布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:乾燥肌

あとぴいなうの9-10月号より

空気が乾燥しているから肌が乾燥しやすいのはもちろん
乾燥肌はやっぱりアトピー性皮膚炎の原因になってきそうです。

今回は、経皮水分蒸散量(TEWL)を用いて皮膚バリア機能とアトピー性皮膚炎の発症を調べた研究などを主にご紹介します。
明日いよいよ対策のお話。

09302021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

全国的に強い寒波が到来するようですね。
体調管理には十分にご注意ください。

こんな寒い日はあったかいお風呂に使って温まりたいものですが
アトピーや乾燥肌の人に注意したいのが
熱いお風呂での入浴!

日本人の平均入浴温度は41度、平均入浴時間は5分程度だそうですが、

40度以上の熱いお湯につかると、人間は急いで体温を下げようとするので
ドバッとした汗をかいてしまいます。

汗をかくことで、気化熱により体温は下がりますが、角質層の水分蒸散も伴うことで、
肌は乾燥することになります。
しかも短時間なのでしっかりと温まっているのかも微妙ですね。


では、汗をかくのが完全にいけないことなのかというとそうでもないのです。

40度に達しない、少しぬるめのお湯につかると
今度は「ジワッ」とした汗をかきやすくなります。

このジワッとした汗というのは、皮脂腺を刺激する汗のかきかたといわれ
皮脂が出ることにより、天然のスキンケアである
皮脂膜が形成されるとのこと。

肌が弱い人や、アトピー性皮膚炎の方は
入浴の仕方でも一工夫加えてみてはいかがでしょうか?

01072021neta

※参考;あとぴナビ(12/25)

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ