布団 を考える

布団屋の五代目です。2016年の9月20日から4代目若大将と交代してこのブログを書いております(^^ゞ
布団のことアレルギーのこと健康のこと、日々ネタを探して書いていきます。

休日以外は、1日1ネタ宣言!2008年から1日も欠かさず更新中

私の主宰サイトは、http://www.suzaki-futon.com/ ←アレルギー対策布団専門サイト (株)須崎ふとん店の若大将です。
   このブログは、私が運営する「アレルギー対策布団専門サイト」における《店長ブログ》です! そのサイトへは、上の画像をクリックして頂くと飛びます。
このブログ内の必要な記事が探し出せます。→  該当記事を探せます。

タグ:枕

お布団を使う時には
布団カバーの使用を推奨しておりますが
中には

"羽毛布団には布団カバーをつけなくてもいい"

と言う、お布団の専門家もいらっしゃいます。
(当店の場合は、アレルギーの方でも使えるように、"清潔"を一番に考えていますので、そこらへんのズレからの意見の不一致です)

しかし、枕に関しては特に!

枕カバーは必ずつけるようにしてください。
頭というのは、他の部分に比べても汚れやすい部分になります。

それを後頭部、側頭部など、頭全体が常に密着する状態の枕は
もっとも汚れやすいと言っても過言ではないですよね。

可哀想な話ですが、よく
『パパの枕は・・・』

という話があることからも分かると思います。

枕カバーはお洗濯しやすいですし
必ずつけて、お使いください

08272021neta

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団

睡眠の質を高める為
肩こり腰痛の改善
いびきの改善。

いろいろな理由から、枕の高さを自分に合わせて作る
オーダー枕を作ってくれるお店がありますよね。

しかし、たまに
オーダー枕で作ってもらったけど
あんまり良くならない、という声もあります。

使用しすぎてヘタって来たのであればどうしようもないのですが
もしかすると
敷き布団orマットレスといった敷き寝具が影響しているのかも。

枕の高さをオーダーメイドするオーダー枕は
基本的に頸椎(首の骨)の角度が
枕に頭を乗せた時、理想的な角度になるように設計します。

でも実はこの角度、
敷き寝具の柔らかさや沈み込み具合で
かわってくる、可能性があるのです。

考えてみれば当然なんですけどね・・・(^^;)

オーダーで作るより、高さを調整できる方がいい場合もあるのかもしれません。

06072021neta

この理論から言えば、
硬いマットレスでは高めの枕。
柔らかいマットレスなら低めの枕。
が合いやすいです。

スザキーズ

アレルギーとお布団を考える店
腰に優しい本格的な洗える腰痛対策敷き布団


枕が合わない。。。(T_T)
とお嘆きの方は多いでしょう。

そもそも、なぜ枕が必要なのか?
というと・・・

人間は立って歩くことになったからだと言われています。
ご存じのように、背骨から首筋に掛けて S字のカーブがあり、
寝ている時も、その正常なカーブが維持できるように枕をするのです。

そして、そのS字カーブの形が微妙に人それぞれ違うし
さらには、頭の大きさや首の長さ等なども違うので、
その人に合った枕と合わない枕があるということですね。

さてさて、
枕が低いとお感じの場合は、枕を重ねたり、
枕の下にバスタオルなどを敷かれて高くすることは出来ますが、
枕が高すぎる時の対処法です。

買い替える?
それもいいでしょう。

しかし、今の枕を何とかして低めたいという方にアドバイスです(^^)v
特殊な枕を除けば、意外と簡単にご自分で低く出来ますよ。

そんな時は、次の図を参考にしてチャレンジして下さい。
大事なことは、一度枕の中身を丁寧に全部出してみて、
その構造がどうなっているのか?
観察することから始めて下さい。

このページのトップヘ