布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:ホコリ

日中は30度超えが続く中、朝晩はさすがに少し涼しくなってきました。
(↑九州だけでしょうか?)

私個人としてはまだ肌掛け布団で十分すぎるくらいなのですが
皆様いかがですか?

まだ冬物を使っていない人の方が多いのではないでしょうか。

きちんときれいにしまっているお布団でも
特に冬物は綿量も多く、
カビっぽくなっていたり、ホコリっぽくなっている可能性が
夏物に比べて大きいです!

まだ日中が暖かいこの時期。
まずはすぐにでも使えるように、冬物のお布団を引っ張り出して
干したりしてケアしましょう!

10072021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

お布団のアレルギー対策というと
大きく分けて2つの方法があります。

〇ダニやハウスダストなど、細かいアレルゲンが物理的に通らないように
高密度に織り込んだ布団側生地、または布団カバーを使って
ダニやハウスダストなどのアレルゲンを布団に入れないし出さないようにする。

〇そもそも、ダニが好まない綿を使った布団にする
(薬剤であったり、ポリエステル綿を使ったり)

当店の場合は、後者のやり方をしています。

ですので、布団カバーは別に高密度のものでなくてもいいし
市販のお好きな柄のものをお使いくださいとお伝えすることが多いです。


しかし、実際になんでもいいのかというと
あまりにも質の良くないものだと、
布団カバー自体がケバケバになって
ハウスダストの原因になりかねません。

ある程度、"質のいいもの"をお使いいただきたいです。

09072021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

アレルギーっ子にとって毛布選びはすごく難しいことですよね。

基本的には、毛布はどうしても毛足がある分
ホコリやハウスダストなどをため込んでしまう危険性があります。

アクリルの毛布など、特にですし
しかも静電気が起きやすいので、空気中のホコリを吸い寄せてしまい
最悪です。

では綿の毛布を使えばいいのでしょうか?

綿の毛布もお手入れ次第ではお勧めしにくいです。。。

09062021neta

静電気を起こしにくく、簡単に洗えて、綿埃にもなりにくく
軽くて暖かい。
そんな毛布をお勧めします。

※今期分の毛布はもうそろそろ出来上がります


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

アレルギーの方には木綿の布団もあまりお勧めではありません。
毎日しっかり干して、掃除機掛けをして・・・
とやれば良い部分もありますが
とても大変ですし、

気になるのは、ホコリっぽくなりやすいこと。

しかし、お布団の側生地には綿を使ったほうがいいし
アトピー性皮膚炎の方は、
肌着は綿100%のものを勧められることが多いと思います。

なぜ木綿布団はお勧めしないのに
肌着や布団の側生地は綿が良いのかと言うと

その素材になったときの綿の状態に違いがあります。

09032021neta

考えてみれば当たり前のことなんですが
素材ということだけで考えれば、「?」となりがちですよね。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

アレルギーの方にとって
羽毛布団や羊毛布団はよくない、と

この記事でもずっと言っていますし
お医者さんから言われたことがある人もいると思います。

理由としては、動物性繊維(動物性たんぱく質)はダニの好物になるので
ダニが増えやすいからということ。

だとすれば、天然繊維である
昔からある綿布団で良いのではないか?
ということになるのですが

綿布団もあまりお勧めできません。。。
理由は、綿切れからのホコリの排出。

そして洗濯に向かないので、洗えない。(洗いにくい)
ということ。

04222021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

今年も早いものであと半月で終わってしまいますね。。。
大掃除のことも気にしだすこの時期
特に今年(来年)は年末年始でも家にいる時間が
いつもよりさらに長いことと思います。

しっかりとお掃除をして
家庭内のアレルゲンも溜まらないように
お部屋の隅々までチェックしてください。

とりあえず、まずはお部屋のホコリがたまりやすいところを拭き掃除してから
お部屋の掃除をやってみてくださいね〜(^^)

下のイラストの赤い矢印の場所は、
埃がたまりやすいところですので特に入念にお願いします。

基本的に、大掃除に限らずお掃除してほしい箇所でもあります。

12152020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

先日ちょろっと書いていましたが
ダニアレルゲンがもっとも増えやすいのは
これからのシーズンである秋。と言われています。

秋というか、正しくは8月〜9月ころです。

ダニの寿命は2〜3か月。
なので梅雨(6月ころ)に増えだしたダニがこの時期に死にだし
ダニアレルゲンであるダニの死骸がもっとも多くなるのです。

もちろん梅雨の間もきちんと対策されているご家庭は
それほど影響はないのですが

何もしていなかったご家庭や
綿布団や羽毛・羊毛布団などをお使いのご家庭は
ご注意ください。

09142020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

ベッドは基本的に敷きっぱなし
置きっぱなしですよね。

そういうところが楽だからベッドにする人も多いかと思いますが
ベッドだからと言って敷きっぱなしでもOKというわけではございません。

マットレス付きのベッドだと重くて大変かもしれませんが
長年使っているベッドであれば
マットレスを上げてみると、けっこうホコリがたまっていたりすると思います。

すのこベッドのようなタイプだったら積極的にベッドの下なども掃除しやすいですが
スプリングマットレス付きのようなベッドでも
マットレスは定期的に外して掃除するように心がけてみてください。

09102020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ