが
1日に何時間も体に触れ、寝汗や空気中の水分を吸っているタオルケットも
洗っていないと汚いですよね・・・

布団カバーもつけないタオルケットはなるべくこまめに洗うようにしましょう。

そろそろタオルケットが重宝される時期もやってきますので
ちょっと気にしてみてください。

07152020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ