布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:ベッド

現代社会において
布団よりもベッドでお休みになられている方が多いかもしれません。

ということで、ベッドでお休みの方の
湿気対策!

ここを対策しよう!というとこをご紹介。

まぁ当然の範囲内ではありますが(^^;)

大事なのは
「布団とマットレス」「マットレスと床板」「ベッドの底と床」!

05142021neta

「布団とマットレス」
・・・布団カバーやシーツはこまめに取り換え洗濯し
布団干し、もしくは布団乾燥機を使って乾燥させましょう。


「マットレスと床板」
・・・除湿シートの活用。マットレスの種類、床板の種類の検討。部屋の湿度調整。

「ベッドの底と床」
・・・除湿剤の活用。こまめな掃除。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

新生活に伴い、ベッドを新調する人も少なくないと思います。
ベッドの種類によっては
マットレス付きのしっかりとしたものや
パイプ・すのこベッドのような簡易なもの。

いろんな種類がありますね。

お好きなものを買えばいいのですが、そのベッドに敷き布団を敷きたい場合
また、新しくマットレスを使いたい場合。
将来的にマットレスを新しくしたい場合。

ベッドの内枠サイズを気にしてみてください。

デザイン性を重視しすぎて、珍しいサイズのベッドを買ってしまうと
のちのち、オーダーメードしないといけないような敷き布団やマットレスしか
使えない、というベッドになってしまうかも・・・

では、よくあるサイズとは・・・?

03102021neta

もちろん、こだわりを持った家具を購入されるのも大事なので
スザキーズいろんなサイズでお作りすることもできます(^^ゞ

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

当店のスザキーズ布団。
基本的にはどのタイプもオーダーサイズでお作りすることができます。

お引越しや新生活の準備が多くなるこの時期。
ベッドを新たに買う人も少なくないはず。

一口にベッドといっても
その種類は幾つかあります。

中には、ベッドのサイズがお布団のサイズより小さく書いてあっても
そのまま使えるものもあります。

また、よくある二段ベッドのサイズ。
97×196cmくらいのサイズであれば
常備しています、っていうものもあります。

お問い合わせいただければ回答もできますが
こちらをまずご覧ください!

03032021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

ベッドは基本的に敷きっぱなし
置きっぱなしですよね。

そういうところが楽だからベッドにする人も多いかと思いますが
ベッドだからと言って敷きっぱなしでもOKというわけではございません。

マットレス付きのベッドだと重くて大変かもしれませんが
長年使っているベッドであれば
マットレスを上げてみると、けっこうホコリがたまっていたりすると思います。

すのこベッドのようなタイプだったら積極的にベッドの下なども掃除しやすいですが
スプリングマットレス付きのようなベッドでも
マットレスは定期的に外して掃除するように心がけてみてください。

09102020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ