布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:暑い

梅雨のはずなのに、ムッとする暑さというより
単純に暑い日が多い気がする、こちら福岡の南部地区です。

帰宅すると、部屋が暑い〜〜〜

SDGsやらエコやら叫ばれる世の中、
エアコンを使って急速に部屋を冷やすのも
はばかられます。。。

そんな時は、過去記事に登場していたこの方法。

06242021neta

エコですし、すーっと涼しくなります。
部屋の対角上に窓がある場合は、全開にすると
自然と熱気が外に流れていきますので
扇風機を使わなくてもいいかもしれないです(^^)b

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

もう日中は夏ですね。
雨も多くなりますが、予報では、今年の梅雨は長くて暑いんだとか(5/14現在)。

暑くてジメジメが一番熱中症のリスクを上げます。

このコロナ禍でおうちトレーニングだったり
普段運動していない人もウォーキング・ジョギングを始めたり
逆にこんな人たちも増えてきていると思います。

水分を取っていれば熱中症にならない!というわけではありません。

くれぐれもご自愛ください。

05172021neta
出典:環境省


スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

最高気温が30度を超えたと、まだ4月の下旬なのに各地で言われています。

暑くなるのが早くなってきている気がします。。。
私は夏が苦手・・・というか暖かくなってくる時期から夏が苦手でして
この時期はけっこうつらいのです。

このまま夜も暖かくなってくると
気になるのが高密度生地で防ダニ対策をしている場合の蒸れ問題。

品質によって違いはあるかと思いますが
細かい隙間もないほどしっかりと高密度で作られたお布団や
布団カバーは、
確かにダニを通さないのでアレルギーでお困りの方にはいいかもしれませんが
物理的に通気性が落ちるために、蒸れやすくなってしまいます。


特に夏場の寝具でムレは大敵!
気持のいい睡眠を妨げます。

これからの時期は特に通気性の良い寝具を使いましょう。

04262021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

以前から寝返りのしやすい敷き布団をお勧めしておりますが
暑い日は特にお勧めしております。

寝返りは睡眠に必要な動きであり、意味があります。
『寝返りしないで良い布団』というのは、睡眠のことを考えるよくないことだと思います

そんな寝返りの目的の一つに、快適な場所を探す
(例えば、暑ければ少しでも冷たいところに行く、など)というものがあります。

今からの夏はとにかく暑いですので
同じ場所に長時間いないように自然と寝返りが増えます。

そんな時にもし寝返りがしずらい、フッカフカの敷布団や
体が埋もれてしまうような布団を使ってしまうと
寝返りに力が必要になるので、疲れが取れない睡眠になってしまいます。

冬場ならまだしも、夏の時期は特に寝返りのしやすい
反発の強い敷き寝具がお勧め!

negaeri_movie

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

テレビで
「バスタオルはどのくらいの頻度で洗いますか?」
といった話になったときに

「1週間に1回です」や
「1か月に1回です」とか
「いつ洗ったか分かりません」という回答が出ると

え〜〜〜!

という声がスタジオからあがります。

では聞きますが・・・

「タオルケットはどのくらいの頻度で洗いますか??」

さすがにバスタオルほど水分をふき取っている物ではありませんが
1日に何時間も体に触れ、寝汗や空気中の水分を吸っているタオルケットも
洗っていないと汚いですよね・・・

布団カバーもつけないタオルケットはなるべくこまめに洗うようにしましょう。

そろそろタオルケットが重宝される時期もやってきますので
ちょっと気にしてみてください。

07152020neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える敷き布団

このページのトップヘ