布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:換気

梅雨っぽくない梅雨だとか書いていたら
関東周辺をとんでもない大雨がありましたね。

大丈夫でしたでしょうか?

九州もジト〜とした感じは続いており
こちらでも今後大雨は警戒しなければいけません。



そんなジメジメ時期、やっぱり気を付けたいのは
カビですね。

カビにはいろいろな対策が必要ですが
やはり換気はとても大事。

そして空気を動かすことがとても大事です。

なぜか?

次のようなことからですね。。。!


07072021neta


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

梅雨のはずなのに、ムッとする暑さというより
単純に暑い日が多い気がする、こちら福岡の南部地区です。

帰宅すると、部屋が暑い〜〜〜

SDGsやらエコやら叫ばれる世の中、
エアコンを使って急速に部屋を冷やすのも
はばかられます。。。

そんな時は、過去記事に登場していたこの方法。

06242021neta

エコですし、すーっと涼しくなります。
部屋の対角上に窓がある場合は、全開にすると
自然と熱気が外に流れていきますので
扇風機を使わなくてもいいかもしれないです(^^)b

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

先日の敷布団のカビ対策の記事への追記となります。
実際に、敷き布団を毎日干したり
毎日じゃなくても干したり、椅子に掛けたりするのも手間だ!

という場合には、
単純に掛け布団のみではなく
敷き布団もめくっておいてみてください。

とにかくずっと同じ床に接していない状態が欲しいので
めくるだけでも、何もしないよりはいいですよね(^^;)

12112020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

小学生のころから、私は冬の換気が大っ嫌いな子供でした。
なんでせっかくあったまった室内をまた寒くするのか・・・!と。

小学校では決まった時間に換気の時間があったのです。

でも今考えると、特にこのご時世、換気は大切ですよね。
しかし真冬の換気はさむい!

なので、できるだけ効率のいい換気を短時間で行うようにしましょう。

空気の流れをイメージ化してみましたので
これを参考に短時間で空気を入れ替える換気方法を考えてみてください(^^)b

10122020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

毎日毎日こちら九州の北部は大雨にびくびくしながら暮らしております。
幸い私の住んでいる場所は土砂災害が起きにくく、冠水もしにくい土地なので
直接の被害はあまりないのですが
近所では道路が冠水したりしています。

こんな大雨ばかりの日々。
気持ちも鬱々としてしまうので
梅雨が明けてからのことを考えていきたいと思います!


ジメジメした梅雨が明けると、きっと雲一つ無い晴天が待っています。

いくら梅雨の間も積極的に換気をしていたとしても
やはり部屋のあちこちに湿気がたまった状態になっています。

なので梅雨明けの気持ちのいい晴天には
積極的に窓を開けて、収納も開けて、扇風機も使って
しっかりと換気を行いましょう。

もちろんお布団はしっかり干してたまった湿気を吹き飛ばしてください。

できれば使わない冬もののお布団ももう一度出して換気してしまってください。

07132020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団


梅雨時期は、家の中もジメジメで、
湿気た空気が淀んでいますよね。

おまけにお洗濯物の部屋干しなど・・・
家中の空気は湿気でいっぱい。。。

そして、むしむし気温。。。
カビが大喜び(-_-;)

それだけに、梅雨の中休み的にお天気が続いた時には、
窓という窓、ドアというドアを全部開けて
気持ち良く換気をし、家の中の空気を入れ替えたいものです。

しかし、現代の住宅環境では、昔の家屋のように
窓やドアを開放しても、上手く換気が出来なくなっています。

そこで、下の図のように扇風機の力を借りると効果的ですよ。
空気が動かないスペースの淀んだ湿気も動かすことができ、
お部屋中の空気が気持ち良く換気できます。

そうです。
現代の家では、空気が動きにくいスペースが出来てしまっています。
そこに、湿気た空気が淀みカビの原因になります。

典型的なところが押し入れ!
押し入れには窓もなく、湿気た空気がこもりやすいことは
ご存じの通りです。

そこで被害を受けるのが布団たち!!!
チャンスの日が来たら扇風機を使ってあげて下さい。

また、極端に言えば、(お部屋の構造的に)
この押し入れ状態になっているスペースが家の中にありませんか?

下の図のように、空気の通り道を作るようなイメージで、
お部屋の隅々まで換気してあげると
梅雨も少しは快適に乗り切れるはずです(^^)v


※上の図のように、たくさんの扇風機が必要という訳ではありません。
  必要な個所に使って下さい。


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

このページのトップヘ