布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:デュエット

基本的なデュエット掛け布団(2枚合わせの掛け布団)は
合い掛け布団と肌掛け布団を組み合わせますが

2枚をつなぐボタンの組み合わせで
いろんな組み合わせができます。

合い掛け布団同士を組み合わせることだってできるし
肌掛け布団同士を組み合わせることもできます。

掛け布団+合い掛け布団や掛け布団同士の組み合わせになると
ちょっと重くなりすぎるし、布団カバーに入れると
ドレープ性がなくなってしまいそうなのでおすすしませんが

それ以外であれば、どんな組み合わせでも対応できますので
お気軽に問い合わせてみてください。

08232021neta
デュエット加工


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

最近多くいただくお問い合わせに
デュエット掛け布団(二枚合わせの掛け布団)は
布団カバーに入りますか?

というものがあります。
答えは、もちろん入ります!

二枚合わせの掛け布団が1枚の布団カバーに入るので
より暖かくお使いいただけるのです。

布団カバーに入れなければ、せっかくお布団とお布団の間に生まれる
暖かい、保温層を逃がしてしまうことになり
もったいないです。

しかし、二枚入るといっても、やはり厚手のお布団同士を入れてしまうと
パッツパツになって体に沿った馴染みやすい掛け布団にならないかもしれませんので
その点はご注意ください。

便利さから考えても、やはり
合い掛け布団+肌掛け布団の組み合わせが理想的です。

寒がりの方でも、掛け布団+肌掛け布団までにしておいた方がいいと思います(^^ゞ

11102020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

掛け布団は、その厚さの違いで
(本)掛け布団・合い掛け布団・肌掛け布団とありますが

この合い掛け布団と肌掛け布団をくっつけるようにして
2枚合わせで使える掛け布団があります。

うちではデュエット掛け布団としていますが、
これは
夏は肌掛け
春秋は合い掛け布団
冬は二枚合わせて使えるということで

1年十使いまわしができる掛け布団として大人気です。

しかしさらに!
洗える布団で、このようなデュエットタイプになっている物の場合

1枚物の(本)掛け布団よりもデュエット掛け布団の方が洗濯もしやすくなります。

こんなイメージです↓

09302020neta

冬も暖かく、洗いやすい掛け布団がこの二枚合わせのデュエット掛け布団です。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ